鷹島のオナガと男女群島のオナガ

赤瀬灯台

寒グロを求めてやって来たのは、また鷹島です。今回はクロ狙いができそうだったので、上がった瀬は貝瀬灯台の手前の沈瀬。

沈み瀬

この日は小潮だったので上がれた瀬でしたが、海の状況は底まで透き通るほどの澄んだ潮でマキエをしてもまったく生体反応なし。全層でゆっくり仕掛けを落とすイメージで探っていましたが、掛かるのはほとんどベラでたまにアラカブ。

沈み瀬

周りを見ていると、たまーにクロを掛けているようでしたが、どれも25~30センチぐらいのサイズ。魚の反応が微妙なので、反対側のボラが湧いているポイントに仕掛けを投入すると小さなアタリがあり、誘いを入れてやるとやっと竿を曲げてくれる魚がヒット。

尾長

ボラの下で掛けたのでチヌかなと思いきや、まさかの尾長!しかも30センチを超えるキーパーサイズ。その後も連発を狙いますが、掛かるのは木っ端グロとベラばっかり…。

灯台の沖側がそこそこクロを掛けていたようなので、やはり少しでも沖を狙う方がクロは良さそうな感じですね。

鷹島のオナガと遊んでいた頃、一方ケンちゃんはというと…

夢の島

夢の島」でオナガと遊んでいました。

良型のクロ

持ち帰ってきたクーラーには良型のクロがごろごろと入っておりました。

50センチオーバーの尾長

もちろん50センチオーバーの尾長も!小さめのクロ(30~35センチぐらい)も多かったようですが、何枚釣ったかわからないほど釣れたようなので、十分に「男女群島」を満喫されたようです。

良型の尾長

良型の尾長を仕留めて嬉しそうなイノウエの画像も。(超うらやましい…)