風裏の福島(鵜瀬)で、今年最後の秋チヌ釣行

どこかの沖磯に出てクロ釣りといきたかったところですが、生憎の天気で沖に出ればどこも10メートルぐらいの爆風だったので、そうなると風に強い場所となり、前回のリベンジを兼ねて福島へ今回は3人がかりでチヌを仕留めに釣行です。

秀吉丸で渡してもらった磯はまたも鵜瀬。釣り開始早々にケンちゃんが良型のアジをヒットさせ、朝はアジのパターンかと思いきやコッパグロが連発。

30センチの良型もいましたが、ほとんどはコッパ。オキアミ生を使うと浅いタナで速攻で食われてしまうので、付けエサを変えたり仕掛けの微調整などで思考錯誤しますが、

ボイルで釣れたのは本命ではありますがリリースサイズのメイタ… 少しだけチヌに会えそうな希望が見えてきました。

ここで大きく竿を曲げたのは福島で釣りをするのが久しぶりのコータローさん。竿(1.25号)の曲がりとなかなか浮いてこない様子からすると50センチ近くのビックサイズは確実でしょう、しばらくチヌとのやりとりを楽しんでいる様子でしたが、時間をかけすぎたのか針ハズレで痛恨のバラシ。

チヌを見れなかったショックと日中の暑さで腹も減り、昼メシタイムで後半戦に備えます。

しかし、下げ潮になっても流れは相変わらずフラフラとした当て潮で安定せず、付けエサをローテーションで攻めてみてもコッパ、チャリコ、フグ、アジゴなどと魚種がローテーションするだけで、もう何をどうしたらいいのかわからなくなってきました…

それでも粘っていたら、またもボイルでメイタがヒット。さらにイエローダンゴで今日一のアタリをとらえます!ゆっくりと寄せてくると…

バリ… これで今年のチヌ釣りを終了とします!お疲れ様でした!!