落とし込みでアラ襲来

ヒラマサの数が今年は異常に多いということで、落とし込み釣りです。

ヒラマサとアラ

どこの船も釣り客でいっぱいでしたが、何とか船がチャーターしました。

落とし込みでヒラマサとアラ

朝からエサ付きは悪く、魚の反応もイマイチだったので、ハリスを18号から12号まで一気に落とします。

良型のヒラマサ

潮が動きだす時合でポツポツと当たりだし、良型のヒラマサをゲット。

落とし込みでヒラマサとアラ

そして、まさかのアラをゲット!一生釣ることはないだろうと思っていた幻の魚を間違って釣ってしまいました。時価でキロ1万円だから、これで5~6万円ぐらい!?

落とし込みでヒラマサとアラ

予想していたより、魚の反応が悪く数が出ませんでしたが、ヒラマサは何とか3本捕れたのと何よりアラが釣れたので、釣りはイマイチお土産は最高!みたいな結果となりました。

アラを食べよう。

さすがにアラはシロウトが捌くのは無理だろうということで、味畑家の大将にお願いしました。

味畑家

アラは捨てるところがないと言われるほどの魚なので、下処理がきちんとできるプロの料理人じゃないと絶対に無理です。

アラの内蔵

アラの内蔵です、きれいで脂もたっぷり付いてますが、食べれるのは胃袋とキモと小腸だけです。これもしっかりと湯通ししてゴミと雑菌を取り除きます。

アラの内蔵

アラのキモ・胃袋・小腸・皮・エラは、ポンズで頂きます。アラはエラまで食べることができます。どれもコリコリしていて美味しい。

アラの刺し身

刺し身もプロが薄造りにするとこんなに綺麗に。脂がのった身はレインボーに輝き、まさに王者の味。

アラ鍋

アラの出汁とコラーゲンたっぷりのアラ鍋、余った刺し身をしゃぶしゃぶして2度うまい。

正月が早めに来たかのような贅沢なアラづくしでしたが、運があればまた食べることができるかな~?