壱岐で高級魚アマダイ(甘鯛)を狙う!?

ゴールデンウィークですが…

予定していた古志岐三礁1泊2日瀬泊り釣行への参加が難しくなり、別の便で壱岐へ日帰りの船釣りに行ってきました。本当は、クロ釣りがしたかったんですが…(古志岐三礁へ行った釣金中メンバー3名は爆釣させたようです。)

岐志漁港

というわけで、行ってきたのは去年のゴールデンウィーク釣行(ゴールデンウィーク後半戦は高級魚狙いで(壱岐)船釣り)と同じで、岐志漁港からの出港です。

餌がエビ

ターゲットは、ウキ流しでイサキと真鯛だったのですが、最近の釣果が良くないらしく急遽変更、仕掛けも前回と同じ3本針で餌がエビとなりました。

レンコダイ

釣れる魚も前回と同じレンコダイ

レンコダイ

ものすごい勢いで増えていきます。

甘鯛

たまたま釣れた高級魚の甘鯛、40センチオーバーの良型、ラッキーでした。

根魚釣り

レンコダイにも飽きたので、根魚釣りのポイントへ移動。
これもまたすごい勢いで増えていきます。

キアラ

その他の高級魚にキアラなども釣れています。

壱岐で甘鯛

釣果的にはまずまずでしたが、2回目ということもあるのか、何か物足りなく感じました、
やっぱり船より磯が自分には合ってるんでしょうか…


甘鯛の刺し身

甘鯛の刺し身

湯引きにして刺し身にしました。が、水分が多くて食感が良くありません。後で調べてみると、しっかりと水分を抜く処理をしなければならなかったようです… 失敗しました。

甘鯛の吸い物

甘鯛の吸い物

脂がのっているので、吸い物が正解でした。

壱岐・対馬 落とし込みで青物狙い

寒グロのシーズンに突入していますが、なかなか釣金中メンバーとのスケジュールが合いません…
しかし、釣りに行きたい病がうずいてしょうがないので、知り合いの「落とし込み釣り」に同行することにしました。

前情報によると釣果は「非常に悪い」ということは聞かされていたのですが、とにかく釣りに行かないことには、治らないのが、この病気(釣りに行きたい病)。

壱岐・対馬 落とし込みで青物狙い

ということで、

場所は、壱岐・対馬、船は、幸風さんです。
中央埠頭から約1時間半かけて、最初のポイントとなる壱岐の沖合に到着、

壱岐・対馬 落とし込みで青物狙い

今回、同行したタケダさん、船釣り師で大物ハンターです。
(ブログ:男のビッグワン

落とし込み釣りとは

落とし込み釣りは、餌となるアジやイワシのタナに仕掛け(サビキ)を落とし、まずエサを掛けて、そのまま大型魚がいるタナまで落として大物を狙うという自然界の摂理を利用した理にかなった釣法です。

…が、

そのエサがなかなか掛かってくれません…
どうもエサとなるイワシやアジの数が少ないようです、最近の釣果が悪い原因もこのエサの量にあるようです。

壱岐・対馬 落とし込みで青物狙い

エサが付かなければひたすら移動

エサは回遊しているので、常に魚探で確認しながらの釣りとなります。
ですので、エサが付かなければ、ほとんど移動時間となってしまいます。エサが付かなければ始まらない釣りですので、実際釣りをしている時間はごくわずかに感じられます。

シイラ

エサが付いた一瞬が、最大のチャンスで、更にそのエサに青物が喰ってくるかが勝負となります。(結構、運も必要。)

壱岐・対馬 落とし込みで青物狙い

移動を繰り返し、気が付けば対馬沖まで来ていました。
しかし、状況は変わらず…(一瞬時合らしきものはありましたが…)

壱岐・対馬 落とし込みで青物狙い

結局、船に乗っていた釣り客10人で、青物はヤズ5本・タカバが2本と何とも厳しい結果となってしまいました。
機会があればまたリベンジしたいです。(今度は釣れている時に…)


ヤズの刺し身

ヤズの刺し身

シイラの中華あんかけ風

シイラの中華あんかけ風

白身で淡白な味のシイラは、身をソテーした後、甘酢あんかけで美味しく食べれます。


幸風(船釣り)糸島船越・遊漁船:http://sachikaze.justhpbs.jp/

船釣りで高級魚狙い、壱岐の根魚

岐志漁港

ゴールデンウィークの釣行は、高級魚を狙っての船釣りとなりました。岐志漁港からの出港します。

1時間ほど走ると壱岐の沖合のポイントに到着。

仕掛け

仕掛けは、50号の重りに3本針で、エサは芝エビです。

イトヨリ

船長の合図で、仕掛けを投入。60メートルほどある海底まで仕掛けを落とし底を探ると、一投目でいきなりヒット。40センチオーバーのきれいなイトヨリでした。

レンコダイ

本命は高級魚の甘鯛(アマダイ)なのですが、釣れるのはレンコダイばかり… しばらくすると潮が止まり、アタリがなくなってしまいました。

置き竿釣法

天気がいいので、まったりと置き竿釣法でのんびりと魚が掛かってくれるのをビールを飲みながら待ちます。

キアラ

置き竿釣法で掛かった魚は、高級魚のキアラです。本命ではないですが、やっと来た高級魚なので少し嬉しい。

上潮に変わると、根魚のポイントへ移動。一投ごとにアラカブを掛けていると、今までにない今日一番の引きと重量感が!

マハタ

これは、高級魚のマハタでした。アマダイは釣れませんでしたが、その他の美味しい魚が釣れたのでよかったです。

壱岐(金城)で上物と底物釣り

石鯛釣り倶楽部の西友会の釣行に上物釣りとして同行しました。岐志漁港からの直行便で壱岐を目指します。

大金

1時間ほど走ると金城に到着。1名を大金に降ろし、3名で小金に上礁しました。底物は北側、上物は水道側、イサキと真鯛は本流の南側沖、タナは1本から1本半と船長のアドバイス通りに釣り開始。

小金

本流は流れが速く仕掛けがうまく馴染まないので、少し潮がゆるんだ場所を探ります。撒き餌をするとエサ取りがかなりの数いますが、下の方にはクロの影が見えてきました。

クロ

エサ取りと木っ端グロをかわせれば、30センチほどのクロがヒット。このサイズがコンスタントに釣れ続け夕まずめを迎えます。

サンノジ

日が沈み、ウキが見えにくくなってきたころ、一瞬でウキがなくなるアタリがあり、真鯛だろうと思っていたら巨大サンノジ

夜はカゴ釣りでイサキを狙いますが、30センチぐらいのアジが猛烈に湧いている状態で、もうどうにもなりません。しばらくアジ釣りをしますが、さすがに飽きてアラ釣りの見学に、

小アラ

アラは潮止まりの時間帯が熱いらしいのですが、その潮止まり時間帯に竿先を叩くようなアタリが!しかし、アタリはそこで止まってしまい、エサ交換のために上げてみると、何とアラがついてました! でも小さいのでこれはコアラですが。

クーラーいっぱい

朝から特に変化もなく、アジでクーラー満タンになったところで終了。

アラ

別の磯でアラ釣りをしていた方が、15キロの立派なアラを仕留められていました。

壱岐、防波堤からの真鯛・黒鯛・石鯛釣り

壱岐の波止

壱岐の波止から石鯛が釣れているという情報で、フェリーに乗り壱岐の防波堤までやってきました。夜が明けるまでエギングをしてイカを1杯だけゲットし、明るくなるころにフカセにチェンジ。

石鯛

本当に石鯛がいました!

チヌ52センチ

さらに、チヌも絶好釣!52センチの年なしです!

波止の釣果

真鯛も釣れて、磯ではなくて防波堤でこの釣果は、さすが壱岐といったところです。