初釣り、初おろしのマスターモデル2で口太50センチオーバー

美良島(ビシャゴ)

2018年の初釣りは、五島列島(上五島)へ釣行となりました。2組に分かれて上礁したのは、美良島(ビシャゴ)平島(砥石)

口太の51.5センチ

この日が初おろしとなるマスターモデル2(口太)を持ったケンちゃんが平島(砥石)の朝マズメ(3投目)でやってくれました。なんと口太の51.5センチ!いきなりのビックサイズです!

口太の51.5センチ

初釣りの初竿で50センチオーバーを釣ってしまうとは… 今年のケンちゃんは釣運がありそうです。その頃、美良島(ビシャゴ)に上がった2人は…

美良島(ビシャゴ)

なかなかの食い渋りに苦戦中、本命であろうポイントは強風だったため船付からスタートしましたが、潮も動かず魚の反応が悪すぎます。

美良島(ビシャゴ)

深いタナで、やっととらえたアタリは36.5センチ。1.5~2本ぐらいの深いタナに、モゾモゾとした微妙なアタリは難易度が高いだろうとフカセ釣り修行中のハリマを見てみると…

美良島(ビシャゴ)

やっぱり、早々に諦めてふて寝してます。魚がおらんとか足が痛いとか言い出すので、心残りですが、せめて足場がいいところにでもと瀬変わりする決断をすると、

平島(西のカド)

足場の良い平島(西のカド)に移動することができました。先に上がっていた島根県から初めて五島列島に来た夫婦の釣師と入れ替わりになりましたが、その人の話では何枚かは釣れたが、かなり食いが渋くエサを撒くとまったくダメになったそうで、五島はこんなに魚が釣れないのか?と聞かれましたが、場所が悪いのでしょうと言っておきました。

平島(西のカド)

結果、本当に場所が悪かったのでしょうか… まったく生命反応がありません。とにかく付けエサを誰も触りもしてくれません。クロ以外の魚でも見たかったのに、おそらく魚のお腹がいっぱいだったのでしょう。

ママコ瀬<

ケンちゃん達も目の前の「ママコ瀬」に瀬変わりしてきました。平島(砥石)では朝マズメで50センチオーバーが出たものの、その後が悪かったようで、ママコ瀬で竿が曲がっているのを数回見ましたが、型は良くなかったみたいです。