大時化の古志岐三礁(ラクダ瀬)に落としたクーラー

梅雨クロ狙いだったこの日は、少々シケていて風もありましたので、十分注意するように船長に言われながらラクダ瀬に上礁。

ラクダ瀬

ラクダ瀬は、足場が悪く荷物の置き場所を考えなくてはなりません。しかも二人で夜から上がったので暗くてなかなか思うように動けず、船長に裏側に荷物は置かないようにと言われていたのですが、しかたなくクーラーを置いてしまいました。結果、朝になり明るくなった頃にはクーラーがないことに気づきショックでしばらく立ち直れませんでした。

巨大イスズミ

気を取り直して釣りに集中しますが、巨大イスズミ

巨大アオブダイ

クーラー(シマノ クーラーボックス フィクセル リミテッド 300 HF-030N ピュアホワイト)の分取り返そうと頑張るが、巨大アオブダイ… 今日は本当にすべてが悪い日のようです。

ラクダ瀬

そうこうしていると海の状況もどんどん悪くなり、巨大なサラシで仕掛けがまったく馴染めません。

ケンちゃんが釣っている仕掛けを参考に、重い仕掛けに変え、何とか刺し餌を入れ込むと良型のクロがヒット!その後、クロを数枚仕留めたところで納竿となりましたが、クーラーも含めライトとか小物もいろいろ海に落としてしまったので、辛い釣行となってしまいました。

古志岐三礁(ラクダ瀬)、風とエサ取りに苦戦!

今年初の古志岐三礁への釣行です、北東のカドに3名、ラクダ瀬に2名上礁しました。潮は、長潮でゆるく上げの時間帯が長く釣れる予定だったのですが、

ラクダ瀬

ラクダ瀬に上がると先端は波がかぶっていて、前日からのウネリも残っている様子。下げの時間、撒き餌をするとエサ取りのアブッテカモがウジャウジャ、足元だけに巻いて先端の潮に仕掛けを乗せると、30センチ前後のクロがヒットしますが、

クロ

連発はせず、すぐに下げの時間帯は終了… 潮は完全に止まり、エサ取りも多く、ウネリもあり、風も吹き上げてきて、なんだかすごく厳しい状況になってきました。

上げの時間帯になってもまったく状況は変わらず、むしろ悪くなっている感じ、仕掛けを重くしてタナを変えても、アブッテカモをかわせず、

クロ釣り

たまに釣れる良型のクロに笑顔がこぼれるノリオ。これぐらいの型がずっと釣れてくれると楽しいのですが、

クロ爆釣

北東のカドに上がった3名は、下げの時間はダメだったようですが、上げに変わると爆釣モードに入ったようです。型は少し物足りない感じですが、これだけ釣れたら十分でしょう。

古志岐三礁(ラクダ瀬)の湧きグレ

えびす丸で、古志岐三礁(ラクダ瀬)に上がりました。この磯は、古志岐三礁の中でもA級ポイントですが、足場が非常に悪く、良く道具や小物を海に落としてしまう磯でもあります。

湧きグレ

先端では、すごいサラシができ、激流のように流れています。その潮に仕掛けを入れて沖に流すことができれば、クロがヒットしてきます。

湧きグレ

湧きグロがいます。これも古志岐三礁ではよく見る光景です。いつも遠投しても届かないところに発生します。一体何匹いるのでしょうか…