チャンスは来るか!?白瀬灯台の尾長チャレンジ

白瀬灯台

ミニ男女群島として人気の磯「白瀬灯台」へ尾長チャレンジしてきました。当日に予約を入れた渡船(浜本釣りセンター)では、すでに尾長チャレンジャーが数名いたので、最後の方に降ろしてもらった磯は「トウフ」。足場が良く快適ですが、果たして尾長に出会えるのでしょうか…

“チャンスは来るか!?白瀬灯台の尾長チャレンジ” の続きを読む

梅雨グロ調査で古志岐三礁(ロープ下)、爆風・サラシ・タカベの3連コンボで撃沈?

梅雨らしい雨もなかったですが、梅雨グロ調査に古志岐三礁へ釣行してきました。前日まで風もなかったのに、到着したら10メートルの爆風。「北東のカド」に上がる予定でしたが、無理そうだったので「ロープ下」へ上がりました。

梅雨グロ調査で古志岐三礁(ロープ下)、爆風・サラシ・タカベの3連コンボで撃沈?

「スベリ」「ラクダ瀬」に上がる選択肢もありましたが、同行したタケちゃんが磯釣りがほぼ初めてだったので、安全性と難易度を考えて「ロープ下」に決めました。夜釣りはタケちゃんに任せて、夜明けと爆風が収まるのを待ちます。しかし、朝になっても風は弱まらず逆に強くなっているぐらい、タケちゃんが夜にイサキとクロを釣っていたので、期待を込めて仕掛けを作ります。

梅雨グロ調査で古志岐三礁(ロープ下)、爆風・サラシ・タカベの3連コンボで撃沈?

タケちゃん用の仕掛けは、3Bで半誘導のオーソドックスな仕掛けで、最初に自分が一連の流れを説明しながらやって見せていると、25センチぐらいの尾長がヒット。これが3連発続いたので型はイマイチですが、とりあえす魚の反応は良いとして後はタケちゃんに任せます。

梅雨グロ調査で古志岐三礁(ロープ下)、爆風・サラシ・タカベの3連コンボで撃沈?

自分の仕掛けは全誘導ですが、やはり仕掛けが入る前に浅いタナでコナガが連発。そうこうしている間に風はより強く、サラシはより激しくなってきて、上げ潮に変わるとタカベまで湧いてくる始末。潮の流れと風が逆になったため、仕掛けが馴染ませることが難しくなり、タケちゃんを見ると苦戦している様子。

梅雨グロ調査で古志岐三礁(ロープ下)、爆風・サラシ・タカベの3連コンボで撃沈?

タケちゃんの仕掛けを1.5号の半誘導、自分のを3Bの全誘導に変更し、潮流にまっすぐ仕掛けが入るイメージでやりますが、タカベの大群に為す術なく、こうなれば今が旬のタカベをお土産に根こそぎ釣ってやろうと、タカベの入れ食いパターンにハメて釣りまくります。

梅雨グロ調査で古志岐三礁(ロープ下)、爆風・サラシ・タカベの3連コンボで撃沈?

タカベを釣っていると、たまーに浮いてきたクロが釣れだしたので、良型もこの下にいるはずと何とか一瞬だけうまく仕掛けが送り込めた会心の一投で仕留めた尾長の40センチ

その後は、爆風とタカベの猛威は納まらず撃沈されました。


タカベの刺身

タカベの刺身

磯の嫌われ者のエサ取り「タカベ」ですが、今が旬のタカベを刺身にすると旨いと言うので刺身にしてみました。脂がノリノリで、身は柔らかいですが甘味があり、クロやイサキに負けないほど本当に美味しかったです。

タカベの一夜干し

タカベの一夜干し

一夜干ししたタカベは、脂がのりすぎて焼いたら素揚げしたみたいになってしまいましたが、これもバリウマでした。


今回使用したタックル

ゴールデンウィーク釣行は近場でチヌ狙い、in 鷹島(黒島)

ゴールデンウィーク釣行は近場でチヌ狙い、in 鷹島(黒島)

ゴールデンウィークは近場でチヌ釣りになったため、最近チヌ釣りで通っている三軒屋さんで鷹島(黒島)へ行ってきました。しかも上がった磯は、3回連続となる(黒島:象の鼻のハナレ)。2人で上礁しました。

絶壁のハナレ

3名は、絶壁のハナレへ。ここは浅瀬ですが、今年は大型の釣果が良いらしく船長おすすめのポイント。いつも定置網が入っていることが多いので、上がることはなかったのですが、今回はチャレンジしてみるようです。

ゴールデンウィーク釣行は近場でチヌ狙い、in 鷹島(黒島)

実釣開始ですが、今回はエサ取りの活性がかなり高いようで、付けエサの種類も色々と用意はしてましたが、オキアミでアブッテカモ、サナギ・コーンでベラ、練りエサでフグなど、どれも通らず…

ゴールデンウィーク釣行は近場でチヌ狙い、in 鷹島(黒島)

とにかくエサ取りを分離させる作戦で、自分のポイントに大量にマキエし、隣で竿を出しているコータローさんのポイントから付けエサはボイルで仕掛けを入れ込むと、やりました、なんとかチヌを仕留めることに成功。コータローさんのマキエを同調させて食わせたので、反則的な釣りにはなってしまいましたが…

ゴールデンウィーク釣行は近場でチヌ狙い、in 鷹島(黒島)

その後、絶壁のハナレに上がった3名はアジの猛攻で瀬変わりとなり、モンゴル村の下にある磯へ。藻がたくさん生えているポイントで、チヌがいそうな感じでしたが、やはりエサ取りの活性が高く、

ゴールデンウィーク釣行は近場でチヌ狙い、in 鷹島(黒島)

それでも、最近マルキューの「食い渋りイエロー」にハマっているケンちゃんが、良型のチヌを仕留めていました。

ゴールデンウィーク釣行は近場でチヌ狙い、in 鷹島(黒島)

遠投で沖を釣れば、丸々とした良型のクロもいたようですが、なかなか狙って釣るのは難しかったです。これから梅雨グロシーズンに入れば期待できるかもしれません。

チヌのアボガド包み揚げ

チヌのアボガド包み揚げ

食べるのに関してあまり人気がないチヌですが、人気のない理由として臭いや、身のパサパサ感などがあると思います。それを解決する料理が「チヌのアボガド包み揚げ」です。アボガドの脂分がパサパサ感をなくし、しっとりと美味しい白身に大変身します。タルタルソースがあれば更にうまいです。

今回使用したタックル

チヌを求めて、再び「鷹島(黒島)」へ

鷹島(黒島)

急にケンちゃんが休みになったので、またまた鷹島(黒島)へ行ってきました。この日は霧が凄く、雨も少し降っていました。

赤潮

開始早々に、赤潮が寄ってきて嫌な感じ、前回とはまったく雰囲気が違います。生命反応も微妙で今日は苦戦しそうな気がしてきました。

良型のチヌ(45センチ)

2時間ぐらい経過した頃、自分の仕掛けにチヌのアタリが。ゆっくりと寄せて、良型のチヌ(45センチ)を仕留めることができました。

チヌ

その後、クロの反応が出だすと、徐々に魚の活性が上がってきて遂にケンちゃんにもチヌがヒット!久々のチヌの引きを楽しんでいます。

練りエサでチヌ

木っ端グロの活性も上がり、なかなかチヌの棚までエサが届かない状況が続く中、ケンちゃんが練りエサでチヌを1枚追加しましたが、そのあとチヌの姿を見ることはありませんでした。

良型のクロ(32センチ)

良型のクロ(32センチ)が釣れたりもしましたが、30センチを超えたのはこれ一枚のみ。これぐらいのサイズがボコボコ釣れるとそれはそれで楽しいのですが…

チヌのノッコミは遅れているのでしょうか、なかなかノッコミに当たらないです…。

クロの漬け焼き

クロの漬け焼き

小さなクロが釣れたら「漬け焼き」に。(醤油:酒:みりん)を(1:1:1)で配合し、砂糖を適当(多め)に混ぜたタレに、開いたクロを一晩漬け込みます。

クロの漬け焼き

次の日の朝、オーブンで15分ほど焼いたらできあがり、朝食が豪華になり嬉しい一品です。

シーズン終盤の黒母瀬と古志岐三礁(ロープ下)

クロ釣りシーズンも終盤ですが、久々の4名で古志岐三礁へ行ってきました。大潮で下げ潮の時間帯が長い釣りとなるので古志岐三礁でのポイント選びに悩むところですが、

黒母瀬

船長(えびす丸)の「黒母瀬」押しが強かったので、2名ずつに分かれて「黒母瀬」と「古志岐三礁(ロープ下)」へ上礁することとなりました。

良型のオナガ

朝マズメは上げ潮からのスタートとなりましたが、潮が早い上に複雑な潮で悩まされ仕掛けがうまく馴染めず出遅れたスタートとなってしまいました。となりで釣っていたマサくんは良型を連発。

チヌ(40センチ)

潮が少し緩んだところで、やっと思うように仕掛けを送り込めたと思ったらチヌ(40センチ)… 真鯛がいると聞いていたのですが黒い方でした。

腹パンの口太

その後、ポツポツとクロの数も伸ばし、やっと仕留めた40センチオーバーは、重量感たっぷりの腹パンパンの口太でした。お腹が大きすぎてデッカイ金魚みたい。

黒母瀬

下げ潮に変わると状況は一変、アタリはまったくなくなり、エサも取られない状況になってしまいました、

一方、ケンちゃんは…

古志岐三礁(ロープ下)

古志岐三礁(ロープ下)で、難しい大潮の激流を攻略して良型を仕留めていました。

古志岐三礁(ロープ下)

磯釣り修行中のハリマも複雑な潮流の中、頑張ってクロを掛けていたようです。下げ潮になるとこちらもアタリが悪くなったようですが、バラすような大物もいたようです。

黒母瀬

黒母瀬ですが、クロの反応は完全になくなり、仕掛けをタナ深くまで送り込むとたまにイサキがヒットする程度。

納竿1時間前、諦めかけていた時にラインが走るアタリがあり、合わせるとドッシリとした重量感と久々の強い引き、ここまでクロの姿を見てない時間が長かったので、もしかしたらと思ったらやっぱりこの御方でした、

チヌ50センチ

本日2枚目のおチヌ様、しかもサイズアップの50センチ。

今年は本格的なチヌ釣りに突入する前にすでに40センチオーバーはこれで3枚目、次の釣行は恐らくチヌ釣りなので大爆釣の前兆なのか、それとも… 次回のチヌ釣りが期待と不安で楽しみです。

黒母瀬の釣果

思ったほど釣果は伸ばせませんでしたが楽しい釣りはできました。ヘタの瀬では巨大真鯛が釣れていました。

えびす丸(この日の釣果:http://www.ebisu.fishing/news/914/


クロの焼き白子

クロの焼き白子

腹パンだったクロには白子がたっぷりと入っていました。苦手な人もいるようですが、これを捨てるのはもったいない!

クロの焼き白子

取り出した白子は、食べる前まで日本酒に漬けておきます。

クロの焼き白子

アルミホイルに包み、オーブンで10分ほど焼けばできあがり、バーナーで焦げ目を付けてポン酢とネギでいただきます。まったりと濃厚な味で釣り人にしか味わえない贅沢な逸品です。※超プリン体ですので色んな数値が上がると思います、食べ過ぎ注意。


今回使用したタックル

古志岐三礁(スベリ)で、クロ100枚オーバー!

待ちに待った古志岐三礁へ釣行です。やっと日頃チヌで練習していた成果を発揮する機会がやって来たという感じで、クロ40センチオーバー10枚以上・クーラー満タンと、この時期なのでハードル高めで目標を立てて、古志岐三礁(スベリ)に上礁しました。

夜中から磯の上でしたが、下げ潮の時間帯なので、夜釣りはまったくせずに酒盛りしてさっさと寝ます。

古志岐三礁(スベリ)で、クロ100枚オーバー!

自分の釣座は、なぜかケンちゃんに強制的に決められた足場はまあまあ良いが、移動が大変な場所。明るくなってから、高さ7メートルぐらいある岩壁をビビリながら降りて道具を運びます。

古志岐三礁(スベリ)で、クロ100枚オーバー!

撒き餌を混ぜてやっと釣り開始という頃には、隣でケンちゃんがクロの良型をヒットさせていました。

古志岐三礁(スベリ)で、クロ100枚オーバー!

朝は、まだ下げ潮もガンガン流れていて風も強く釣りにくい状況でしたが、なんとかクロがヒット、活性化して良型ではありますが、まだまだ物足りません。

古志岐三礁(スベリ)で、クロ100枚オーバー!

上げ潮に変わり、潮が緩むと状況が一変します。瀬際には良型のクロが見え初め、沖には湧きグレと、どこ狙っても良い好状況に変化。ケンちゃんは最大48センチをはじめ、40センチオーバーの良型を連発させています。

古志岐三礁(スベリ)で、クロ100枚オーバー!

船付で竿を出していたマサ君もケンちゃんの隣に移動して来て48センチの良型を仕留めます。

古志岐三礁(スベリ)で、クロ100枚オーバー!

ついに自分も48センチを仕留めて、ここからクロの確変に突入します。結局、納竿までアタリが途切れることはなく、釣った大量のクロを船付けまで持って何往復もする時間も考えて、早めに釣りを切り上げましたが、

古志岐三礁(スベリ)で、クロ100枚オーバー!

35Lのクーラーはきっちりと氷を入れるスペースがないほどに満タンになり、もう体中がガタガタのボロボロになりました。

古志岐三礁(スベリ)で、クロ100枚オーバー!

ケンちゃんとマサ君のクーラーも満タンで全員が目標達成、3人合わせて驚異のクロ100枚オーバーとなり、もうここで釣り納めにした方がいいほどの今年一番の最高釣果となりました。(多分、12月も釣りには行きますけど、)

今回使用したタックル