この時期が熱い!?白瀬(トウフ)のクロ釣り

白瀬のトウフ

夜中に上五島は白瀬灯台トウフに到着、正面にユウレイ中バエが並ぶ白瀬でもクロ釣りのA級ポイントです。
夜はカゴ釣りをしましたが、イサキの小さいのが釣れる程度。根がかりしたので、フカセにチェンジして夜明けを待ちます。

朝マズメに2連発バラし

夜からのフカセでハリスを6号と男仕掛けだったのですが、食わないので3号に交換。
すると、竿を引ったくるアタリがきましたが、即効で切られました。

明るくなって、よく見てみると足元は瀬が張り出しています。

白瀬(トウフ)

横から竿を海面へ突っ込み強引に引き抜けれたクロだけ捕ることができましたが、大きいサイズはなかなか手強く切られてしまいます。しかも1枚釣るごとにハリスはガサガサです。

クロ

それでも釣れるクロは良型ばかり。(35~40センチぐらいがレギュラーサイズでした。)

白瀬でバリ

なぜかバリもいました、しかも大きい、

上げ潮で入れ食いモード

この日は昼までずっと下げ潮で、食いはそんなに良くなかったのですが、昼過ぎの上げ潮に変わるぐらいで、入れ食いモードに突入。14時の回収だったので、ハリスがガサガサになり、バラそうが関係なく食ってくるクロを釣りまくりました。

クーラー満タン

トウフは、周辺は沈み瀬だらけで、足元にも瀬が張り出しており、水深も浅いので釣るのが難しいと船長も言われていた通り、結構バラシが多かったですが、十分に白瀬を楽しめました。

あと、トウフはツルツル滑るので注意が必要です。(何回もコケました…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です