ラストチャンス?梅雨グロ釣りたいから白瀬灯台

また白瀬灯台に行けるかも!?

ということで、あじか磯釣りセンターへ行ってきました。

帆上げ

しかし、この日は、釣り客の数がMAX状態で、五島列島の磯は、どこも一杯で上がれる所がない様子。
あっちこっち周りながら、少しずつ釣り客を順番に降ろしていきます。

…釣り客を降ろしはじめて1時間以上が経過し、ようやく自分達の番に、
目指すはもちろん白瀬灯台です。

白瀬灯台

そして、白瀬灯台へ!

が、上がれたのは横の小白瀬…(ここは前回釣れなかった場所。)
瀬泊で5名いることと、明日からの天候が良くない感じなのと、そしてこの釣り客の多さで仕方なかったのですが…

小白瀬

「今日は終わった、」という雰囲気の中、釣りがスタートします。
釣り始めるとすぐにエサ取りが湧き出します。正体はイスズミ、もう本当に最悪のパターンです。

磯釣り

今回初めて参加したハリマ、磯釣りするのが初めてで、しかも白瀬。
イスズミの猛攻に合い、クロを釣るのは難しいと判断した彼はルアーロッドで根魚狙いです。

小白瀬

全員で島の周りを探りますが、まったくダメな状態のまま夕まずめへ…

小白瀬

夕まずめにケンちゃんが40センチオーバーのクロを仕留めますが、この1枚止まりで後はすべてイスズミでした。結局、この日エサ取りの中から引きずり出せたクロは3枚だけ、もう酒飲んで寝て朝から瀬変わりするしかありません。

夜にカゴ釣り

みんなが寝たころにカゴ釣りをしてみましたが、イサキがポツポツと釣れるなか強烈なアタリを見せたのは、やっぱりイスズミ…もう無駄な体力は使うまいと、すぐに寝ました。

朝一で瀬変わり

瀬変わりしても、状況は同じ。赤いお土産を増やして納竿です。

40センチオーバーのアカハタ

40センチオーバーのアカハタは少し嬉しかったですが。


アカハタの刺し身

アカハタの刺し身

当日にクロの刺し身と食べ比べると、クロの方が脂がのって美味しく感じるのですが、1日寝かせたアカハタの身は、熟成されて甘みが増していました。皮は湯引きすると歯ごたえがありうまいです。

一夜干し

一夜干し

小型の魚(イサキ・アカハタ・カワハギ・アラカブ・クロ)は、すべて一夜干しに。
軽く塩を降って、扇風機で一気に水分を飛ばします。

シーズン突入!古志岐三礁(ワンド)でクロ釣り

台風の影響で、ほぼ釣行を諦めていたのですが、「風はややあるが、波は2メートルほど」というえびす丸の情報により、五島列島は古志岐三礁へ釣行することになりました。

釣金中

朝の便で、釣り客は6名と少なかったのですが、夜の便で来ていた人達とシケの具合から上がれるポイントは「ヘタの瀬」「ラクダ瀬」「ワンド」と、限られていました。どの瀬も状況は厳しそうな感じでしたが、シケた時は釣果が良かった過去の記憶から「ワンド」に2名で上がることになりました。

尾長

ワンドは、サラシが出ている時がいいので、早速サラシの中に仕掛けを入れ込むと、良型オナガがヒットしました。

釣金中

足場が高くウネリもあるので玉網を使っての取り込みがなかなか大変です。ハリスを太くして40センチ以下は抜き上げた方が楽です。

45センチの地グロ

潮止まりになるまでアタリは止まることなく、ケンちゃんは本日最大の45センチをゲット!クロの反応がなくなると、最近人気のアカハタ釣りに竿を持ち替え、

アカハタ

ワームアカハタをゲット、うれしいお刺身サイズです。ワームでアタリが悪い時は、イカの切り身を使い、ブラクリ仕掛けで探ると、アカハタ・アラカブ・ウマズラハギ・イシガキダイ・カンダイなどなど、秋磯らしく色んな魚が釣れます。

カンダイ

強烈な引きを見せてくれたカンダイは、最初はメスで大きくなるとコブができてオスになりコブダイと名前が変わる魚らしいです。

釣金中

潮が動き出すと、またクロの時合になり、更にクロの数を増やしていきます。

釣金中

あっという間にクーラーは満タン、久々の釣行でしたが良い釣りができました。これから本格的にクロ釣りシーズンの突入となりそうです。

タカベだらけの古志岐三礁、瀬替わり中に大物ゲット!?

久しぶりの五島列島は、古志岐三礁で新友会クロ釣り大会(第20回記念大会)に参加しました。えびす丸で上礁したのは、ロープ下横

ロープ下横

さっそく撒き餌をすると、ものすごいエサ取りが現れました。

タカベ

エサ取りの正体は、タカベです。なかなか厄介なエサ取りですが、塩焼きで美味しいので人気のお土産でもあります。

ロープ下

ロープ下の方でもタカベに苦戦しているようですが、一緒に上がった底物をしている人に良型の石鯛がヒットしているようです。

結局、上げ潮の時間帯でクロは2枚のみ、下げ潮になるとこの場所はダメになるということで瀬変わりです。

ブリ

瀬替わり中に、弱ってフラフラ泳いでいるブリを発見!すぐに玉網ですくいます。

ブリ

ジャンケンで勝って貰いました。

ウマズラ

次に上礁したのは、カモ瀬という本島の近く。ここも状況はあまり良くなさそうで、やっぱりエサ取りがいます。

アカハタ

状況が変わるまで、アカハタを釣ります。

オナガ

下げ潮に変わる頃、ようやくクロのアタリが出だします。ひったくるようなアタリをしてくれたコナガ

表彰式

表彰式では参加者全員に賞品が渡され、これでクロ釣りのシーズン終了となりました。