クリスマス釣りーは、イスズミの猛攻、古志岐三礁(ヘタの瀬)

前日からのシケからウネリがかなり残っているということで、古志岐三礁には上がれないかもと言われながらも、クリスマスの日にえびす丸古志岐三礁へ釣行です。

まずは、古志岐三礁の沖の瀬から様子を見ていきスベリに着けようとしますが、ウネリが酷く瀬上がりを断念。ワンド側に向かい順番にワンド、ホゲと降ろしていき本瀬へ、ラクダも上がれそうになく今回は磯釣りに慣れていない人と一緒だったので、足場の良いヘタの瀬を選び上礁することになりました。

クリスマス釣りーは、イスズミの猛攻、古志岐三礁(ヘタの瀬)

撒き餌をするとすぐに魚が集まってきましたが、クロじゃない魚影がたくさん見えてきました。しかも巨大…

クリスマス釣りーは、イスズミの猛攻、古志岐三礁(ヘタの瀬)

正体はやっぱりイスズミです。大量のイスズミが撒き餌を食い上がってきています。その他にもウマズラハギやサンノジなどの外道も食ってきていました。

クリスマス釣りーは、イスズミの猛攻、古志岐三礁(ヘタの瀬)

そんなエサ取りなどの猛攻に苦戦しながらも何とかクロを仕留めていきますが、どれも30~35センチほどのサイズ。

クリスマス釣りーは、イスズミの猛攻、古志岐三礁(ヘタの瀬)

人生初の30センチのクロを釣り上げたフカセ釣り修行中のハリマ。この日はとりあえずアタリはバンバンあったので、切られたり絡まったり色んなトラブルを起こしながらも楽しんでいました。これで少しはクロ釣りにハマってくれるといいのですが、

クリスマス釣りーは、イスズミの猛攻、古志岐三礁(ヘタの瀬)

午後からの潮変わりに期待していたのですが、横からの爆風になすすべなく。少しだけクロを追加し、全部で20枚ほどになったところで納竿となりました。

ワンドとホゲの釣果は型も数も良かったので、前回に続き沖の瀬が本命だったようです。寒グロのシーズンはもう少し先なのでしょうか。

今回使用したタックル