岐志の筏で、ファミリーフィッシング+夏チヌ

旭星釣りセンター船のりば

夏休み最後の日曜日に、子ども達も釣りを楽しめる筏釣りに行ってみました。岐志漁港の「旭星釣りセンター船のりば場所はこちら)」からカキを養殖する筏に渡してもらいます。(大人:3,000円、子ども:1,000円)

岐志のイカダ

そこそこ釣り客がいたので、上がったのは一番最後の7番の筏。大人はダゴチンでチヌを、子どもはサビキでアジを狙います。狙うポイントは筏と筏の間で、チヌは日が出ると食いが悪くなるそうですが…

岐志のイカダで

釣りを始めると、いきなりアジの入れ食いモード。20センチぐらいのアジを子ども達は楽しそうに釣りまくりますが、大人たちは絡まったのを外すのを手伝ったりと忙しそう…

キーパーサイズのクロ

ダゴチンではエサ取りの活性が高く苦戦している中、サビキでキーパーサイズのクロを仕留められ、

イシガキダイ

さらにイシガキダイまでも… 今日の釣りボーイは絶好釣です。

岐志のイカダで

完全に子ども達に釣り負けていると、ケンちゃんが大人の意地を見せつけます。魚の強烈な引きに竿がきれいに曲がり込む姿は子ども達の注目の的。

コショウダイ

しかし、上がってきたのはコショウダイ。本命のチヌではありませんでしたが、良型の珍しい魚でケンちゃんパパの見せ場は作れたようです。

岐志のイカダ

ダゴチンでエサ取りのアタリしか取れなかった自分は、しびれを切らしフカセにチェンジ。遠投で沈め全層釣りで探ってみるとエサ取りもそれほど激しくなかったので、エサをボイルにして海底付近を這わせているとラインに怪しい反応が。ゆっくり竿にきいてみるとズッシリとした重量感!

岐志のイカダ

やりました、軽く45センチオーバーはありそうな本命のチヌです。十分に引きを楽しんだ後、完全に浮かせて油断していたところ、牡蠣棚に突っ込まれた時にできたキズがもとでラインブレイクとなり、おチヌ様にはそのままお帰りになってもらいました…

盆休み、大雨のダゴチン釣り(鷹島)

天気予報は雨。まだまだ暑い日が続く盆休みのシーズンですが、鷹島の筏へダゴチン釣りに行ってきました。

盆休み、大雨のダゴチン釣り(鷹島)

先客がいたので、今回は前回のとなりの屋根付き筏に上がりました。船長の話ではこちらの筏にはクロがいないそうで、アジかイサキまたはその他の大物をダゴチンで狙います。

盆休み、大雨のダゴチン釣り(鷹島)

目の前にはマグロの養殖筏が。フカセで筏付近を狙ってみたら面白そうですが、

しばらくすると大雨になり、イカダを揺らすほどの強風も吹き始めます。真夏だとは思えないほど寒くなってきました。

盆休み、大雨のダゴチン釣り(鷹島)

アジは、20~25センチほどのサイズがサバが混ざりながらも連発。

<img src="http://www.daino.jp/wp-content/uploads/4910.jpg" alt="盆休み、大雨のダゴチン釣り(鷹島)" width="960" height="593" class="alignnone size-full wp-image-3519" />

ここもかなりの水深があるので、ダンゴを落としても底に着くのに時間がかかります。

盆休み、大雨のダゴチン釣り(鷹島)

そういう場所なので、魚影も濃く色んな魚が姿を見せてくれます。

イトヨリ

深い所にいる魚、イトヨリ

トラギス

定番のトラギス

真鯛

真鯛、小さいですが潮が動き出したときに連発しました。

大物はきませんでしたが、魚のアタリはずっと続いていたし、のんびりと涼しく楽しく釣りができました。

夏は屋根付き筏でダゴチン釣り(鷹島)

夏は屋根付き筏でダゴチン釣り(鷹島)

あっという間に梅雨グロシーズンも終わり、まだまだ尾長が釣りたかったのですが、この猛暑では磯は地獄と化すので、少しでも快適な釣りをしようと、鷹島の屋根付き筏に行ってきました。

夏は屋根付き筏でダゴチン釣り(鷹島)

情報ではイサキがポツポツと出ているようで、水深20メートル以上ある深場を狙います。朝マズメでケンちゃんが竿を曲げますが、何かわからないまま痛恨のバラシ。

夏は屋根付き筏でダゴチン釣り(鷹島)

続いて自分にヒットしたのは、まさかの尾長(38センチ)。強烈な引き味で楽しませてくれましたが、これ以降は尾長の姿を見ることはありませんでした。

夏は屋根付き筏でダゴチン釣り(鷹島)

ここの筏と浮き堤防の間には型の良いクロが居ついていて、何とかして釣りたいのですが、なかなか賢いので一定の距離を保ったままこちらに近づいてくることはありません。

夏は屋根付き筏でダゴチン釣り(鷹島)

ハリマが釣ったイサキの40センチ。船用サビキ仕掛けで一気に底まで落として仕留めていました。

夏は屋根付き筏でダゴチン釣り(鷹島)

屋根なしの方でルアーを投げてみますが何も反応なく、2~3投すると汗だくになり、すぐに屋根付きに避難。環境は快適なダゴチンですが、チャリコ・ベラ・トラギスなどなど、エサ取りの猛攻が激しく大きなアタリがありません。

磯でフカセをしていた人は、足の裏サイズのクロを7~8枚釣っていたようですが、あまりの暑さで昼には納竿していました。

まだまだ今からが夏本番、もう少しダゴチン釣りを楽しみたいと思います。

今回使用したタックル

イカダでタコ?鷹島の筏でダゴチン釣り

鷹島の筏

暑いけど釣りがしたい、そんな時は屋根付きの筏でまったりとダゴチン釣りがいいかもと思い、鷹島の筏へ行ってきました。

黄色の浮き堤防のところにある筏は、水深が20~30メートルと深くイサキが回遊してくるそうで、最近の釣果はイサキの40センチオーバーが当たっているとのこと。

鷹島の筏

海を覗いてみると、エサ取り(クロ・アブッテカモ・アジ)が大量にいます。

チャリコ

さっそくダンゴを投入してみると、エサ取りがダンゴを突きまくり、ダンゴが割れた瞬間に喰ってきます。底付近で掛かるのはほとんどがチャリコ、少し上でアジという感じでした。チヌはもちろんイサキもいない様子…

クロ

ダンゴを柔らかくすると、手のひら強サイズのクロが途中でダンゴを割って掛かってきます。

鷹島の筏

バッチリ合せが決まりこれは型が良さそう、よく引いて楽しそうです。

鷹島の筏

しかし、バリでした… しかも良型。

タコの日

ダンゴが割れる前にズンッと重くなったので、合わせてみるとなかなかの重量感、しかしまったく引かないので何だろうと思っていると、良型のタコ…。イカダでタコを釣るとか何かややこしい話ですが、良いお土産になるかと思いとりあえずシメます。(シメ方がわからなかったので、ナイフで刺しまくってズタズタです…)

8月8日はタコの日?

あとから知ったことですが、この日は8月8日タコの日だったそうで、ある意味一番いいお土産を釣ったのか??

鷹島の筏

屋根付きなので油断していましたが、照り返しがあるのでバッチリ日焼けしてました…。

タコの刺身

タコの刺身

タコは、下処理が意外と大変ですが、茹でて刺身にすると普段食べているタコより弾力があり味も美味かったです。また釣れることがあったら是非持ち帰りたいと思いました。

今回使用したタックル