クロのノッコミ絶釣期?なの??

先週の釣行で、来週の予約をしないで帰ったえびす丸は、今週はなんと予約がいっぱいで乗ることがでないとのこと!どうしても釣りに行きたい病気の男3人は、あじかへ向かいます。

美良島(ヘリコプター)

夜中に上礁したのは、美良島(ヘリコプター)、とりあえず夜釣りはまったく反応無し、少し仮眠して朝マズメに準備します。

お腹がパンパンの良型のクロ

朝からゆったりと動く潮の中を探っていると、白子を吹いているお腹がパンパンの良型のクロがヒット!続いて強烈なアタリがありましたが道糸から瀬切れしてしまいました。この磯は沈み瀬があり、ここのクロはそれを良く分かっているようです、型の良いやつはとにかくよく突っ込みます。

とてつもない大物

どうやらケンちゃんがとてつもない大物を掛けたようです。

巨大イスズミ

黒々とした巨大イスズミでした、残念…

釣日和

なかなか連発しない、潮の動きもぱっとしない、今年初めての天候が良い釣日和だったのに、ただ時間だけが過ぎていきます。もったいない…

良型がヒット

納竿間近で、潮が動き出し良型がヒットしだすという、釣りあるある…。

3人ともなんとか40センチオーバーは仕留めましたが、数がまったくダメ(3人とも2桁いかず)でした。先週のリベンジでクーラー満タンにする予定でしたが、返り討ちにあってしまいまいた。ただ、腹がパンパンだったので今がクロのノッコミ絶釣期かな…?

沖黒瀬(西側)・美良島(北の鼻)

沖黒瀬(西側)

梅雨クロ前の五島列島へ1泊2日の瀬泊釣行です。初日は、最近はなかなか上がれない「沖黒瀬(西側)」へ上がりました。

沖黒瀬(西側)

雰囲気は良かったのですが、釣れるのは小型のクロばかり、

沖黒瀬(西側)

小型のクロばかりが続き、だんだんモチベーションが下がっていく人達…

こうなると夜をどうやって快適に楽しくすごすかを考え出すのですが、周りを散策するとゴミや腐ったオキアミ臭がすごく、快適な夜が過ごせないことに不安が集中してしまいます。

美良島(北の鼻)

瀬変わりすることにあじかの船長も驚いた様子でしたが、魚が小さいならせめて快適な場所で夜を過ごしたいと足場がものすごく良い「美良島(北の鼻)」へ移動。夕マズメに賭けます。

美良島(北の鼻)

夕マズメに若干サイズが上がりますが、40センチを超えるほどの良型は結局きませんでした。

夜は、モツ鍋で酒盛りして夜釣りをすることなく爆睡。
蚊がいるのに対策なしで無防備に寝てしまったハリマは、蚊に70箇所以上も刺されていました…

美良島(北の鼻)

朝マズメは、もちろん小さかったです。