シーズン終盤の黒母瀬と古志岐三礁(ロープ下)

クロ釣りシーズンも終盤ですが、久々の4名で古志岐三礁へ行ってきました。大潮で下げ潮の時間帯が長い釣りとなるので古志岐三礁でのポイント選びに悩むところですが、

黒母瀬

船長(えびす丸)の「黒母瀬」押しが強かったので、2名ずつに分かれて「黒母瀬」と「古志岐三礁(ロープ下)」へ上礁することとなりました。

良型のオナガ

朝マズメは上げ潮からのスタートとなりましたが、潮が早い上に複雑な潮で悩まされ仕掛けがうまく馴染めず出遅れたスタートとなってしまいました。となりで釣っていたマサくんは良型を連発。

チヌ(40センチ)

潮が少し緩んだところで、やっと思うように仕掛けを送り込めたと思ったらチヌ(40センチ)… 真鯛がいると聞いていたのですが黒い方でした。

腹パンの口太

その後、ポツポツとクロの数も伸ばし、やっと仕留めた40センチオーバーは、重量感たっぷりの腹パンパンの口太でした。お腹が大きすぎてデッカイ金魚みたい。

黒母瀬

下げ潮に変わると状況は一変、アタリはまったくなくなり、エサも取られない状況になってしまいました、

一方、ケンちゃんは…

古志岐三礁(ロープ下)

古志岐三礁(ロープ下)で、難しい大潮の激流を攻略して良型を仕留めていました。

古志岐三礁(ロープ下)

磯釣り修行中のハリマも複雑な潮流の中、頑張ってクロを掛けていたようです。下げ潮になるとこちらもアタリが悪くなったようですが、バラすような大物もいたようです。

黒母瀬

黒母瀬ですが、クロの反応は完全になくなり、仕掛けをタナ深くまで送り込むとたまにイサキがヒットする程度。

納竿1時間前、諦めかけていた時にラインが走るアタリがあり、合わせるとドッシリとした重量感と久々の強い引き、ここまでクロの姿を見てない時間が長かったので、もしかしたらと思ったらやっぱりこの御方でした、

チヌ50センチ

本日2枚目のおチヌ様、しかもサイズアップの50センチ。

今年は本格的なチヌ釣りに突入する前にすでに40センチオーバーはこれで3枚目、次の釣行は恐らくチヌ釣りなので大爆釣の前兆なのか、それとも… 次回のチヌ釣りが期待と不安で楽しみです。

黒母瀬の釣果

思ったほど釣果は伸ばせませんでしたが楽しい釣りはできました。ヘタの瀬では巨大真鯛が釣れていました。

えびす丸(この日の釣果:http://www.ebisu.fishing/news/914/


クロの焼き白子

クロの焼き白子

腹パンだったクロには白子がたっぷりと入っていました。苦手な人もいるようですが、これを捨てるのはもったいない!

クロの焼き白子

取り出した白子は、食べる前まで日本酒に漬けておきます。

クロの焼き白子

アルミホイルに包み、オーブンで10分ほど焼けばできあがり、バーナーで焦げ目を付けてポン酢とネギでいただきます。まったりと濃厚な味で釣り人にしか味わえない贅沢な逸品です。※超プリン体ですので色んな数値が上がると思います、食べ過ぎ注意。


今回使用したタックル

悪状況の中での古志岐三礁(ロープ下)の貴重な40センチオーバー

今年は、週末になるたびに天候が悪くなりなかなか釣行できずにいましたが、もう我慢ができなくなった2人が、シケの予報の中、古志岐三礁へ強行することになりました。

悪状況の中での貴重な40センチオーバー

朝から、波高3メートル・風10メートル以上という状況の中、「ロープ下」へなんとか上がらせてもらいました。

悪状況の中での貴重な40センチオーバー

えびす丸の船長に、先端に出ないように十分に注意されたとおり、瀬の半分は、波をかぶりまくり何度もバッカンを流されそうになりました。

悪状況の中での貴重な40センチオーバー

しばらく釣りになりそうにないなあと考えていると、ケンちゃんに強烈なアタリが…

48センチのクロ

なんと、いきなりの48センチの口太!
テンションが上がりましたが、連発せずしばらく風とサラシに苦戦させられます。

悪状況の中での貴重な40センチオーバー

少しずつですが風とサラシが弱まってきたころ、今度はエサ取り(アブッテカモ)が大量に発生。クロのアタリも渋くなかなかイメージ通りの釣りができません、そんな悪状況の中でもこの日のケンちゃんの仕掛けは絶妙にマッチしていて、むき身を使いクロだけを仕留めていました。

悪状況の中での貴重な40センチオーバー

一人で20枚ほど釣り上げたケンちゃん、

47センチ

アブッテカモに苦しめられましたが、なんとか47センチ口太をゲット。

今回の釣行は、荒れると分かっていながら強行したので、イマイチの釣果はしょうがないですが、エサ取りの多さとクロの型が小さかったのは想定外でした、まだまだ寒グロは遅れてるのでしょう、できるだけ早く再釣行(リベンジ)したいです。


アブッテカモの塩焼き

アブッテカモの塩焼き

今回非常に苦しめられたアブッテカモは、何を食ってるか調査をするために持ち帰って塩焼きにしてみました。胃の中には、ボイルから隣の瀬のマキエまで入ってました。モチモチした身は、酒の肴に最適です。


クロの皮付しゃぶしゃぶ

クロの皮付しゃぶしゃぶ

皮付きでしゃぶしゃぶに、ポン酢で柚子胡椒が旨いです。脂ののりがイマイチでしたが、白子が少し入ってきてたので、もっと脂がのってくるのは今からでしょうか、

好釣果!10月の古志岐三礁(ロープ下)

約2か月ぶりの釣行となりました、古志岐三礁は実に半年ぶり!10月の古志岐三礁は毎年釣果がいいので期待しての出港です。瀬渡し船はいつものえびす丸です。

ロープ下へ上礁してすぐ上げ潮の時間でした、古志岐三礁ではこの時間がゴールデンタイムです。

良型のクロ

大潮だったので激流でしたが、うまく仕掛けが入れば良型のクロがヒットしてきます。そして、しばらくすると潮止まりとなり、状況が良くなっていきました。

クロ40センチオーバー

先端では地グロ、ワンド側ではオナガがヒットするようで、どんどんとサイズが良くなり、46センチ良型のクロをゲットします。

朝だけでこの釣果

2時間ほどでこの釣果!型が良いので、もう少しでクーラーが満タンになりそうです。

<我慢の釣り

しかし、下げ潮に変わると状況が一変、先端は強風で立っているのがやっとの状態、とても竿が出せる状態ではありません。

しばらく試行錯誤していましたが、釣れるのは、ナンヨウカイワリばかりになってきて、完全に魚種が変わってしまったようです。

好釣果

一緒に上がったマサくんも好釣果です!ヘタの瀬に上がった2名も好釣果だったようで、クーラーに入りきれないほどの数と、47センチの良型のオナガを仕留めていました。さすが古志岐三礁のポテンシャルの高さに驚きです。

古志岐三礁のロープ下へリベンジ!

2011年最後の釣り納め、いつもの古志岐三礁です。
宇久島えびす丸は大晦日ということもあり釣り客が少なく10人程度。

めずらしくどこでも選んで上がれるという状況で、あえて前回釣果の悪かった「ロープ下」へリベンジすることに!

潮見表

潮も前回と同じ。

ロープ下

風はそれほどなく今回は良さそうと思ったのですが、海水を触ってみると水温がまだ高い、

案の定、エサ取りがウジャウジャ発生…

エサ取りは、アブッテカモとイスズミのようで、
しばらくすると風が吹き出して前回とまったく同じ状況に…

最悪です…

風とエサ取りをかわす

それでも何とか風とエサ取りをかわしながら厳しい釣りをしています。

昼すぎ、風はまったくやみませんが、潮がゆるく変化。
エサ取りをうまくかわせれば、ポツポツとクロが釣れ始めます。

地グロ

型も前回と同じで小さい、平均で35センチ弱でしょうか…

奇形のクロ

途中で釣れた奇形のクロ。

結局、前回より数枚多くは釣れたのですが、型が小さく状況も悪かったので微妙なリベンジとなってしまいました。

今年、好釣の古志岐三礁のロープ下へ

いつもの宇久島えびす丸で釣行です。

釣り客が30名以上いたのですが、ケンちゃんの人望で今年釣果の良い「ロープ下」に上がることができました!

潮見表

潮も上げの時間帯をたっぷり釣れます。

ロープ下

しかし…

海はシケてます、予報と少し違うようです。

ロープ下

風を真横からまともに受け、エサ取りと戦い、波を頭からかぶったりと、
とても釣りをするのが辛い状況になってきました。

古志岐三礁 ロープ下

風でフケ糸を取られないように、そしてエサ取りをうまくかわして流せば、イスズミにまじりながらもクロは釣れるようですが、残念ながら型が小さい…

イスズミ

終盤で大型がヒットしましたが、まさかの巨大イスズミでした…

そして、この後頭から波をかぶり完全にやる気を失います。

釣果

釣果は3人で16枚でした。

ケンちゃんはこの厳しい状況の中一人で10枚釣りました!(さすがです)