シーズン終盤の黒母瀬と古志岐三礁(ロープ下)

クロ釣りシーズンも終盤ですが、久々の4名で古志岐三礁へ行ってきました。大潮で下げ潮の時間帯が長い釣りとなるので古志岐三礁でのポイント選びに悩むところですが、

黒母瀬

船長(えびす丸)の「黒母瀬」押しが強かったので、2名ずつに分かれて「黒母瀬」と「古志岐三礁(ロープ下)」へ上礁することとなりました。

良型のオナガ

朝マズメは上げ潮からのスタートとなりましたが、潮が早い上に複雑な潮で悩まされ仕掛けがうまく馴染めず出遅れたスタートとなってしまいました。となりで釣っていたマサくんは良型を連発。

チヌ(40センチ)

潮が少し緩んだところで、やっと思うように仕掛けを送り込めたと思ったらチヌ(40センチ)… 真鯛がいると聞いていたのですが黒い方でした。

腹パンの口太

その後、ポツポツとクロの数も伸ばし、やっと仕留めた40センチオーバーは、重量感たっぷりの腹パンパンの口太でした。お腹が大きすぎてデッカイ金魚みたい。

黒母瀬

下げ潮に変わると状況は一変、アタリはまったくなくなり、エサも取られない状況になってしまいました、

一方、ケンちゃんは…

古志岐三礁(ロープ下)

古志岐三礁(ロープ下)で、難しい大潮の激流を攻略して良型を仕留めていました。

古志岐三礁(ロープ下)

磯釣り修行中のハリマも複雑な潮流の中、頑張ってクロを掛けていたようです。下げ潮になるとこちらもアタリが悪くなったようですが、バラすような大物もいたようです。

黒母瀬

黒母瀬ですが、クロの反応は完全になくなり、仕掛けをタナ深くまで送り込むとたまにイサキがヒットする程度。

納竿1時間前、諦めかけていた時にラインが走るアタリがあり、合わせるとドッシリとした重量感と久々の強い引き、ここまでクロの姿を見てない時間が長かったので、もしかしたらと思ったらやっぱりこの御方でした、

チヌ50センチ

本日2枚目のおチヌ様、しかもサイズアップの50センチ。

今年は本格的なチヌ釣りに突入する前にすでに40センチオーバーはこれで3枚目、次の釣行は恐らくチヌ釣りなので大爆釣の前兆なのか、それとも… 次回のチヌ釣りが期待と不安で楽しみです。

黒母瀬の釣果

思ったほど釣果は伸ばせませんでしたが楽しい釣りはできました。ヘタの瀬では巨大真鯛が釣れていました。

えびす丸(この日の釣果:http://www.ebisu.fishing/news/914/


クロの焼き白子

クロの焼き白子

腹パンだったクロには白子がたっぷりと入っていました。苦手な人もいるようですが、これを捨てるのはもったいない!

クロの焼き白子

取り出した白子は、食べる前まで日本酒に漬けておきます。

クロの焼き白子

アルミホイルに包み、オーブンで10分ほど焼けばできあがり、バーナーで焦げ目を付けてポン酢とネギでいただきます。まったりと濃厚な味で釣り人にしか味わえない贅沢な逸品です。※超プリン体ですので色んな数値が上がると思います、食べ過ぎ注意。


今回使用したタックル

古志岐三礁(スベリ)で、クロ100枚オーバー!

待ちに待った古志岐三礁へ釣行です。やっと日頃チヌで練習していた成果を発揮する機会がやって来たという感じで、クロ40センチオーバー10枚以上・クーラー満タンと、この時期なのでハードル高めで目標を立てて、古志岐三礁(スベリ)に上礁しました。

夜中から磯の上でしたが、下げ潮の時間帯なので、夜釣りはまったくせずに酒盛りしてさっさと寝ます。

古志岐三礁(スベリ)で、クロ100枚オーバー!

自分の釣座は、なぜかケンちゃんに強制的に決められた足場はまあまあ良いが、移動が大変な場所。明るくなってから、高さ7メートルぐらいある岩壁をビビリながら降りて道具を運びます。

古志岐三礁(スベリ)で、クロ100枚オーバー!

撒き餌を混ぜてやっと釣り開始という頃には、隣でケンちゃんがクロの良型をヒットさせていました。

古志岐三礁(スベリ)で、クロ100枚オーバー!

朝は、まだ下げ潮もガンガン流れていて風も強く釣りにくい状況でしたが、なんとかクロがヒット、活性化して良型ではありますが、まだまだ物足りません。

古志岐三礁(スベリ)で、クロ100枚オーバー!

上げ潮に変わり、潮が緩むと状況が一変します。瀬際には良型のクロが見え初め、沖には湧きグレと、どこ狙っても良い好状況に変化。ケンちゃんは最大48センチをはじめ、40センチオーバーの良型を連発させています。

古志岐三礁(スベリ)で、クロ100枚オーバー!

船付で竿を出していたマサ君もケンちゃんの隣に移動して来て48センチの良型を仕留めます。

古志岐三礁(スベリ)で、クロ100枚オーバー!

ついに自分も48センチを仕留めて、ここからクロの確変に突入します。結局、納竿までアタリが途切れることはなく、釣った大量のクロを船付けまで持って何往復もする時間も考えて、早めに釣りを切り上げましたが、

古志岐三礁(スベリ)で、クロ100枚オーバー!

35Lのクーラーはきっちりと氷を入れるスペースがないほどに満タンになり、もう体中がガタガタのボロボロになりました。

古志岐三礁(スベリ)で、クロ100枚オーバー!

ケンちゃんとマサ君のクーラーも満タンで全員が目標達成、3人合わせて驚異のクロ100枚オーバーとなり、もうここで釣り納めにした方がいいほどの今年一番の最高釣果となりました。(多分、12月も釣りには行きますけど、)

今回使用したタックル

暴風の中で、野崎島(一ツ瀬)のオナガ

前日から天候が荒れるとの予報だったので、五島列島は諦めていたのですが、古志岐三礁には行けないかもしれないが、船は出るということでしたので、意外とシケないかもしれないと期待をもってえびす丸へ向かいました。

野崎島(一ツ瀬)

しかし、予報どおりの大シケで古志岐三礁に上がる所はどこにもなく、野崎島(一ツ瀬)に3名で上がらせてもらいました。この磯は、一週間前に城島健司のJ的な釣りテレビでロケ地になっていました。

オナガがヒット

朝マズメからケンちゃんに良型のオナガがヒット。一ヒロぐらいの浅いタナで当たってくるオナガが多く、その後もほぼ入れ食い状態でしたが、小型が集まりだしたのか、どんどんサイズダウン…

巨大イスズミ

潮が下げ止まりになる頃、強烈に締め込む魚がヒットしますが、これは巨大イスズミ、、クロの40センチオーバーを見ることなく下げ潮の時間帯が終わります。

野崎島(一ツ瀬)

上潮の本命ポイントは、波がかぶり竿が出せない状態でしたので、引き続き風裏のポイントで竿を出しました。コンスタントにクロが当たってきますが、やはり手のひらサイズが多く、その中から足の裏サイズ以上をキープしていく感じとなりました。

野崎島(一ツ瀬)

お土産用にサイズを揃えて数はキープできました。暴風でサラシもきつかったですが、数釣りはできたので、今からどんどん型が良くなりクロ釣り本番といったところでしょうか。

イスズミ

納竿前に、のされそうになるほどの強烈なアタリがありましたが、残念ながらこれも巨大イスズミでした…

クロの一夜干し

クロの一夜干し

小型のクロは、開いて両面に塩をかけたあと、扇風機で風をあてて一夜干しにします。扇風機だと虫も付かず時間も短縮できます。表面が乾けば完成。普通に塩焼きするより旨味が凝縮されているので最高に美味しいです。

今回使用したタックル

イカダでタコ?鷹島の筏でダゴチン釣り

鷹島の筏

暑いけど釣りがしたい、そんな時は屋根付きの筏でまったりとダゴチン釣りがいいかもと思い、鷹島の筏へ行ってきました。

黄色の浮き堤防のところにある筏は、水深が20~30メートルと深くイサキが回遊してくるそうで、最近の釣果はイサキの40センチオーバーが当たっているとのこと。

鷹島の筏

海を覗いてみると、エサ取り(クロ・アブッテカモ・アジ)が大量にいます。

チャリコ

さっそくダンゴを投入してみると、エサ取りがダンゴを突きまくり、ダンゴが割れた瞬間に喰ってきます。底付近で掛かるのはほとんどがチャリコ、少し上でアジという感じでした。チヌはもちろんイサキもいない様子…

クロ

ダンゴを柔らかくすると、手のひら強サイズのクロが途中でダンゴを割って掛かってきます。

鷹島の筏

バッチリ合せが決まりこれは型が良さそう、よく引いて楽しそうです。

鷹島の筏

しかし、バリでした… しかも良型。

タコの日

ダンゴが割れる前にズンッと重くなったので、合わせてみるとなかなかの重量感、しかしまったく引かないので何だろうと思っていると、良型のタコ…。イカダでタコを釣るとか何かややこしい話ですが、良いお土産になるかと思いとりあえずシメます。(シメ方がわからなかったので、ナイフで刺しまくってズタズタです…)

8月8日はタコの日?

あとから知ったことですが、この日は8月8日タコの日だったそうで、ある意味一番いいお土産を釣ったのか??

鷹島の筏

屋根付きなので油断していましたが、照り返しがあるのでバッチリ日焼けしてました…。

タコの刺身

タコの刺身

タコは、下処理が意外と大変ですが、茹でて刺身にすると普段食べているタコより弾力があり味も美味かったです。また釣れることがあったら是非持ち帰りたいと思いました。

今回使用したタックル

夏はヤリイカ、夜焚きで一年分をストック!

夏はヤリイカ、夜焚きで一年分をストック!

暑くなってくるとイカの季節、ということで一年分のイカをストックするために「イカの夜焚き」に行ってきました。近くの姪浜からの出港です。

夏はヤリイカ、夜焚きで一年分をストック!

暗くなるまでサビキでイサキ&アジを狙ってましたが、釣れるのは小型のアラカブばかり、、

夏はヤリイカ、夜焚きで一年分をストック!

ライトに小魚が寄りだす頃、仕掛けをイカ釣りにチェンジ。一投目から良型のヤリイカをゲットします!

夏はヤリイカ、夜焚きで一年分をストック!

小型も混じりながらも、仕掛けを落としてただ巻くだけでイカが次々と掛かってきます。

夏はヤリイカ、夜焚きで一年分をストック!

小型のイカは、エサにして大型の魚を狙いますが、掛かるのはサメばかり。

夏はヤリイカ、夜焚きで一年分をストック!

途中で、船長が釣ったイカを捌いて刺身と煮付けを作ってくれました。ここでしか味わうことができない贅沢な漁師料理です。

夏はヤリイカ、夜焚きで一年分をストック!

釣りたては、透明で鮮度抜群なので、コリコリ食感でほんのり甘くウマウマでした。

夏はヤリイカ、夜焚きで一年分をストック!

35Lクーラーが満タン、釣ったそのままを傘袋に入れて帰ったらそのまま冷凍保存するのが漁師流。この日は雨とシケで他の船がいなくてイカが集中していたようです。二人で200杯は超えてたと思います。これで一年分はストックできたかな?

イカ丼

イカ丼

一度冷凍して熟成されたイカは、旨味が増して一年中美味しくいただけます。暑くて食欲がない時でも、イカの切り身を山盛りに載せて、どんぶりで食べるとモリモリ食べれます。

梅雨グロ前線接近中!?

そろそろ梅雨グロ始動ということで、えびす丸で古志岐三礁へ釣行です。上がったのはA級ポイント「北東のカド」、船長にクーラー満タンにするまで帰れんよとプレッシャーをかけられながら久々のクロを狙います。

梅雨グロ前線接近中!?

朝マズメは下げからの潮止まりからスタートしましたが、ポツポツと足の裏サイズの尾長がヒットしてきました。

梅雨グロ前線接近中!?

しかし、サイズがまったく出ません、この日の潮は小潮で、ほとんど流れず右に行ったり左に行ったり当ててきたりと安定しない潮でした。食いも浅く針外れも何度かあり、数も伸びません。

梅雨グロ前線接近中!?

ボイルはまったく食わず、生を小さくして付けると食ってくれる感じで、型が良くても40センチあるかないかぐらいの尾長が数枚くる程度、

梅雨グロ前線接近中!?

午後からは風が吹き始め、エサも残りまったく生体反応がなくなるという始末、前日の夜中から磯に上がっていたので、身も心も疲れ果てました…

梅雨グロ前線接近中!?

梅雨グロは、もう少し雨が振ってくれないと調子が出ないようですね、数も型も出ませんでした。

イシガキダイ

帰りにフジタさんに頂いたイシガキダイ、お返しにタカベが欲しいとのことでしたので、次回はサビキを持って行きたいと思います。

イシガキダイと尾長の刺し身

イシガキダイと尾長の刺し身

頂いたイシガキダイは刺し身に、どちらも脂がのりのりで美味しかったです。塩とレモンで食べるとさっぱりしていいかも。

尾長グロの湯引き

尾長グロの湯引き

湯引きした身を適当に切って、かいわれ大根・みょうが・大葉と混ぜ合せ、レモンを絞ってポン酢または、さしみ醤油でいただきます。梅雨の蒸し暑い日にさっぱりと美味しい逸品です。