北西の爆風とキタマクラ、米水津(カイドクのハナ・横島4番)

北西の爆風とキタマクラ、米水津(カイドクのハナ・横島4番)

今回はクロ釣りで大分県佐伯市の米水津へ釣行してきました。有漁丸さんで上がったのはカイドクのハナという磯。早速マキエをし様子を見ると、すぐにたくさんのエサ取りが湧き出します。手前の方ではクロの姿は見えず気配もなかったので、遠投しますが横からの爆風(この日の予報で8~9メートル)で思うような釣りができません。

北西の爆風とキタマクラ、米水津(カイドクのハナ・横島4番)

風下になる足場の低い左側へ移動し、平瀬との間を狙いますがここでもエサ取りの活性が高く苦戦、ここまでクロのアタリなしの状態。

キタクラ

エサ取りの正体は、米水津名物のキタクラ。見えるエサ取りのほとんどはこの魚でした。キタマクラのせいでこの日のハリとハリスの消費が激しいことに。よく見るとすごい模様が顔面に、下まつ毛が長いように見えてカワイイ…くはない。

しばらく我慢の釣りをしていましたが、まったく状況が変わらなのでさすがに気持ちが折れはじめ、船が9時に見廻りにくるのでそこで瀬変わりできることに期待します。

北西の爆風とキタマクラ、米水津(カイドクのハナ・横島4番)

たまたま空いていて瀬変わりできたのは、当番瀬の横島4番。雰囲気は大分変わりましたが、やはりここも風が強く竿が出せるポイントが限られていました。なるべく遠投で本流を狙いますが、やはりクロの反応はなく、エサ取りのキタマクラもいてイマイチぱっとしません。

北西の爆風とキタマクラ、米水津(カイドクのハナ・横島4番)

同行したヤマモトくんは、最近底物師に転向し今回はイシダイ狙いです。ガキのアタリがちょこちょこあるようで、この日2枚のイシガキダイを仕留めていました。

北西の爆風とキタマクラ、米水津(カイドクのハナ・横島4番)

上物はかなり厳しいようで、横島3番に上がっていた人達の竿もまったく曲がる様子がありません。もう昼近くになってきたので、さすがに焦ってきました。ここで先端で本流を狙うのを見切って、横島2番との間の水道側へポイント移動しました。完全に風裏で潮の流れがゆるいのでエサ取りが多いだろうと思いきや、気になるほどのエサ取りがおらず、潮もいい感じに流れていきます。

水深があるので結構深めに仕掛けを入れ込んでいくと、ここでやっとクロが初ヒット!30センチぐらいの型でしたが、ここまでコッパの姿さえ見てなかったので、クロがいてくれてホッとしました。同じパターンで連発を狙いますが、アタリが渋く食い込んでくれまでん。ハリスの号数を落としガン玉外してオキアミ生でやると2枚目をゲット!

北西の爆風とキタマクラ、米水津(カイドクのハナ・横島4番)

パターンを掴みこれでいけると思ったら、次に掛かったのは良型のバリ…。よく引いたのでこれでクロの型も出るかと思っていただけにショック。

北西の爆風とキタマクラ、米水津(カイドクのハナ・横島4番)

その後は、バリとキタマクラに悩まされながらもポツポツとクロ(30~35センチ)は追加できましたが、型も数も出ず時間切れとなってしまいました。コンディションが悪かったのでやりきった感がまったくなく不完全燃焼ですが、また機会があれば再チャレンジしたいと思います。