出るか50センチオーバー!?尾長チャレンジ!白瀬灯台(4番)

尾長チャレンジのシーズンがやってきました。目指すは五島列島のミニ男女群島「白瀬灯台」で50センチオーバーを狙います。

尾長チャレンジ!白瀬灯台(4番)

しかし、予想以上にウネリがあったため白瀬灯台は上がれる場所がないだろうと、まずは沖黒へ4名全員で上礁することになりました。夜釣りはフカセで反応なし。結構上の方まで波が被ってきていたので、ここは来ないだろうという場所で寝袋で寝ていたらビショビショになるぐらい被り、寒さに震えながら夜明けを待ちます。

尾長

朝から浅いタナで25~30センチぐらいの尾長が連発、エサ取りもいないし、アタリも何もないよりはマシですが、やはり物足りません。

49センチのクチブト

そういう状況の中でも大遠投で49センチのクチブトを仕留めるイノウエ。さすがの一言。

小白瀬(四畳半)

そうこうしていると、船が見回りに来てケンちゃんとコータローさん2人が先に白瀬灯台へ瀬変わりすることに。上がったのは小白瀬(四畳半)!上がった当初はウネリが酷かったそうですが、とりあえず尾長チャレンジができそうです。

白瀬灯台(4番)

2時間ほど遅れてこちらの2人も白瀬灯台へ向かい、上がれたのはA級ポイントの白瀬灯台(4番)!ウネリが収まるタイミングが良くて運良く上がれました。

出るか50センチオーバー!?尾長チャレンジ!白瀬灯台(4番)

すると開始早々に尾長の洗礼を受けます。46センチ・48センチと連発!いきなりの尾長ラッシュにテンションMAX状態でしたが…

出るか50センチオーバー!?尾長チャレンジ!白瀬灯台(4番)

あっという間に尾長ラッシュは終了、口太ラッシュに…。それでも35~40センチぐらいの良型が釣れ続け、ライブキーパーの中が賑やかに。

出るか50センチオーバー!?尾長チャレンジ!白瀬灯台(4番)

クチブトと40センチ以下には興味がないイノウエは、ひたすらに尾長を狙います。

出るか50センチオーバー!?尾長チャレンジ!白瀬灯台(4番)

痛恨のバラシのありましたが、なんとか良型の尾長をゲット。しかし、ここで時間切れとなり、50センチオーバーはまた次回となりました…

出るか50センチオーバー!?尾長チャレンジ!白瀬灯台(4番)

四畳半に上がったケンちゃん達は、釣りにならないぐらいサラシが酷くてダメだったようですが、隣の西のハナレでは何と60センチオーバーの巨大尾長が上がってました!ケンちゃん達は、その長時間のやり取りをずっと見ていたそうで、巨大尾長の姿を見れただけでも、白瀬灯台へ来た価値はあったようです。

今回使用したタックル