初釣りは、馬渡島(白岳)に寒グロ釣行

やっと週末の天気が良くなり、初釣りに行けそうな所を探すと馬渡島のクロの釣果がなんとなく良さげだったので、金盛丸で馬渡島の磯へ寒グロ狙いで行ってきました。

初釣りは、馬渡島(白岳)に寒グロ釣行

上がったポイントは、馬渡島の白岳という磯。チラホラと雨が降る中で、上潮からの朝マズメに早速ヒットしたのが、30センチぐらいのキーパーサイズのクロ。続いてヒットしたのはリリースサイズのクロ、そこそこ釣れるなと思ったらすぐにアタリが遠のいてしまいました。

初釣りは、馬渡島(白岳)に寒グロ釣行

ケンちゃんにはアタリがあるようですが、なかなか食いが渋いようです。

初釣りは、馬渡島(白岳)に寒グロ釣行

全層で瀬際の深ダナを探っていたら、ラインが走るアタリを見せてくれたチヌ(46センチ)、強烈な引きで沖に走り出したので真鯛だと期待したのですが…

初釣りは、馬渡島(白岳)に寒グロ釣行

思ったほど釣果は伸びず、午前9時の見廻りの時に瀬変わりしようと思っていたら、風が吹いてきて上がれるところがないとのこと。船長に状況を話したら、集魚剤は混ぜずパン粉とボイルで、できるだけ遠投しなさいと言われ、隣の磯で釣っている常連らしき人を観察してみると、確かに大遠投して撒き餌が白っぽい…

どうやらオキアミに集魚剤混ぜて全層で深ダナを狙ってた自分は、まったく真逆なことをしていたようです…

初釣りは、馬渡島(白岳)に寒グロ釣行

気を取り直して釣りを再開しますが、風が強くなり釣りにならない状態になってきました。そんな誰も竿を曲げてない状況の中でもケンちゃんは渋いアタリをしっかりととらえてポツポツとキーパーサイズをゲットしていました。

今回は久々の馬渡島でしたが、結局40センチオーバーの寒グロは出ませんでした。たまに知らない磯に来るといつもの釣り方が通用しなかったりと、いい勉強と経験をさせてもらった釣行となりました。

寒グロも終盤か!?帆上のハナレと倉島のマンジュウ

もう2月も終わろうかとしてますが、今回がやっと初釣りです。
小潮ですが、久々のベタ凪で天気も良さそうなので、あじか磯釣センター上五島を目指します。

上礁したのは帆上のハナレ

上礁したのは帆上のハナレ

なかなか上がれない1級磯なのですが、岩に海苔がベッタリで滑るし、しかも夜中だったので、結構危ない感じでした。めったにしない夜釣りもしてみましたが、まったく反応がなく、周りも釣れてなさそうなので、狭い所に強引にテントを張りさっさと寝ます。

朝マズメ、3人で1枚ずつ

朝マズメ、3人で3枚。

45センチのクロを筆頭に、そこそこのサイズが1人1枚ずつ釣れましたが、

朝マズメ、3人で1枚ずつ

後が続かずアタリも全く無い状態に…
寒グロでクーラ満タンにする予定だったのに、この調子じゃ到底無理そうです。

朝マズメ、3人で1枚ずつ

ここに留まり、今からの上げ潮で勝負をかけるか、それとも瀬替わりか、非常に悩みましたが、1人残して2人で瀬変わりすることにしました。(瀬替わりせずに後悔するより、瀬替わりして後悔した方がいいかなと)

倉島のマンジュウ

ここで釣れんかったら、どこ上がっても釣れません。

ということでやってきたのは、倉島のマンジュウ、これまた1級磯です。
夜から釣っていた人と入れ替わりでしたが、クロが3枚と真鯛が2枚だけで型もイマイチでしたので、ここも状況は悪そうです。

倉島のマンジュウ

しばらくすると上げ潮に変わり、ようやく時合がやってきます。

オナガ

良型のオナガが2連発!

ここから怒涛の爆釣モードにい入るかと思ったら、まさかの潮が逆に流れ出すという釣れないモードに突入。(終了)

釣金中

結局、ハナレに残った1人も2枚しか釣れてなく、3人で9枚というショボイ釣果でした。
型はそこそこ良かったのに、残念です…

やはり、他の釣客も釣果が悪く全体的に釣れてないなあと思ったのですが、白瀬に行った人達の中には、クーラー満タンにした人もいたようです。白瀬は別格ですね、また行きたいな~白瀬…

釣りセンター玄海で初釣り

ブリとアジ

初釣りは、釣りセンター玄海に行ってきました。狙いはブリですが、活餌のアジがこの日は売り切れで、冷凍のキビナゴごとイワシで釣ることに。

釣りセンター玄海

とりあえず一番船で釣り堀に着くとダッシュで場所取りし、すぐにエサのイワシを投入。この朝まずめが勝負で、この時間帯を過ぎるともう釣れません…。

釣りセンター玄海

たいして動くこともなく、ただアタリを待つ我慢の釣りですので、すごく寒いです…

真鯛とブリ

真鯛ブリ真鯛はポツポツ釣れます。

真鯛

隣の生簀では、真鯛たちが腹をすかせてます。

ブリとアジ
子どもに負けとります…

ブリ ブリ

釣りセンター玄海では、釣った魚はエラと内臓を取ってくれるので、新鮮できれいな状態で魚を持ち帰ることができます。このシステムはいいですねえ。

釣りセンター玄海

[map lat=”33.511723″ lng=”129.848229″ height=”300px” zoom=”14″]

古志岐三礁でクロ釣りダービー最終戦

良型のクロ

久々の釣行だと思ったら大晦日以来の2か月半ぶりでした、しかも今年初釣り。

潮見表

今回もいつもの宇久島えびす丸で上五島の古志岐三礁(こしきさんしょう)に釣行です。
釣客は6人と少なかったのですが、他の船が夜から入ってきててほとんど上がる所がなさそうです…

かろうじてスベリが空いていたので、3人で上がります。

スベリ

前回好釣だったポイントへ歩いて移動。

スベリ

朝の短い間の上げ潮で早速良型のクロが連発します。

良型のクロ

朝一発目で40センチオーバーのクロ、体こうもあり丸々としてます。
しかし、短い時合が終わり、下げ潮に変わるとアタリはピッタリと止まってしまいました。

どうするか考え中のところに船長が様子を見にやってきました。(いいタイミングです)

宇久島えびす丸

相談して、一人はヘタの瀬、二人はカンバン下へ瀬替わりすることに…

カンバン下

この瀬替わりが好結果を招きました。

良型のクロ

カンバン下で良型のクロが連発し始めます。

良型のクロを連発

次々と追加されるクロ。

クロ20枚

納竿ギリギリまで釣り、二人で20枚ほど釣りました。

クーラー満タン

三人ともクーラー満タンにし、この日最大が48センチでクロ釣りダービーの3位に入賞です。(今のところ)

良型のクロ

良型のクロ

良型のクロ

三人とも良型を釣り、クーラー満タンでいいクロ釣りダービー最終戦となりました。

次回からはチヌ釣りかな…