梅雨が終わる前に、古志岐三礁(馬の背)

古志岐三礁(馬の背)

梅雨グロを狙いに古志岐三礁釣行です。釣客が多いようで空いている磯がない中、あまり上がる機会がなかった「馬の背」へ上礁しました。

馬の背の根元

隣の磯(馬の背の根元)には、古志岐三礁のレジェンド?のカワノさんが上礁したので、今回は何かすごい釣りが見れそうな予感がします。

旬のタカベ

朝マズメからマキエをすると大量のタカベが見え始めたので、とりあえず今が脂がのって美味しい旬のタカベをお土産用に30匹ほど確保しました。釣り方は、矢引きほどの長さのハリスで小さめの針で狙うのがオススメで、サビキも試しましたが、完全に見切られていました。

梅雨が終わる前に、古志岐三礁(馬の背)

2時間ほどタカベ釣りをしてからクロ狙いに切り替えますが、なかなかクロが食ってくれません。ワンド側でうまくクロを掛けていたケンちゃん、下げ潮なので本流に仕掛けが流れず苦戦する中、25~30センチぐらいの尾長を連発させていました。

巨大アオブダイと戦うレジェンド・カワノさん、短い時間ですが貴重な勇姿を撮ることができました。

梅雨が終わる前に、古志岐三礁(馬の背)

見え石鯛を玉網ですくおうとするカワノさん。巨大な石鯛が見えていると言うと、馬の背の根元からこちらの磯に飛び移ってきました。もちろんそんな簡単に石鯛が玉網ですくえるわけがありません。

貝殻に寄生するタコ

ヒラマサが乱舞したり、ウミガメが遊びに来たり、変な生き物(貝殻に寄生するタコ)を捕獲してみたりと様々な生体反応は現れるのですが、なかなか本命のクロを釣るのは難しく、

サンノジ

上げ潮になっても流れは変わらりませんでしたが、エサ取りのタカベが散るほどの巨大なエサ取り(イスズミ・サンノジ)が現れるようになり、その下に尾長の姿もチラホラ、

尾長の40センチ

潮が緩んで少しだけ沖に出た時に仕留めた尾長の40センチ。その後同じような型を追加しますが、サンノジの連発が続いたりして腕がシビレました。

梅雨が終わる前に、古志岐三礁(馬の背)

梅雨グロらしい釣果となりませんでしたが、色んなものが見れたので楽しい釣行となりました。

今回使用したタックル

タカベだらけの古志岐三礁、瀬替わり中に大物ゲット!?

久しぶりの五島列島は、古志岐三礁で新友会クロ釣り大会(第20回記念大会)に参加しました。えびす丸で上礁したのは、ロープ下横

ロープ下横

さっそく撒き餌をすると、ものすごいエサ取りが現れました。

タカベ

エサ取りの正体は、タカベです。なかなか厄介なエサ取りですが、塩焼きで美味しいので人気のお土産でもあります。

ロープ下

ロープ下の方でもタカベに苦戦しているようですが、一緒に上がった底物をしている人に良型の石鯛がヒットしているようです。

結局、上げ潮の時間帯でクロは2枚のみ、下げ潮になるとこの場所はダメになるということで瀬変わりです。

ブリ

瀬替わり中に、弱ってフラフラ泳いでいるブリを発見!すぐに玉網ですくいます。

ブリ

ジャンケンで勝って貰いました。

ウマズラ

次に上礁したのは、カモ瀬という本島の近く。ここも状況はあまり良くなさそうで、やっぱりエサ取りがいます。

アカハタ

状況が変わるまで、アカハタを釣ります。

オナガ

下げ潮に変わる頃、ようやくクロのアタリが出だします。ひったくるようなアタリをしてくれたコナガ

表彰式

表彰式では参加者全員に賞品が渡され、これでクロ釣りのシーズン終了となりました。

エサ取りと強風に苦戦、古志岐三礁(スベリ)

いい天気の釣日和です、えびす丸古志岐三礁(スベリ)に上がりました。

クロがヒット

この日は、中潮で朝から下げ潮が入り、激流で釣りにくい状態からのスタートとなります。何とか仕掛けが馴染めば、クロとイサキがヒットします。

クロがヒット

ケンちゃんはカメラを向けるとすぐに釣ってくれます。

しばらくして、青物が回遊してきたのでルアーを投げてみましたが、ダツしか釣れませんでした。青物が来るとクロは散ってしまい、エサ取りのタカベと急に変わった強風でどうにもならなくなってきました。

風裏へ移動

たまらず風裏へ移動します、足場が高い場所ですが午後からの上潮で良型が出る好ポイントでもあります。強風に苦戦しながらも、納竿前に潮が緩んだところでクロとイサキがバタバタっと釣れて終了となりました。

この日の最大クロ

この日の最大のクロです。ほとんどイサキばかりの釣果でしたが、久しぶりの釣りだったので楽しむ事ができました。