ラストチャンス?梅雨グロ釣りたいから白瀬灯台

また白瀬灯台に行けるかも!?

ということで、あじか磯釣りセンターへ行ってきました。

帆上げ

しかし、この日は、釣り客の数がMAX状態で、五島列島の磯は、どこも一杯で上がれる所がない様子。
あっちこっち周りながら、少しずつ釣り客を順番に降ろしていきます。

…釣り客を降ろしはじめて1時間以上が経過し、ようやく自分達の番に、
目指すはもちろん白瀬灯台です。

白瀬灯台

そして、白瀬灯台へ!

が、上がれたのは横の小白瀬…(ここは前回釣れなかった場所。)
瀬泊で5名いることと、明日からの天候が良くない感じなのと、そしてこの釣り客の多さで仕方なかったのですが…

小白瀬

「今日は終わった、」という雰囲気の中、釣りがスタートします。
釣り始めるとすぐにエサ取りが湧き出します。正体はイスズミ、もう本当に最悪のパターンです。

磯釣り

今回初めて参加したハリマ、磯釣りするのが初めてで、しかも白瀬。
イスズミの猛攻に合い、クロを釣るのは難しいと判断した彼はルアーロッドで根魚狙いです。

小白瀬

全員で島の周りを探りますが、まったくダメな状態のまま夕まずめへ…

小白瀬

夕まずめにケンちゃんが40センチオーバーのクロを仕留めますが、この1枚止まりで後はすべてイスズミでした。結局、この日エサ取りの中から引きずり出せたクロは3枚だけ、もう酒飲んで寝て朝から瀬変わりするしかありません。

夜にカゴ釣り

みんなが寝たころにカゴ釣りをしてみましたが、イサキがポツポツと釣れるなか強烈なアタリを見せたのは、やっぱりイスズミ…もう無駄な体力は使うまいと、すぐに寝ました。

朝一で瀬変わり

瀬変わりしても、状況は同じ。赤いお土産を増やして納竿です。

40センチオーバーのアカハタ

40センチオーバーのアカハタは少し嬉しかったですが。


アカハタの刺し身

アカハタの刺し身

当日にクロの刺し身と食べ比べると、クロの方が脂がのって美味しく感じるのですが、1日寝かせたアカハタの身は、熟成されて甘みが増していました。皮は湯引きすると歯ごたえがありうまいです。

一夜干し

一夜干し

小型の魚(イサキ・アカハタ・カワハギ・アラカブ・クロ)は、すべて一夜干しに。
軽く塩を降って、扇風機で一気に水分を飛ばします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です