もう待てない、クロ釣りシーズン強行突入!上五島(ホゲ島)

10月は台風が続き、連続で釣行が延期、結局クロ釣りに行けないまま11月に突入しました。しかし、またも週末の天候が悪化、予約していたえびす丸さんでは釣り客のキャンセルが続き定員割れで中止が決定。

しかし、もう釣りがしたいという欲求は限界に達していたので、浜本釣りセンターさんに船は出るのか問い合わせてみると、「ウネリが酷くてどこに上がれるかわからんけど、とりあえず来てみらんね。」と、とても不安な回答をいただき、海が荒れていませんようにと願いながら上五島を目指しました。

ホゲ島の満月

ウネリはありましたが思ったほどではなく、いろいろと磯の様子を見て回った結果「ホゲ島」に上がることに。4名で来ていたので、南西側とその裏側で2名づつで分かれ上礁しました。明るい満月の下、久しぶりのクロ釣りにワクワクしながら仕掛けを作り朝を待ちます。

ホゲ島の尾長

そして、朝マズメの一発目にアタリをとらえます。瀬際の強烈な引きに何度も耐え、尾長であろうという期待といきなりの一投目でのヒットに心臓がバクバクしながら何とか玉網に入れることに成功。

ホゲ島の尾長

ハリス(2.5号)はガサガサにされましたが、切られることもなく無事に尾長の44センチを仕留めることができました。いきなりの良型に腕がしびれましたが、満足の一尾となりました。

ヤイトガツオ

しかし、その後は尾長のアタリはなく、コナガやコッパのエサ取りが出始めます。沖ではナブラが湧いていましたが、ヤイトガツオのようです。コータローさんが1本捕獲に成功。

ホゲ島のウネリ

風裏で日が当たるので日中は暑く、蚊がたくさんいて大変でした。ウネリも多少あったので先端に出れず、波もかぶったりしていたので釣りにくい状況ではありましたが、来る前はもっと過酷な状況を想像していたので、この程度は想定内。

49.6センチのクロ

瀬際ではエサ取りばかりになったので、少し遠投するとコッパやイサキもいましたが、たまに良型のクロもヒット。さらに遠投して浅いタナで食ってきたクロが49.6センチのビックサイズ!痩せていて重量感もなかったので大きくてビックリ。

ホゲ島

潮が変わるとアタリは渋くなりエサが残るように。全層で仕掛けを入れ込んでいくとイサキが13連発!30~35センチの嬉しいサイズだったので良かったのですが、クロの気配がまったくなくなってしまいました。

ホゲ島で良型連発

その頃、裏側にいた2人は良型を連発させていたようで。こちらと違って下潮になってからが釣果が良かったそうです。風はあたるけど日はあたらず、蚊はいないけどネズミはいた、そんな場所だったようです。

ホゲ島

何はともあれ、今回の釣行は誰もがキャンセルをする中、かなり強行で行ったため厳しい状況と釣果を覚悟していましたが、終わってみれば全員が良型を仕留めて満足のいく結果となりました。あまり無理をして行くのは良くないですが、釣りバカの病気はとりあえず釣りに行かないと治らんとです…

キザクラ 17’GTR

今回使用したウキは、キザクラから新発売で出たばかりの17’GTR!遠投もしやすく風に強いフォルムにしっかりと潮に乗る使用感でした。

古志岐三礁でクロ釣りダービー最終戦

良型のクロ

久々の釣行だと思ったら大晦日以来の2か月半ぶりでした、しかも今年初釣り。

潮見表

今回もいつもの宇久島えびす丸で上五島の古志岐三礁(こしきさんしょう)に釣行です。
釣客は6人と少なかったのですが、他の船が夜から入ってきててほとんど上がる所がなさそうです…

かろうじてスベリが空いていたので、3人で上がります。

スベリ

前回好釣だったポイントへ歩いて移動。

スベリ

朝の短い間の上げ潮で早速良型のクロが連発します。

良型のクロ

朝一発目で40センチオーバーのクロ、体こうもあり丸々としてます。
しかし、短い時合が終わり、下げ潮に変わるとアタリはピッタリと止まってしまいました。

どうするか考え中のところに船長が様子を見にやってきました。(いいタイミングです)

宇久島えびす丸

相談して、一人はヘタの瀬、二人はカンバン下へ瀬替わりすることに…

カンバン下

この瀬替わりが好結果を招きました。

良型のクロ

カンバン下で良型のクロが連発し始めます。

良型のクロを連発

次々と追加されるクロ。

クロ20枚

納竿ギリギリまで釣り、二人で20枚ほど釣りました。

クーラー満タン

三人ともクーラー満タンにし、この日最大が48センチでクロ釣りダービーの3位に入賞です。(今のところ)

良型のクロ

良型のクロ

良型のクロ

三人とも良型を釣り、クーラー満タンでいいクロ釣りダービー最終戦となりました。

次回からはチヌ釣りかな…