秋磯!瀬泊釣行で古志岐三礁

古志岐三礁で瀬泊釣行です、4人で行ったので瀬泊しやすい「スベリ」に上がらせてもらいます。風も少しあり、ゆるい長潮なのでえびす丸の船長もここが一番いいだろうと予想。

瀬泊釣行、古志岐三礁「スベリ」

スベリの下げ潮は毎回釣りにならないので、午前中の下げ潮の時間帯は捨て、まったりとビール飲んで時合を待ちます。

瀬泊釣行、古志岐三礁「スベリ」

釣れてもイスズミ、う~ん、

そして下げ潮が終わろうとする頃、

やって来ましたヒラマサ乱舞!

この時期は、必ずヒラマサが回遊してくるだろうとルアーを準備しておいたので、すぐに竿を持ち替えナブラに投入。すると一発でヒラマサが掛かり、ものすごい勢いで走り出します。しばらくラインが出っぱなしで耐えていましたが、まったく止まらないので、少しドラグを締めたところでラインブレイク…

残念でしたが、上から見ていたケンちゃんによるとメーター級で丸太のようなヒラマサだったらしいです。どっちにしろこの時のタックルじゃ無理だったかもしれません。

瀬泊釣行、古志岐三礁「スベリ」

ヒラマサが暴れ回ったあと、どこかに隠れていたのか、ようやくクロが上げ潮と共にやってきました。

瀬泊釣行、古志岐三礁「スベリ」

このラッシュの時合に、とにかく釣りまくりました。30~35センチばかりでしたが、18枚ほどゲットしました。

秋磯!瀬泊釣行で古志岐三礁

唯一、最大46センチと40オーバーを3枚ほど釣ったケンちゃん。
いつもならこの時期に40センチを超える良型がもう少し出てもいいのですが、今年はもう11月というのに熱い日が続いているのが原因だと思います、小型のクロが多くエサ取りが多い印象でした。

夕マズメは、ちょうど潮止まりの時間と重なりイマイチぱっとせず、

秋磯!瀬泊釣行で古志岐三礁

夜メシは、焼き肉です。カセットコンロでやると簡単で焦がしたりする失敗がなかったのでグッドでした。

秋磯!瀬泊釣行で古志岐三礁

次の日も、朝から下げ潮だったので、まったくでした。釣れても小さい。

カンバン下まで歩けばよかったですが、風も強く昼回収なので、すぐ帰ってこないといけないことを考えたら、危険で過酷な登山をする気にはならず…

秋磯!瀬泊釣行で古志岐三礁

型が出なかったので、物足りない釣行になりましたが、久々のクロ釣りは楽しかったです。次回は、磯のスプリンター(ヒラマサ)を仕留めるために何か対策しておきます。

古志岐三礁でクロ釣りダービー最終戦

良型のクロ

久々の釣行だと思ったら大晦日以来の2か月半ぶりでした、しかも今年初釣り。

潮見表

今回もいつもの宇久島えびす丸で上五島の古志岐三礁(こしきさんしょう)に釣行です。
釣客は6人と少なかったのですが、他の船が夜から入ってきててほとんど上がる所がなさそうです…

かろうじてスベリが空いていたので、3人で上がります。

スベリ

前回好釣だったポイントへ歩いて移動。

スベリ

朝の短い間の上げ潮で早速良型のクロが連発します。

良型のクロ

朝一発目で40センチオーバーのクロ、体こうもあり丸々としてます。
しかし、短い時合が終わり、下げ潮に変わるとアタリはピッタリと止まってしまいました。

どうするか考え中のところに船長が様子を見にやってきました。(いいタイミングです)

宇久島えびす丸

相談して、一人はヘタの瀬、二人はカンバン下へ瀬替わりすることに…

カンバン下

この瀬替わりが好結果を招きました。

良型のクロ

カンバン下で良型のクロが連発し始めます。

良型のクロを連発

次々と追加されるクロ。

クロ20枚

納竿ギリギリまで釣り、二人で20枚ほど釣りました。

クーラー満タン

三人ともクーラー満タンにし、この日最大が48センチでクロ釣りダービーの3位に入賞です。(今のところ)

良型のクロ

良型のクロ

良型のクロ

三人とも良型を釣り、クーラー満タンでいいクロ釣りダービー最終戦となりました。

次回からはチヌ釣りかな…

古志岐三礁のロープ下へリベンジ!

2011年最後の釣り納め、いつもの古志岐三礁です。
宇久島えびす丸は大晦日ということもあり釣り客が少なく10人程度。

めずらしくどこでも選んで上がれるという状況で、あえて前回釣果の悪かった「ロープ下」へリベンジすることに!

潮見表

潮も前回と同じ。

ロープ下

風はそれほどなく今回は良さそうと思ったのですが、海水を触ってみると水温がまだ高い、

案の定、エサ取りがウジャウジャ発生…

エサ取りは、アブッテカモとイスズミのようで、
しばらくすると風が吹き出して前回とまったく同じ状況に…

最悪です…

風とエサ取りをかわす

それでも何とか風とエサ取りをかわしながら厳しい釣りをしています。

昼すぎ、風はまったくやみませんが、潮がゆるく変化。
エサ取りをうまくかわせれば、ポツポツとクロが釣れ始めます。

地グロ

型も前回と同じで小さい、平均で35センチ弱でしょうか…

奇形のクロ

途中で釣れた奇形のクロ。

結局、前回より数枚多くは釣れたのですが、型が小さく状況も悪かったので微妙なリベンジとなってしまいました。

今年、好釣の古志岐三礁のロープ下へ

いつもの宇久島えびす丸で釣行です。

釣り客が30名以上いたのですが、ケンちゃんの人望で今年釣果の良い「ロープ下」に上がることができました!

潮見表

潮も上げの時間帯をたっぷり釣れます。

ロープ下

しかし…

海はシケてます、予報と少し違うようです。

ロープ下

風を真横からまともに受け、エサ取りと戦い、波を頭からかぶったりと、
とても釣りをするのが辛い状況になってきました。

古志岐三礁 ロープ下

風でフケ糸を取られないように、そしてエサ取りをうまくかわして流せば、イスズミにまじりながらもクロは釣れるようですが、残念ながら型が小さい…

イスズミ

終盤で大型がヒットしましたが、まさかの巨大イスズミでした…

そして、この後頭から波をかぶり完全にやる気を失います。

釣果

釣果は3人で16枚でした。

ケンちゃんはこの厳しい状況の中一人で10枚釣りました!(さすがです)

40センチオーバーのクロが爆釣!

クロ40センチオーバー

古志岐三礁(こしきさんしょう)の「スベリ」に4人で上礁。
前回とまったく同じ場所です。

イサキとクロ

朝まずめからイサキとクロが型は小さいですが連発。

しばらくすると潮の流れが速くなり風も出て釣りにならない状態に…
とりあえず、隣で釣ってる「デベソ」へ歩いて移動。

良型のクロ

デベソ」に行くと良型のクロを楽しそうに釣っているところでした。

早速、せまい隣に入り込んで仕掛けを投入。

40センチのクロ

すると、速攻で40センチのクロがヒット!
上げ潮の時合い、チャンスタイムの到来です。

40センチオーバーのラッシュ

ここから40センチオーバーのクロの天国モード突入!

隣の「カンバン下」まで歩いて行った2人も呼び戻します。

交代してすぐにヒット!

交代してすぐにヒット!

4人全員並んで集中攻撃

4人並んで集中攻撃を開始!

クロ40センチオーバー

クロ40センチオーバー

クロ48.3センチ

40センチオーバーのクロが爆釣!

40センチオーバーのクロの爆釣モードに完全にはまりました!

入れ食い状態

昼過ぎから下げ潮に変わり釣果は落ちましたが、隣はまだまだ入れ食い状態。

昇り降り

でも、ここは昇り降りが大変でとても危険です。

いい釣行

結局、最大は48.5センチで、40センチオーバーは4人で30枚ぐらいは釣ったと思います。

クーラー満タンで終了、大満足の釣行となりました。

< おまけ >

【爆釣】40センチオーバーのクロが連発!

強烈に引いたきれいな尾長

サンノジ

強烈に引いたけど、見てがっかりしたサンノジ

中潮

この日は前日から雨が降って波は2メートル~2.5メートルとシケる予報でしたが、磯に上がってすぐに雨は止み、納竿までベタ凪ぎでした、やっぱり釣りは行ってみないと何が起こるかわからないですね…。

古志岐三礁で梅雨グロ

40センチ前後

今回は、古志岐三礁で、とある釣りクラブの大会に参加しました。

場所決めの抽選で、クジ運がなかなか良かったのか、ゴールデンウィークに上がった場所と同じA級ポイントの「北東のカド」に上がることが出来ました。(実際には先端に2人いたのでワンド寄りになりましたが)

クロがヒット

早速ケンちゃんがヒット!

北東のカドのワンド側

向かいの「ワンド」もいい感じです。
いつも、ワンドはサラシがないと全然ダメなのですが、梅雨グロはベタ凪でも関係ないようです。

次々とヒット

ゴールデンウィークのうっぷんを晴らすかのように次々とヒットさせます。
この時期のオナガは小さくても、とにかくよくヒキます。

次々とヒット

またヒット!おっと、これは大きいか!?
古志岐三礁ではあまり使うことがない全誘導釣法が今回は完全にハマっているようです。

またヒット

しかし、ここは瀬がせり出しているため、大型のオナガを掛けるとバチバチ切られてしまいます。
ここで何度切られたことか…(3号ハリスじゃダメそう…)

40センチ前後

平均して40センチ前後が多いようです。

好釣果

結構釣れましたね、2人で24枚は好釣果です。

大会の結果ですが、ケンちゃんがクロの2枚長寸で、1位こそ逃しましたが、みごと2位入賞、他魚の部合せて、なんと総合優勝しちゃいました。
しかも、余った賞品をみんなでクジ引きしたら、ケンちゃんが一番いいのを当てて、賞品総取りです。すごい…