エサ取りと強風に苦戦、古志岐三礁(スベリ)

いい天気の釣日和です、えびす丸古志岐三礁(スベリ)に上がりました。

クロがヒット

この日は、中潮で朝から下げ潮が入り、激流で釣りにくい状態からのスタートとなります。何とか仕掛けが馴染めば、クロとイサキがヒットします。

クロがヒット

ケンちゃんはカメラを向けるとすぐに釣ってくれます。

しばらくして、青物が回遊してきたのでルアーを投げてみましたが、ダツしか釣れませんでした。青物が来るとクロは散ってしまい、エサ取りのタカベと急に変わった強風でどうにもならなくなってきました。

風裏へ移動

たまらず風裏へ移動します、足場が高い場所ですが午後からの上潮で良型が出る好ポイントでもあります。強風に苦戦しながらも、納竿前に潮が緩んだところでクロとイサキがバタバタっと釣れて終了となりました。

この日の最大クロ

この日の最大のクロです。ほとんどイサキばかりの釣果でしたが、久しぶりの釣りだったので楽しむ事ができました。

ゴールデンウィークの釣行は、北東のカド(古志岐三礁)で瀬泊まり

GW釣行1日目(北東のカド/古志岐三礁)

ゴールデンウィークの釣行は、北東のカド(古志岐三礁)で瀬泊まりになりました。

北東のカド

なかなか上がれない北東のカドに上がれた3人は嬉しくてこの時は笑顔でした。

クロ

釣り始め、イサキが混じりながらもクロは釣れるのですが、型がイマイチ…

厳しい表情

思うように数もサイズも良くならず、段々と厳しい表情になってきます…

結局、夕まずめもパっとせず、鍋をつつきながらビールを飲み反省会…

クロ44センチ

この日の最大サイズとなったクロ44センチ。

クーラーを並べてベット

テントを持ってきてたのですが、北東のカドは足場が悪くてテントは無理。
テントが使えないのは予想外で、クーラーを並べて簡易ベットを制作。

寝返りすれば、転がって海へ転落するような場所で、冷たい夜風に耐え、明日の釣果に期待して寝ることにしました。

つづく…

古志岐三礁(ロープ下横)の寒グレと真鯛

真鯛

雨降ってます

えびす丸で上礁したのは、古志岐三礁(ロープ下横)」です。雨降っていて結構寒いこの日は、クロの喰いも渋くなかなか口を使ってくれません。

型はいいですが

寒グレなので良型ですが、数が伸びません。

納竿前

刺し餌にボイルを使ってみたら、強烈なアタリが!

真鯛

うれしいお土産、良型の真鯛です。その後、自分にも強烈なアタリが来ましたが、痛恨のバラシ。すぐさまボイルを撒き餌して、仕掛けを再度投入すると、

真鯛

一瞬でウキが消しこみ50センチの真鯛を仕留めることができました!

古志岐三礁(カンバン下)で真鯛3連発!

えびす丸古志岐三礁に釣行です。スベリに降ろされてカンバン下へ移動することになりました。

カンバン下は、よほどベタ凪でない限りは、スベリから歩いて移動しないと行けないポイントです。この登山が相当きつく、途中で危険な箇所もあり、体力をかなり削られます。

カンバン下

足場が高く沈み瀬も目の前にあるので難しいポイントではありますが、となりの瀬がホゲなので、大型のクロが出るポイントではあります。

シケてる時、下げ潮の時間帯は危険です。
足場が高くても頭から波をかぶるので要注意!

真鯛が3連発

クロはぼちぼちの釣果でしたが、潮が沖に流れ出した時に真鯛が3連発きました。
最大で50センチの真鯛でした。

古志岐三礁(ラクダ瀬)の湧きグレ

えびす丸で、古志岐三礁(ラクダ瀬)に上がりました。この磯は、古志岐三礁の中でもA級ポイントですが、足場が非常に悪く、良く道具や小物を海に落としてしまう磯でもあります。

湧きグレ

先端では、すごいサラシができ、激流のように流れています。その潮に仕掛けを入れて沖に流すことができれば、クロがヒットしてきます。

湧きグレ

湧きグロがいます。これも古志岐三礁ではよく見る光景です。いつも遠投しても届かないところに発生します。一体何匹いるのでしょうか…