シーズン突入!古志岐三礁(ワンド)でクロ釣り

台風の影響で、ほぼ釣行を諦めていたのですが、「風はややあるが、波は2メートルほど」というえびす丸の情報により、五島列島は古志岐三礁へ釣行することになりました。

釣金中

朝の便で、釣り客は6名と少なかったのですが、夜の便で来ていた人達とシケの具合から上がれるポイントは「ヘタの瀬」「ラクダ瀬」「ワンド」と、限られていました。どの瀬も状況は厳しそうな感じでしたが、シケた時は釣果が良かった過去の記憶から「ワンド」に2名で上がることになりました。

尾長

ワンドは、サラシが出ている時がいいので、早速サラシの中に仕掛けを入れ込むと、良型オナガがヒットしました。

釣金中

足場が高くウネリもあるので玉網を使っての取り込みがなかなか大変です。ハリスを太くして40センチ以下は抜き上げた方が楽です。

45センチの地グロ

潮止まりになるまでアタリは止まることなく、ケンちゃんは本日最大の45センチをゲット!クロの反応がなくなると、最近人気のアカハタ釣りに竿を持ち替え、

アカハタ

ワームアカハタをゲット、うれしいお刺身サイズです。ワームでアタリが悪い時は、イカの切り身を使い、ブラクリ仕掛けで探ると、アカハタ・アラカブ・ウマズラハギ・イシガキダイ・カンダイなどなど、秋磯らしく色んな魚が釣れます。

カンダイ

強烈な引きを見せてくれたカンダイは、最初はメスで大きくなるとコブができてオスになりコブダイと名前が変わる魚らしいです。

釣金中

潮が動き出すと、またクロの時合になり、更にクロの数を増やしていきます。

釣金中

あっという間にクーラーは満タン、久々の釣行でしたが良い釣りができました。これから本格的にクロ釣りシーズンの突入となりそうです。

タカベだらけの古志岐三礁、瀬替わり中に大物ゲット!?

久しぶりの五島列島は、古志岐三礁で新友会クロ釣り大会(第20回記念大会)に参加しました。えびす丸で上礁したのは、ロープ下横

ロープ下横

さっそく撒き餌をすると、ものすごいエサ取りが現れました。

タカベ

エサ取りの正体は、タカベです。なかなか厄介なエサ取りですが、塩焼きで美味しいので人気のお土産でもあります。

ロープ下

ロープ下の方でもタカベに苦戦しているようですが、一緒に上がった底物をしている人に良型の石鯛がヒットしているようです。

結局、上げ潮の時間帯でクロは2枚のみ、下げ潮になるとこの場所はダメになるということで瀬変わりです。

ブリ

瀬替わり中に、弱ってフラフラ泳いでいるブリを発見!すぐに玉網ですくいます。

ブリ

ジャンケンで勝って貰いました。

ウマズラ

次に上礁したのは、カモ瀬という本島の近く。ここも状況はあまり良くなさそうで、やっぱりエサ取りがいます。

アカハタ

状況が変わるまで、アカハタを釣ります。

オナガ

下げ潮に変わる頃、ようやくクロのアタリが出だします。ひったくるようなアタリをしてくれたコナガ

表彰式

表彰式では参加者全員に賞品が渡され、これでクロ釣りのシーズン終了となりました。

晴気の梅雨グロ、親和会のGⅣ争奪戦

今回は、親和会クロ釣り大会に参加することになりました。

1位の賞品は何と「がま磯 インテッサG-IV」という超豪華賞品で、対象魚はクロ(20センチ以上)の総重量の勝負。12名のアングラーが3名ずつ4組に分かれ予選を戦い決勝を目指します。

晴気隆盛丸からの出港です。

灯台下

赤瀬ヨボ瀬灯台下(向島の地磯)の1番と2番の順に降ろされ、上礁したのは、最後の灯台下の2番。

大型のミズイカ

試合開始前、貸した竿で大型のミズイカをゲットされ、いきなり精神的ダメージを与えられました…

晴気の梅雨グロ、親和会のGⅣ争奪戦

そして試合開始、上げ潮で先端は早くもかぶり出し、釣りにならない状態に…

晴気のクロ

さっきミズイカを釣ったタカセさんは、湾内側で良型のクロを次々にヒットさせ、さらにプレッシャーをかけてきます。

3時間があっという間に過ぎ…
やはり、一番見せ場を作ったタカセさんが決勝へと進みました。

赤瀬

予選落ちの人たちは、赤瀬に降ろされ…

決勝

決勝に勝ち上がった4名は、灯台下の1番と2番へ。雨の中での戦いとなりました。

晴気の梅雨グロ、親和会のGⅣ争奪戦 晴気の梅雨グロ、親和会のGⅣ争奪戦

下げ潮からの戦いとなりましたが、魚の反応は良く、みなさんデットヒートを繰り広げていました。

ミズイカ

決勝を見物しながら、横で良型のミズイカをゲット。
晴気はイカが良く釣れるようです、おいしいお土産サイズ!

良型のクロ

絶好釣のタカセさんでしたが、この日は惜しくも4位。

晴気の梅雨グロ、親和会のGⅣ争奪戦

釣金中のメンバー(?)では、唯一入賞(2位)した奇跡のモッチン。
釣行したのは、実に1年と2か月ぶり(前回の釣り)というブランクがありながらの2位入賞。幸運の男です。

晴気の梅雨グロ、親和会のGⅣ争奪戦

終わってみれば、全員がクーラー満タンという好釣果!
足の裏サイズがほとんどですが、晴気の梅雨グロは、侮れません。

晴気の梅雨グロ、親和会のGⅣ争奪戦 晴気の梅雨グロ、親和会のGⅣ争奪戦 晴気の梅雨グロ、親和会のGⅣ争奪戦 晴気の梅雨グロ、親和会のGⅣ争奪戦

表彰式・打ち上げは、いつものドライブイン鳥で。


メバルの煮つけ

メバルの煮つけ

船釣りで高級魚狙い、壱岐の根魚

岐志漁港

ゴールデンウィークの釣行は、高級魚を狙っての船釣りとなりました。岐志漁港からの出港します。

1時間ほど走ると壱岐の沖合のポイントに到着。

仕掛け

仕掛けは、50号の重りに3本針で、エサは芝エビです。

イトヨリ

船長の合図で、仕掛けを投入。60メートルほどある海底まで仕掛けを落とし底を探ると、一投目でいきなりヒット。40センチオーバーのきれいなイトヨリでした。

レンコダイ

本命は高級魚の甘鯛(アマダイ)なのですが、釣れるのはレンコダイばかり… しばらくすると潮が止まり、アタリがなくなってしまいました。

置き竿釣法

天気がいいので、まったりと置き竿釣法でのんびりと魚が掛かってくれるのをビールを飲みながら待ちます。

キアラ

置き竿釣法で掛かった魚は、高級魚のキアラです。本命ではないですが、やっと来た高級魚なので少し嬉しい。

上潮に変わると、根魚のポイントへ移動。一投ごとにアラカブを掛けていると、今までにない今日一番の引きと重量感が!

マハタ

これは、高級魚のマハタでした。アマダイは釣れませんでしたが、その他の美味しい魚が釣れたのでよかったです。

唐津BS波止で親和会アラカブ祭り

親和会

ゴールデンウィークの前半戦、久々の親和会のチヌ釣りに参加しました。
唐津一文字波止への釣行だったのですが、満員で乗れずBS波止へ8名で上がることになりました。

波止に上がるといきなりビールを開け、いつもとは違うのんびりとした雰囲気で仕掛けを準備。

クロ

朝まずめから隣りのマサくんの竿にヒット!

クロ

しかし、これはチヌではなくクロです。

クロ

どこでもアタリはありますが、小型のクロか、小アジばかり…

釣り

小物ばかりだとやる気がなくなる方がいらっしゃいます…

クロ

ケンちゃんにもクロがヒット!このクロがこの日最大サイズとなりました。

このままだとお土産に持って帰る魚がない… ここで投げ釣りに変更。

アラカブ釣り

ブラクリ仕掛けイカの切り身を付けてアラカブを入れ食いさせます。

アラカブ

途中で、ブラクリ仕掛けとイカの切り身がなくなりましたが、ワームを投げても釣れます。

アラカブ祭り

バッカンの中はアラカブ祭り状態!
これだけ釣れればお土産には十分でしょう。

BS波止

その後も結局チヌの姿を見る事はできませんでした…

ドライブイン鳥

反省会はいつものドライブイン鳥で。


アラカブのアクアパッツァ

アラカブのアクアパッツァ

たまにはおしゃれにアクアパッツァで。

チヌのっこみ終了のお知らせ。

一年で一番潮が動く時期。
秀吉丸で、普段あまり上がる機会がない瀬へ上がることに、

沈み瀬

港を出てすぐ、船で3分ぐらい、まだ沈んでいる瀬に到着。

イワシ

瀬に上がると大量のイワシが打ち上げられてました。
水で流し逃がそうとしますが、この量はどうにもなりません…

イワシ

もったいないですが… このままニボシになるしかなさそうです…

_4163

港からすごく近い瀬です、
この灯台の方を向いて釣ると大型が狙えるようですが、10mの風が正面から当たっていて竿が出せません…

沈み瀬

潮が下がると、だんだんと瀬の実態が現れてきました。
結構広めの瀬でしたが、この日は相当風が強かったので、狙えるポイントは限られていました。

チヌがヒット

下げも中盤に入るころ、ようやくマサくんの竿にヒット!

チヌがヒット

竿が大きく曲がっています、これは大きいでしょう。

チヌ

やりました!ちょうど50センチのチヌです!
久々の大物に嬉しそう。

干潮

時間が立つと隣の瀬まで歩けるほどに潮が引いていました。

干潮

16時頃、下げ止まり。
完全に生態反応がなくなり終了のようです。

のっこみも完全に終わったようですね…

キス

投げ釣りキスが数匹釣れたので、今晩のおかずに…
福島のキスはこれからどんどん釣れるそうです。