シーズン突入!古志岐三礁(ワンド)でクロ釣り

台風の影響で、ほぼ釣行を諦めていたのですが、「風はややあるが、波は2メートルほど」というえびす丸の情報により、五島列島は古志岐三礁へ釣行することになりました。

釣金中

朝の便で、釣り客は6名と少なかったのですが、夜の便で来ていた人達とシケの具合から上がれるポイントは「ヘタの瀬」「ラクダ瀬」「ワンド」と、限られていました。どの瀬も状況は厳しそうな感じでしたが、シケた時は釣果が良かった過去の記憶から「ワンド」に2名で上がることになりました。

尾長

ワンドは、サラシが出ている時がいいので、早速サラシの中に仕掛けを入れ込むと、良型オナガがヒットしました。

釣金中

足場が高くウネリもあるので玉網を使っての取り込みがなかなか大変です。ハリスを太くして40センチ以下は抜き上げた方が楽です。

45センチの地グロ

潮止まりになるまでアタリは止まることなく、ケンちゃんは本日最大の45センチをゲット!クロの反応がなくなると、最近人気のアカハタ釣りに竿を持ち替え、

アカハタ

ワームアカハタをゲット、うれしいお刺身サイズです。ワームでアタリが悪い時は、イカの切り身を使い、ブラクリ仕掛けで探ると、アカハタ・アラカブ・ウマズラハギ・イシガキダイ・カンダイなどなど、秋磯らしく色んな魚が釣れます。

カンダイ

強烈な引きを見せてくれたカンダイは、最初はメスで大きくなるとコブができてオスになりコブダイと名前が変わる魚らしいです。

釣金中

潮が動き出すと、またクロの時合になり、更にクロの数を増やしていきます。

釣金中

あっという間にクーラーは満タン、久々の釣行でしたが良い釣りができました。これから本格的にクロ釣りシーズンの突入となりそうです。

古志岐三礁で梅雨グロ

40センチ前後

今回は、古志岐三礁で、とある釣りクラブの大会に参加しました。

場所決めの抽選で、クジ運がなかなか良かったのか、ゴールデンウィークに上がった場所と同じA級ポイントの「北東のカド」に上がることが出来ました。(実際には先端に2人いたのでワンド寄りになりましたが)

クロがヒット

早速ケンちゃんがヒット!

北東のカドのワンド側

向かいの「ワンド」もいい感じです。
いつも、ワンドはサラシがないと全然ダメなのですが、梅雨グロはベタ凪でも関係ないようです。

次々とヒット

ゴールデンウィークのうっぷんを晴らすかのように次々とヒットさせます。
この時期のオナガは小さくても、とにかくよくヒキます。

次々とヒット

またヒット!おっと、これは大きいか!?
古志岐三礁ではあまり使うことがない全誘導釣法が今回は完全にハマっているようです。

またヒット

しかし、ここは瀬がせり出しているため、大型のオナガを掛けるとバチバチ切られてしまいます。
ここで何度切られたことか…(3号ハリスじゃダメそう…)

40センチ前後

平均して40センチ前後が多いようです。

好釣果

結構釣れましたね、2人で24枚は好釣果です。

大会の結果ですが、ケンちゃんがクロの2枚長寸で、1位こそ逃しましたが、みごと2位入賞、他魚の部合せて、なんと総合優勝しちゃいました。
しかも、余った賞品をみんなでクジ引きしたら、ケンちゃんが一番いいのを当てて、賞品総取りです。すごい…