チヌの顔が見たくて、強風の船越漁港

チヌの顔が見たくて、強風の船越漁港

今年はまだチヌを釣ってません。ということで予報では北8メートルの強風の中、ノッコミ最盛期のチヌを狙い近場で風裏となる船越漁港に行ってきました。波止は平日なのに朝から釣人でいっぱいです。

チヌの顔が見たくて、強風の船越漁港

風裏にはなりますが、結構吹いていて冷たい風を背中から受ける形での釣りとなり、4月下旬とは思えないほど寒い。

チヌの顔が見たくて、強風の船越漁港

潮はほとんど動かず、上潮が滑って風もあるので仕掛けが引っ張られる状態。エサ取りがいて針をガジガジされるのでほとんどがフグであろうと、マルキューのエサ持ちイエローをネリネリしてみると…

チヌの顔が見たくて、強風の船越漁港

やっぱりフグでした。3人がかりでチヌを狙いましたが、強風と寒さとフグで心を折られ早々と納竿。来月行く予定の白瀬灯台の尾長チャレンジの話をしながら帰っていきました。

チヌを見るために波戸岬の玄海海中展望塔へ

チヌを釣るのがヘタクソなので、波戸岬の玄海海中展望塔へおチヌ様に会いに行ってきました。抱卵して腹がヘコみ体やヒレが傷だらけになった良型のチヌ達が優雅に泳いでおりました。じっくり観察している内にまた釣りに行きたくなってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です