壱岐(金城)で上物と底物釣り

石鯛釣り倶楽部の西友会の釣行に上物釣りとして同行しました。岐志漁港からの直行便で壱岐を目指します。

大金

1時間ほど走ると金城に到着。1名を大金に降ろし、3名で小金に上礁しました。底物は北側、上物は水道側、イサキと真鯛は本流の南側沖、タナは1本から1本半と船長のアドバイス通りに釣り開始。

小金

本流は流れが速く仕掛けがうまく馴染まないので、少し潮がゆるんだ場所を探ります。撒き餌をするとエサ取りがかなりの数いますが、下の方にはクロの影が見えてきました。

クロ

エサ取りと木っ端グロをかわせれば、30センチほどのクロがヒット。このサイズがコンスタントに釣れ続け夕まずめを迎えます。

サンノジ

日が沈み、ウキが見えにくくなってきたころ、一瞬でウキがなくなるアタリがあり、真鯛だろうと思っていたら巨大サンノジ

夜はカゴ釣りでイサキを狙いますが、30センチぐらいのアジが猛烈に湧いている状態で、もうどうにもなりません。しばらくアジ釣りをしますが、さすがに飽きてアラ釣りの見学に、

小アラ

アラは潮止まりの時間帯が熱いらしいのですが、その潮止まり時間帯に竿先を叩くようなアタリが!しかし、アタリはそこで止まってしまい、エサ交換のために上げてみると、何とアラがついてました! でも小さいのでこれはコアラですが。

クーラーいっぱい

朝から特に変化もなく、アジでクーラー満タンになったところで終了。

アラ

別の磯でアラ釣りをしていた方が、15キロの立派なアラを仕留められていました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です