梅雨入り前の尾長チャレンジ!(白瀬灯台)

白瀬灯台

一年ぶりにまたこのシーズンがやってきました、デカ尾長を釣りにいく尾長チャレンジです。場所は夢とロマンがある白瀬灯台。平日予約なのに10名以上の釣り客がいて、ほぼ全員が白瀬灯台を希望と常連の尾長ハンターばかりが揃っています。

白瀬灯台に着くと本命の「4番」は、やはり人気の磯で連日人が上がっている様子。どこに上がるかで悩んでいる間に、次々とみんなが降りていき、最後の2組まで残ってしまいました。他のお客さんと「東のカド」をかけてジャンケンとなりましたが、負けてしまい残ったのは、「デベソ」か「トウフ」となりました。

梅雨入り前の尾長チャレンジ!(白瀬灯台)

去年はトウフに上がって口太ばかりだったので、今回はやはり尾長チャレンジができる水道側の「デベソ」を選択。久々に夜釣りをしましたが、釣れるのはリリースサイズのイサキばかりで、そうこうしている内に夜が明けてきました。

梅雨入り前の尾長チャレンジ!(白瀬灯台)

潮はゆっくりと右に動いているので、仕掛けをゆっくりと落としていく感じで入れていきますが、生体反応がありません。大分深いタナでイサキがヒットし、その後イサキが浮き出したのか、イサキのみが連発するようになります。夜のイサキよりは良型だったのでキープ。

巨大バリ

潮が安定せず、底潮が動かなくなり魚の反応が悪くなったなあと思っていたら強烈なアタリが!竿を叩くような引きに、仕掛けが真っ直ぐ立っていたときにヒットしたので、まさかと思ったら…巨大なバリ、白瀬でバリとは…

梅雨入り前の尾長チャレンジ!(白瀬灯台)

ケンちゃんは本命の尾長をゲットしていましたが、サイズが物足りない感じ。白瀬サイズの尾長を釣りたいところですが、まだ自分にはイサキしか掛からず2枚目のバリが釣れてしまい、段々と嫌な雰囲気が漂ってきました。

梅雨入り前の尾長チャレンジ!(白瀬灯台)

すべてはジャンケンに負けたからだと完全に場所のせいにしていたら、マキエに群がる魚影が見え始めました。そして、その中に巨大な尾長らしき魚影も!テンションが上がりマキエにしっかり同調させながら仕掛けを落とし込んでいきますが、これがなかなか喰ってくれません。何度も何度も合わせてみますが、喰ってくるのはなぜかイサキ… それでも何とかガン玉とハリだけの調整で喰わせることができたのは良型の口太でした。

梅雨入り前の尾長チャレンジ!(白瀬灯台)

下げ潮になると流れは反対になり、何となく釣りやすい状態と釣れそうな雰囲気に。マキエに群がる魚影は減りましたが、ずっと仕掛けを流していたケンちゃんにようやく待望の40センチオーバーのマッスル尾長がヒット。

梅雨入り前の尾長チャレンジ!(白瀬灯台)

そして、流れの中に仕掛けが入りすぎないように沈め全誘導で貼り気味にアタリを待っていたら、ドラグから糸を引っ張っていく強烈なアタリが!あまり手前に突っ込んでこなかったので、焦らずゆっくりとやり取りしケンちゃんに玉網ですくってもらったのが…

梅雨入り前の尾長チャレンジ!(白瀬灯台)

やりました!50センチオーバーの尾長グレです!(まるきん検量:51センチ・2.07キロ)その後、潮が止まりゴミやら巨大クラゲやらが発生し、釣りにならない状態になったので終了となりました。今回クロは数枚だけの釣果となってしまいましたが、釣るのが難しいからこそ、色々と考えながら楽しむことができた釣行でした。

尾長グレを熟成

尾長グレを熟成

尾長グレの皮下脂肪と内臓脂肪のコンディションが最高でしたので、究極の血抜きをして3日間熟成させてみました。

尾長グレを熟成

3日もすれば、脂が身にまわり旨味が凝縮されるので、最高の身質に仕上がります。

尾長グレの刺盛り

身がきれいなので、刺身に盛ると美しい。どの魚種でも究極の血抜き熟成はできますが、自分はクロで最高10日間熟成させた刺身を食べたことがあります。

エサ取りに苦戦、クロは不釣も根魚は好釣!?黒母瀬(マナイタ)

エサ取りに苦戦、クロは不釣も根魚は好釣!?黒母瀬(マナイタ)

今週は磯釣りの大会などが重なり、五島列島は釣り客が多い感じ。えびす丸さんに1週間前に予約するもすでに満員状態。何とか乗ることはできましたが、古志岐三礁は空いてなさそう。というとで、3名ということもあり黒母瀬(マナイタ)に上がることになりました。

“エサ取りに苦戦、クロは不釣も根魚は好釣!?黒母瀬(マナイタ)” の続きを読む

チャンスは来るか!?白瀬灯台の尾長チャレンジ

白瀬灯台

ミニ男女群島として人気の磯「白瀬灯台」へ尾長チャレンジしてきました。当日に予約を入れた渡船(浜本釣りセンター)では、すでに尾長チャレンジャーが数名いたので、最後の方に降ろしてもらった磯は「トウフ」。足場が良く快適ですが、果たして尾長に出会えるのでしょうか…

“チャンスは来るか!?白瀬灯台の尾長チャレンジ” の続きを読む

梅雨グロ調査で古志岐三礁(ロープ下)、爆風・サラシ・タカベの3連コンボで撃沈?

梅雨らしい雨もなかったですが、梅雨グロ調査に古志岐三礁へ釣行してきました。前日まで風もなかったのに、到着したら10メートルの爆風。「北東のカド」に上がる予定でしたが、無理そうだったので「ロープ下」へ上がりました。

梅雨グロ調査で古志岐三礁(ロープ下)、爆風・サラシ・タカベの3連コンボで撃沈?

「スベリ」「ラクダ瀬」に上がる選択肢もありましたが、同行したタケちゃんが磯釣りがほぼ初めてだったので、安全性と難易度を考えて「ロープ下」に決めました。夜釣りはタケちゃんに任せて、夜明けと爆風が収まるのを待ちます。しかし、朝になっても風は弱まらず逆に強くなっているぐらい、タケちゃんが夜にイサキとクロを釣っていたので、期待を込めて仕掛けを作ります。

梅雨グロ調査で古志岐三礁(ロープ下)、爆風・サラシ・タカベの3連コンボで撃沈?

タケちゃん用の仕掛けは、3Bで半誘導のオーソドックスな仕掛けで、最初に自分が一連の流れを説明しながらやって見せていると、25センチぐらいの尾長がヒット。これが3連発続いたので型はイマイチですが、とりあえす魚の反応は良いとして後はタケちゃんに任せます。

梅雨グロ調査で古志岐三礁(ロープ下)、爆風・サラシ・タカベの3連コンボで撃沈?

自分の仕掛けは全誘導ですが、やはり仕掛けが入る前に浅いタナでコナガが連発。そうこうしている間に風はより強く、サラシはより激しくなってきて、上げ潮に変わるとタカベまで湧いてくる始末。潮の流れと風が逆になったため、仕掛けが馴染ませることが難しくなり、タケちゃんを見ると苦戦している様子。

梅雨グロ調査で古志岐三礁(ロープ下)、爆風・サラシ・タカベの3連コンボで撃沈?

タケちゃんの仕掛けを1.5号の半誘導、自分のを3Bの全誘導に変更し、潮流にまっすぐ仕掛けが入るイメージでやりますが、タカベの大群に為す術なく、こうなれば今が旬のタカベをお土産に根こそぎ釣ってやろうと、タカベの入れ食いパターンにハメて釣りまくります。

梅雨グロ調査で古志岐三礁(ロープ下)、爆風・サラシ・タカベの3連コンボで撃沈?

タカベを釣っていると、たまーに浮いてきたクロが釣れだしたので、良型もこの下にいるはずと何とか一瞬だけうまく仕掛けが送り込めた会心の一投で仕留めた尾長の40センチ

その後は、爆風とタカベの猛威は納まらず撃沈されました。


タカベの刺身

タカベの刺身

磯の嫌われ者のエサ取り「タカベ」ですが、今が旬のタカベを刺身にすると旨いと言うので刺身にしてみました。脂がノリノリで、身は柔らかいですが甘味があり、クロやイサキに負けないほど本当に美味しかったです。

タカベの一夜干し

タカベの一夜干し

一夜干ししたタカベは、脂がのりすぎて焼いたら素揚げしたみたいになってしまいましたが、これもバリウマでした。


今回使用したタックル

ゴールデンウィーク釣行は近場でチヌ狙い、in 鷹島(黒島)

ゴールデンウィーク釣行は近場でチヌ狙い、in 鷹島(黒島)

ゴールデンウィークは近場でチヌ釣りになったため、最近チヌ釣りで通っている三軒屋さんで鷹島(黒島)へ行ってきました。しかも上がった磯は、3回連続となる(黒島:象の鼻のハナレ)。2人で上礁しました。

絶壁のハナレ

3名は、絶壁のハナレへ。ここは浅瀬ですが、今年は大型の釣果が良いらしく船長おすすめのポイント。いつも定置網が入っていることが多いので、上がることはなかったのですが、今回はチャレンジしてみるようです。

ゴールデンウィーク釣行は近場でチヌ狙い、in 鷹島(黒島)

実釣開始ですが、今回はエサ取りの活性がかなり高いようで、付けエサの種類も色々と用意はしてましたが、オキアミでアブッテカモ、サナギ・コーンでベラ、練りエサでフグなど、どれも通らず…

ゴールデンウィーク釣行は近場でチヌ狙い、in 鷹島(黒島)

とにかくエサ取りを分離させる作戦で、自分のポイントに大量にマキエし、隣で竿を出しているコータローさんのポイントから付けエサはボイルで仕掛けを入れ込むと、やりました、なんとかチヌを仕留めることに成功。コータローさんのマキエを同調させて食わせたので、反則的な釣りにはなってしまいましたが…

ゴールデンウィーク釣行は近場でチヌ狙い、in 鷹島(黒島)

その後、絶壁のハナレに上がった3名はアジの猛攻で瀬変わりとなり、モンゴル村の下にある磯へ。藻がたくさん生えているポイントで、チヌがいそうな感じでしたが、やはりエサ取りの活性が高く、

ゴールデンウィーク釣行は近場でチヌ狙い、in 鷹島(黒島)

それでも、最近マルキューの「食い渋りイエロー」にハマっているケンちゃんが、良型のチヌを仕留めていました。

ゴールデンウィーク釣行は近場でチヌ狙い、in 鷹島(黒島)

遠投で沖を釣れば、丸々とした良型のクロもいたようですが、なかなか狙って釣るのは難しかったです。これから梅雨グロシーズンに入れば期待できるかもしれません。

チヌのアボガド包み揚げ

チヌのアボガド包み揚げ

食べるのに関してあまり人気がないチヌですが、人気のない理由として臭いや、身のパサパサ感などがあると思います。それを解決する料理が「チヌのアボガド包み揚げ」です。アボガドの脂分がパサパサ感をなくし、しっとりと美味しい白身に大変身します。タルタルソースがあれば更にうまいです。

今回使用したタックル