チャンスは来るか!?白瀬灯台の尾長チャレンジ

白瀬灯台

ミニ男女群島として人気の磯「白瀬灯台」へ尾長チャレンジしてきました。当日に予約を入れた渡船(浜本釣りセンター)では、すでに尾長チャレンジャーが数名いたので、最後の方に降ろしてもらった磯は「トウフ」。足場が良く快適ですが、果たして尾長に出会えるのでしょうか…

“チャンスは来るか!?白瀬灯台の尾長チャレンジ” の続きを読む

年末ジャンボ尾長チャレンジ!白瀬灯台(小白瀬・東の角)

釣り納めは、30日12時出航の31日2時までのロング釣行となりました。年末の天気としてはめずらしく非常に良い釣り日和で、釣り客が多く、上がるポイントも少ないということでしたが…

小白瀬・東の角

なんと向かった先は、想定外だった白瀬灯台、本島側は先日からのウネリがとれていなかったため上がるポイントがありませんでしたので、白瀬灯台(小白瀬・東の角)へ4名で上礁しました。

年末ジャンボ尾長チャレンジ!白瀬灯台(小白瀬・東の角)

撒き餌をするとたくさん魚が見え始め、期待は高まります。開始一投目からアタリがあり強烈な締め込みに耐えましたが、ラインブレイク。さらに2投目も瞬殺され、もうテンションはMAX状態。

年末ジャンボ尾長チャレンジ!白瀬灯台(小白瀬・東の角)

魚を掛けた瞬間からうまく体制を整え、瀬際の攻防に耐えれることができれば、40センチオーバーの良型オナガを仕留めることができました。

年末ジャンボ尾長チャレンジ!白瀬灯台(小白瀬・東の角)

潮が下げ止まりになると、魚は見えているに口を使ってくれない状態が続き、エサを途中で離したり針ハズレが続きましたが、ポツポツと釣り上げ夕まずめまでに10枚オーバーを達成。どれも良型で尾長は特に型が良く、ほとんどが40センチオーバーでした。

年末ジャンボ尾長チャレンジ!白瀬灯台(小白瀬・東の角)

夕まずめはパッとせず、夜釣りをする前に焼肉で宴会に。風が強くなり寒くなってきたので22時頃には、全員そのままテントの中に入ってしまいました。

年末ジャンボ尾長チャレンジ!白瀬灯台(小白瀬・東の角)

次の日も朝まずめから状況はほぼ同じで、風が少しありましたが、良型ばかりがヒットし更に数を追加していきます。

年末ジャンボ尾長チャレンジ!白瀬灯台(小白瀬・東の角)

前日から続き10枚近くの尾長をバラしながらも最大46センチの尾長を仕留めましたが、白瀬灯台にしてはまだまだのサイズ。

年末ジャンボ尾長チャレンジ!白瀬灯台(小白瀬・東の角)

良型でクーラーは満タンにすることはできましたが、あらためて巨大尾長を獲る難しさを痛感した釣り納め釣行となりました。

今回使用したタックル

ラストチャンス?梅雨グロ釣りたいから白瀬灯台

また白瀬灯台に行けるかも!?

ということで、あじか磯釣りセンターへ行ってきました。

帆上げ

しかし、この日は、釣り客の数がMAX状態で、五島列島の磯は、どこも一杯で上がれる所がない様子。
あっちこっち周りながら、少しずつ釣り客を順番に降ろしていきます。

…釣り客を降ろしはじめて1時間以上が経過し、ようやく自分達の番に、
目指すはもちろん白瀬灯台です。

白瀬灯台

そして、白瀬灯台へ!

が、上がれたのは横の小白瀬…(ここは前回釣れなかった場所。)
瀬泊で5名いることと、明日からの天候が良くない感じなのと、そしてこの釣り客の多さで仕方なかったのですが…

小白瀬

「今日は終わった、」という雰囲気の中、釣りがスタートします。
釣り始めるとすぐにエサ取りが湧き出します。正体はイスズミ、もう本当に最悪のパターンです。

磯釣り

今回初めて参加したハリマ、磯釣りするのが初めてで、しかも白瀬。
イスズミの猛攻に合い、クロを釣るのは難しいと判断した彼はルアーロッドで根魚狙いです。

小白瀬

全員で島の周りを探りますが、まったくダメな状態のまま夕まずめへ…

小白瀬

夕まずめにケンちゃんが40センチオーバーのクロを仕留めますが、この1枚止まりで後はすべてイスズミでした。結局、この日エサ取りの中から引きずり出せたクロは3枚だけ、もう酒飲んで寝て朝から瀬変わりするしかありません。

夜にカゴ釣り

みんなが寝たころにカゴ釣りをしてみましたが、イサキがポツポツと釣れるなか強烈なアタリを見せたのは、やっぱりイスズミ…もう無駄な体力は使うまいと、すぐに寝ました。

朝一で瀬変わり

瀬変わりしても、状況は同じ。赤いお土産を増やして納竿です。

40センチオーバーのアカハタ

40センチオーバーのアカハタは少し嬉しかったですが。


アカハタの刺し身

アカハタの刺し身

当日にクロの刺し身と食べ比べると、クロの方が脂がのって美味しく感じるのですが、1日寝かせたアカハタの身は、熟成されて甘みが増していました。皮は湯引きすると歯ごたえがありうまいです。

一夜干し

一夜干し

小型の魚(イサキ・アカハタ・カワハギ・アラカブ・クロ)は、すべて一夜干しに。
軽く塩を降って、扇風機で一気に水分を飛ばします。

この時期が熱い!?白瀬(トウフ)のクロ釣り

白瀬のトウフ

夜中に上五島は白瀬灯台トウフに到着、正面にユウレイ中バエが並ぶ白瀬でもクロ釣りのA級ポイントです。
夜はカゴ釣りをしましたが、イサキの小さいのが釣れる程度。根がかりしたので、フカセにチェンジして夜明けを待ちます。

朝マズメに2連発バラし

夜からのフカセでハリスを6号と男仕掛けだったのですが、食わないので3号に交換。
すると、竿を引ったくるアタリがきましたが、即効で切られました。

明るくなって、よく見てみると足元は瀬が張り出しています。

白瀬(トウフ)

横から竿を海面へ突っ込み強引に引き抜けれたクロだけ捕ることができましたが、大きいサイズはなかなか手強く切られてしまいます。しかも1枚釣るごとにハリスはガサガサです。

クロ

それでも釣れるクロは良型ばかり。(35~40センチぐらいがレギュラーサイズでした。)

白瀬でバリ

なぜかバリもいました、しかも大きい、

上げ潮で入れ食いモード

この日は昼までずっと下げ潮で、食いはそんなに良くなかったのですが、昼過ぎの上げ潮に変わるぐらいで、入れ食いモードに突入。14時の回収だったので、ハリスがガサガサになり、バラそうが関係なく食ってくるクロを釣りまくりました。

クーラー満タン

トウフは、周辺は沈み瀬だらけで、足元にも瀬が張り出しており、水深も浅いので釣るのが難しいと船長も言われていた通り、結構バラシが多かったですが、十分に白瀬を楽しめました。

あと、トウフはツルツル滑るので注意が必要です。(何回もコケました…)

白瀬灯台で産卵直後のクロを狙う

今回は、丸銀釣りセンターミニ男女群島と呼ばれている白瀬灯台へ釣行です。

潮も天気も抜群に良く、絶好の釣り日和となりましたが…

朝まずめ

上がった磯は、小白瀬・東の角
仕掛けを用意しているとすぐに朝まずめ、朝日がとてもきれいでした。

イスズミ

2投目できたのが50センチはありそうな巨大イスズミ
この日買って初めて使うアテンダーⅡ1.25号が強烈に曲がしました。最初の魚がクロじゃなく残念…

強烈なしめこみ

おっと、ケンちゃんの竿もかなり曲がってます!

アオブダイ

これはまた巨大アオブダイでした。60センチはありそうです…

小白瀬の南側

なかなかクロの姿を見ません、このあたりから、段々と嫌な予感がしてきます。
潮もまったく動かず、エサ取りが増え、海の雰囲気が変わってきました。

たまらず、他の瀬の状況を歩いて偵察に…

小白瀬南西のハナレ横

小白瀬南西のハナレ横
エサ取りがたくさん見えますが、状況は悪いようです。

小白瀬南西のハナレ

小白瀬南西のハナレ

小白瀬水道のトーフ

小白瀬水道のトーフ
何か釣った直後だったようですが、イシダイでしょうか。

小白瀬水道の中央

小白瀬水道の中央

本島東のカイダン

本島東のカイダン
ここもイシダイが釣れているのを見ました。

どうやらクロの気配がまったくないようです…

ユウレイと中バエ

こうなると瀬替わりしかありません。

ユウレイと中バエに直行、しかし、タイミングが悪く他の船が釣客を降ろしたばかり。

白瀬本島の北側

仕方なく上がった瀬(白瀬本島の北側かな)
かなり深さはありそうです、仕掛けもだいぶ入りそうなので全誘導で探っていきます。

イサキ釣り

潮は右に多少動いていますが当て潮ぎみでとても釣りにくい、しかも釣れるのは深いタナでイサキ

イサキの下処理

イサキも連発せず、反応もイマイチ。気分転換にイサキの下処理をやったりしてました。

ウロコを取ったクロ

そんな悪状況の中、奇跡的に1枚だけ釣れた足の裏サイズのクロはケンちゃんが釣りました。
結局、白瀬に上がった釣客の中でクロが釣れたのはこの1枚のみ。

イシダイ

この日、嬉しいお土産となってくれたイシダイ
強烈に引きましたが、またイスズミだろうと思っていたので嬉しい1枚。

白瀬灯台

さよなら白瀬、クロは産卵直後でお休みしているのでしょう、時期が悪かったようですね。