風裏の福島(鵜瀬)で、今年最後の秋チヌ釣行

どこかの沖磯に出てクロ釣りといきたかったところですが、生憎の天気で沖に出ればどこも10メートルぐらいの爆風だったので、そうなると風に強い場所となり、前回のリベンジを兼ねて福島へ今回は3人がかりでチヌを仕留めに釣行です。

秀吉丸で渡してもらった磯はまたも鵜瀬。釣り開始早々にケンちゃんが良型のアジをヒットさせ、朝はアジのパターンかと思いきやコッパグロが連発。

30センチの良型もいましたが、ほとんどはコッパ。オキアミ生を使うと浅いタナで速攻で食われてしまうので、付けエサを変えたり仕掛けの微調整などで思考錯誤しますが、

ボイルで釣れたのは本命ではありますがリリースサイズのメイタ… 少しだけチヌに会えそうな希望が見えてきました。

ここで大きく竿を曲げたのは福島で釣りをするのが久しぶりのコータローさん。竿(1.25号)の曲がりとなかなか浮いてこない様子からすると50センチ近くのビックサイズは確実でしょう、しばらくチヌとのやりとりを楽しんでいる様子でしたが、時間をかけすぎたのか針ハズレで痛恨のバラシ。

チヌを見れなかったショックと日中の暑さで腹も減り、昼メシタイムで後半戦に備えます。

しかし、下げ潮になっても流れは相変わらずフラフラとした当て潮で安定せず、付けエサをローテーションで攻めてみてもコッパ、チャリコ、フグ、アジゴなどと魚種がローテーションするだけで、もう何をどうしたらいいのかわからなくなってきました…

それでも粘っていたら、またもボイルでメイタがヒット。さらにイエローダンゴで今日一のアタリをとらえます!ゆっくりと寄せてくると…

バリ… これで今年のチヌ釣りを終了とします!お疲れ様でした!!

まだまだ磯は暑い、フカセ釣りがしたくて福島(鵜瀬)でチヌ狙い

フカセ釣りがしたくてしょうがなかったので単独で福島へチヌ釣りに行ってきました。途中寄った釣具屋(まるきん)の駐車場は満車状態で、今日は釣日和なのでしょうか、どこの釣り場も釣り客が多そうです。

まだまだ磯は暑い、フカセ釣りがしたくて福島でチヌ狙い

秀吉丸に到着すると、霧が濃すぎて船を出す時間が遅れ、釣り客もそこそこいたので、磯に上がったのは約1時間後となってしまいましたが、上がったのは鵜瀬(裏の階段)。さっそく仕掛けを用意していると水面で大きく跳ねている魚を発見、目の高さぐらいまで跳ねるので「鰆(サワラ)」とハッキリ確認できましたが、今回ルアーは持参しておらず…

まだまだ磯は暑い、フカセ釣りがしたくて福島でチヌ狙い

付けエサは、おチヌ様に合わせて種類をたくさんご用意。釣りを開始して2、3投目ぐらいで、いきなり強烈な引きと重量感がある謎の魚がヒット。チヌではないだろうと思いながら、竿でためていたらスッポ抜けで飛んできたのがチャリコ、ボロボロになっていたのでサワラか何かに噛まれていたのでしょうか、序盤から魚影の濃さを期待させます。

まだまだ磯は暑い、フカセ釣りがしたくて福島でチヌ狙い

次にきたのが、30センチを超えるアジ。引きも楽しく刺身にすると美味しそうなサイズ。この後もアジの連発が続きましたが、程なくしてアジの反応がなくなり、潮も変わりエサだけが取られる状況に変わります。

まだまだ磯は暑い、フカセ釣りがしたくて福島でチヌ狙い

日が昇ると急激に暑くなり、魚のアタリがとれなくなったのと身体のダルさで気持ちまで折れそうになります。潮はフラフラとはっきりしない潮流で、すこしずつポイントを変えているとコッパグロがヒット、まるまるとしていましたがキーパーサイズには届かず。

まだまだ磯は暑い、フカセ釣りがしたくて福島でチヌ狙い

納竿前にイエローダンゴでフォール中にヒット、これは確実にチヌだろうと思っていましたが浮かせる前に痛恨のスッポ抜け。この時にチヌは浮いていたのかと思いましたが、すでに遅く時間切れとなってしまいました。またしてもチヌをバラすという辛い釣行になってしまいましたが、自分なりに色々試したいこともあったので、今回もいろいろと勉強になりました。

もうすぐクロ釣りシーズンに突入しますが、その前にチヌのリベンジ行きたいな…

岐志の筏で、ファミリーフィッシング+夏チヌ

旭星釣りセンター船のりば

夏休み最後の日曜日に、子ども達も釣りを楽しめる筏釣りに行ってみました。岐志漁港の「旭星釣りセンター船のりば場所はこちら)」からカキを養殖する筏に渡してもらいます。(大人:3,000円、子ども:1,000円)

岐志のイカダ

そこそこ釣り客がいたので、上がったのは一番最後の7番の筏。大人はダゴチンでチヌを、子どもはサビキでアジを狙います。狙うポイントは筏と筏の間で、チヌは日が出ると食いが悪くなるそうですが…

岐志のイカダで

釣りを始めると、いきなりアジの入れ食いモード。20センチぐらいのアジを子ども達は楽しそうに釣りまくりますが、大人たちは絡まったのを外すのを手伝ったりと忙しそう…

キーパーサイズのクロ

ダゴチンではエサ取りの活性が高く苦戦している中、サビキでキーパーサイズのクロを仕留められ、

イシガキダイ

さらにイシガキダイまでも… 今日の釣りボーイは絶好釣です。

岐志のイカダで

完全に子ども達に釣り負けていると、ケンちゃんが大人の意地を見せつけます。魚の強烈な引きに竿がきれいに曲がり込む姿は子ども達の注目の的。

コショウダイ

しかし、上がってきたのはコショウダイ。本命のチヌではありませんでしたが、良型の珍しい魚でケンちゃんパパの見せ場は作れたようです。

岐志のイカダ

ダゴチンでエサ取りのアタリしか取れなかった自分は、しびれを切らしフカセにチェンジ。遠投で沈め全層釣りで探ってみるとエサ取りもそれほど激しくなかったので、エサをボイルにして海底付近を這わせているとラインに怪しい反応が。ゆっくり竿にきいてみるとズッシリとした重量感!

岐志のイカダ

やりました、軽く45センチオーバーはありそうな本命のチヌです。十分に引きを楽しんだ後、完全に浮かせて油断していたところ、牡蠣棚に突っ込まれた時にできたキズがもとでラインブレイクとなり、おチヌ様にはそのままお帰りになってもらいました…