落とし込み釣り(沖の島~大島沖)

沖の島沖~大島沖の中間漁礁での落とし込み釣りに行ってきました。狙いはもちろんヒラマサです。

落とし込み釣り

船は大きめで横幅もあり、椅子付きの快適できれいな船です。ハリス12号の3本針からスタート。

エサのイワシ

エサとなるイワシはコンスタントに付いてきているようです。しかし、ここからがこの釣りの難しいところで、底まで落としてから喰ってくるまでひたすら待ち、ダメならすぐに場所を移動するなかなか忙しい釣りでもあります。この日はエサは付くものの、それを喰ってくる魚がいなくてなかなか竿が曲がりません。

ハマイサキ

よく釣れていたハマイサキ。白身で美味しいらしいので、フライにしました。

ミノカサゴ

ミノカサゴです、観賞用であまり食べられない魚らしいのですが、刺し身にして食べたら美味しかったです。(ヒレに毒があるので捌くときには注意しましょう。)

マトウダイ

マトウダイです。色んな魚がポツポツの釣れているようですが、本命のヒラマサは姿を見せません。そんな中、強烈なアタリがありましたが、一瞬で瀬に入られバラシてしまいました。周りでも結構バラシが多かったので、大型のヒラマサがいたのでしょう。捕れなかったのが残念です。

落とし込みでヒラマサ

同行したタケちゃん。大物しか興味がない男釣師ですが、ヒラマサはバラシて良型のヤズを仕留めていました。この日の魚はハリス14号にしたとたんに喰いが悪くなりました。どの釣りでも言えることですがやっぱりハリスは重要です。

アコウ

このままじゃ帰れなかったところですが、良型のアコウ(キジハタ)が釣れてくれたので自分の中では良しとします。その他にも船長からヤズをもらったりとお土産は結構ありました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です