寒グロでクーラー満タン、古志岐三礁(スベリ)

10月、11月と週末の天気が悪い日が続き、古志岐三礁の秋磯を味わうことのないまま12月に突入、気付けばもう寒グロの季節になってしまいました。前回の古志岐三礁は7月だったので、実に5ヶ月ぶりで久々のえびす丸さんにお世話になりました。

5名で行ったので先に3名を黒母瀬(マナイタ)に降ろし、自分とケンちゃんが古志岐三礁(沖の瀬)の上潮を釣るなら実績も足場も高い高所恐怖症の人は無理な磯、「スベリ」へ上礁させてもらいました。

古志岐三礁(スベリ)

夜中で足場が悪いので少しビビリながら磯に上がり、夜釣りはせず更に上に5メートルほど登ったところにある広い場所でテントを張り、ハイボールを飲んだあと朝まで快適に寝てました。

古志岐三礁(スベリ)

朝マズメから上潮に変わる時間だったためクロの反応は良く、ほぼ連発でヒットしてきますが型が30センチ前後と微妙なサイズが続きます。

古志岐三礁(スベリ)

潮が本格的に動きだすと、チラホラと湧きグレの姿も見えはじめ、徐々にサイズもアップ。湧きグレの中に仕掛けを投げ込むと…

古志岐三礁(スベリ)

隣で竿を出しているケンちゃんに湧きグレがヒット!竿が大きく曲がっているので40センチオーバーの良型は確実でしょう。

古志岐三礁(スベリ)

自分にもようやく今日一のクロがヒット!足場が高いのでハリス2.5号で40センチ以下は全部ブリ上げていましたが、やっと玉網を使わないと上げられないサイズがきてくれました。

古志岐三礁(スベリ)

痩せていますが、口太の47センチオーバーで納得のサイズを釣ることができました。その後40センチオーバーは出ることはなく、若干寒グロらしい食い渋りな感じになりましたが、ガン玉はずして深めのタナを探れば良型の口太が釣れ続け、

古志岐三礁(スベリ)

結局最後まで釣れ続けていたのでクーラーは満タン、さすがに最後の方は飽きてしまっていました。釣り納めでいいほどの数を釣りましたが、尾長が一枚も出なかったのが心残りでした。