タカベだらけの古志岐三礁、瀬替わり中に大物ゲット!?

久しぶりの五島列島は、古志岐三礁で新友会クロ釣り大会(第20回記念大会)に参加しました。えびす丸で上礁したのは、ロープ下横

ロープ下横

さっそく撒き餌をすると、ものすごいエサ取りが現れました。

タカベ

エサ取りの正体は、タカベです。なかなか厄介なエサ取りですが、塩焼きで美味しいので人気のお土産でもあります。

ロープ下

ロープ下の方でもタカベに苦戦しているようですが、一緒に上がった底物をしている人に良型の石鯛がヒットしているようです。

結局、上げ潮の時間帯でクロは2枚のみ、下げ潮になるとこの場所はダメになるということで瀬変わりです。

ブリ

瀬替わり中に、弱ってフラフラ泳いでいるブリを発見!すぐに玉網ですくいます。

ブリ

ジャンケンで勝って貰いました。

ウマズラ

次に上礁したのは、カモ瀬という本島の近く。ここも状況はあまり良くなさそうで、やっぱりエサ取りがいます。

アカハタ

状況が変わるまで、アカハタを釣ります。

オナガ

下げ潮に変わる頃、ようやくクロのアタリが出だします。ひったくるようなアタリをしてくれたコナガ

表彰式

表彰式では参加者全員に賞品が渡され、これでクロ釣りのシーズン終了となりました。

古志岐三礁(ラクダ瀬)、風とエサ取りに苦戦!

今年初の古志岐三礁への釣行です、北東のカドに3名、ラクダ瀬に2名上礁しました。潮は、長潮でゆるく上げの時間帯が長く釣れる予定だったのですが、

ラクダ瀬

ラクダ瀬に上がると先端は波がかぶっていて、前日からのウネリも残っている様子。下げの時間、撒き餌をするとエサ取りのアブッテカモがウジャウジャ、足元だけに巻いて先端の潮に仕掛けを乗せると、30センチ前後のクロがヒットしますが、

クロ

連発はせず、すぐに下げの時間帯は終了… 潮は完全に止まり、エサ取りも多く、ウネリもあり、風も吹き上げてきて、なんだかすごく厳しい状況になってきました。

上げの時間帯になってもまったく状況は変わらず、むしろ悪くなっている感じ、仕掛けを重くしてタナを変えても、アブッテカモをかわせず、

クロ釣り

たまに釣れる良型のクロに笑顔がこぼれるノリオ。これぐらいの型がずっと釣れてくれると楽しいのですが、

クロ爆釣

北東のカドに上がった3名は、下げの時間はダメだったようですが、上げに変わると爆釣モードに入ったようです。型は少し物足りない感じですが、これだけ釣れたら十分でしょう。

古志岐三礁(スベリ)で、良型クロ49センチ!

クロ

約1か月ぶりの釣行です。前日のウネリも残る中、えびす丸古志岐三礁(スベリ)へ4名で上礁することになりました。

デベソ

潮は朝から上げ潮なので、スベリでは良い時間帯からのスタートとなりました。3名は移動し、大型の出るポイントで竿を出しますが、サラシがかなりきつそうです。

クロ

釣る場所がないので、自分は船付に残って釣ることになりました。上げ潮の右流れに苦戦を覚悟していたのですが、意外と流れがゆるく風も弱くなったのでポツポツと釣り上げ、午前中だけでそこそこの良型のクロが17枚ほどに!下げ潮に変わった所で3人の様子を見に行きます。

クロ釣り

狭くて高い足場に2人、意外と苦戦しているようですが、

クロ釣り

それでも良型のクロは仕留めていました。

クロ

この日最大の49センチのクロを釣ったケンちゃん。

クーラー満タン

午後から更に良型のクロを追加し、合計24枚ほどでほぼクーラーが満タンとなり、前回に引き続きいい釣行となりました。

好釣果!10月の古志岐三礁(ロープ下)

約2か月ぶりの釣行となりました、古志岐三礁は実に半年ぶり!10月の古志岐三礁は毎年釣果がいいので期待しての出港です。瀬渡し船はいつものえびす丸です。

ロープ下へ上礁してすぐ上げ潮の時間でした、古志岐三礁ではこの時間がゴールデンタイムです。

良型のクロ

大潮だったので激流でしたが、うまく仕掛けが入れば良型のクロがヒットしてきます。そして、しばらくすると潮止まりとなり、状況が良くなっていきました。

クロ40センチオーバー

先端では地グロ、ワンド側ではオナガがヒットするようで、どんどんとサイズが良くなり、46センチ良型のクロをゲットします。

朝だけでこの釣果

2時間ほどでこの釣果!型が良いので、もう少しでクーラーが満タンになりそうです。

<我慢の釣り

しかし、下げ潮に変わると状況が一変、先端は強風で立っているのがやっとの状態、とても竿が出せる状態ではありません。

しばらく試行錯誤していましたが、釣れるのは、ナンヨウカイワリばかりになってきて、完全に魚種が変わってしまったようです。

好釣果

一緒に上がったマサくんも好釣果です!ヘタの瀬に上がった2名も好釣果だったようで、クーラーに入りきれないほどの数と、47センチの良型のオナガを仕留めていました。さすが古志岐三礁のポテンシャルの高さに驚きです。

40センチオーバーのクロが爆釣!

クロ40センチオーバー

古志岐三礁(こしきさんしょう)の「スベリ」に4人で上礁。
前回とまったく同じ場所です。

イサキとクロ

朝まずめからイサキとクロが型は小さいですが連発。

しばらくすると潮の流れが速くなり風も出て釣りにならない状態に…
とりあえず、隣で釣ってる「デベソ」へ歩いて移動。

良型のクロ

デベソ」に行くと良型のクロを楽しそうに釣っているところでした。

早速、せまい隣に入り込んで仕掛けを投入。

40センチのクロ

すると、速攻で40センチのクロがヒット!
上げ潮の時合い、チャンスタイムの到来です。

40センチオーバーのラッシュ

ここから40センチオーバーのクロの天国モード突入!

隣の「カンバン下」まで歩いて行った2人も呼び戻します。

交代してすぐにヒット!

交代してすぐにヒット!

4人全員並んで集中攻撃

4人並んで集中攻撃を開始!

クロ40センチオーバー

クロ40センチオーバー

クロ48.3センチ

40センチオーバーのクロが爆釣!

40センチオーバーのクロの爆釣モードに完全にはまりました!

入れ食い状態

昼過ぎから下げ潮に変わり釣果は落ちましたが、隣はまだまだ入れ食い状態。

昇り降り

でも、ここは昇り降りが大変でとても危険です。

いい釣行

結局、最大は48.5センチで、40センチオーバーは4人で30枚ぐらいは釣ったと思います。

クーラー満タンで終了、大満足の釣行となりました。

< おまけ >

【爆釣】40センチオーバーのクロが連発!

強烈に引いたきれいな尾長

サンノジ

強烈に引いたけど、見てがっかりしたサンノジ

中潮

この日は前日から雨が降って波は2メートル~2.5メートルとシケる予報でしたが、磯に上がってすぐに雨は止み、納竿までベタ凪ぎでした、やっぱり釣りは行ってみないと何が起こるかわからないですね…。

エサ取りと強風に苦戦、古志岐三礁(スベリ)

いい天気の釣日和です、えびす丸古志岐三礁(スベリ)に上がりました。

クロがヒット

この日は、中潮で朝から下げ潮が入り、激流で釣りにくい状態からのスタートとなります。何とか仕掛けが馴染めば、クロとイサキがヒットします。

クロがヒット

ケンちゃんはカメラを向けるとすぐに釣ってくれます。

しばらくして、青物が回遊してきたのでルアーを投げてみましたが、ダツしか釣れませんでした。青物が来るとクロは散ってしまい、エサ取りのタカベと急に変わった強風でどうにもならなくなってきました。

風裏へ移動

たまらず風裏へ移動します、足場が高い場所ですが午後からの上潮で良型が出る好ポイントでもあります。強風に苦戦しながらも、納竿前に潮が緩んだところでクロとイサキがバタバタっと釣れて終了となりました。

この日の最大クロ

この日の最大のクロです。ほとんどイサキばかりの釣果でしたが、久しぶりの釣りだったので楽しむ事ができました。