もう待てない、クロ釣りシーズン強行突入!上五島(ホゲ島)

10月は台風が続き、連続で釣行が延期、結局クロ釣りに行けないまま11月に突入しました。しかし、またも週末の天候が悪化、予約していたえびす丸さんでは釣り客のキャンセルが続き定員割れで中止が決定。

しかし、もう釣りがしたいという欲求は限界に達していたので、浜本釣りセンターさんに船は出るのか問い合わせてみると、「ウネリが酷くてどこに上がれるかわからんけど、とりあえず来てみらんね。」と、とても不安な回答をいただき、海が荒れていませんようにと願いながら上五島を目指しました。

ホゲ島の満月

ウネリはありましたが思ったほどではなく、いろいろと磯の様子を見て回った結果「ホゲ島」に上がることに。4名で来ていたので、南西側とその裏側で2名づつで分かれ上礁しました。明るい満月の下、久しぶりのクロ釣りにワクワクしながら仕掛けを作り朝を待ちます。

ホゲ島の尾長

そして、朝マズメの一発目にアタリをとらえます。瀬際の強烈な引きに何度も耐え、尾長であろうという期待といきなりの一投目でのヒットに心臓がバクバクしながら何とか玉網に入れることに成功。

ホゲ島の尾長

ハリス(2.5号)はガサガサにされましたが、切られることもなく無事に尾長の44センチを仕留めることができました。いきなりの良型に腕がしびれましたが、満足の一尾となりました。

ヤイトガツオ

しかし、その後は尾長のアタリはなく、コナガやコッパのエサ取りが出始めます。沖ではナブラが湧いていましたが、ヤイトガツオのようです。コータローさんが1本捕獲に成功。

ホゲ島のウネリ

風裏で日が当たるので日中は暑く、蚊がたくさんいて大変でした。ウネリも多少あったので先端に出れず、波もかぶったりしていたので釣りにくい状況ではありましたが、来る前はもっと過酷な状況を想像していたので、この程度は想定内。

49.6センチのクロ

瀬際ではエサ取りばかりになったので、少し遠投するとコッパやイサキもいましたが、たまに良型のクロもヒット。さらに遠投して浅いタナで食ってきたクロが49.6センチのビックサイズ!痩せていて重量感もなかったので大きくてビックリ。

ホゲ島

潮が変わるとアタリは渋くなりエサが残るように。全層で仕掛けを入れ込んでいくとイサキが13連発!30~35センチの嬉しいサイズだったので良かったのですが、クロの気配がまったくなくなってしまいました。

ホゲ島で良型連発

その頃、裏側にいた2人は良型を連発させていたようで。こちらと違って下潮になってからが釣果が良かったそうです。風はあたるけど日はあたらず、蚊はいないけどネズミはいた、そんな場所だったようです。

ホゲ島

何はともあれ、今回の釣行は誰もがキャンセルをする中、かなり強行で行ったため厳しい状況と釣果を覚悟していましたが、終わってみれば全員が良型を仕留めて満足のいく結果となりました。あまり無理をして行くのは良くないですが、釣りバカの病気はとりあえず釣りに行かないと治らんとです…

キザクラ 17’GTR

今回使用したウキは、キザクラから新発売で出たばかりの17’GTR!遠投もしやすく風に強いフォルムにしっかりと潮に乗る使用感でした。

梅雨グロ調査で古志岐三礁(ロープ下)、爆風・サラシ・タカベの3連コンボで撃沈?

梅雨らしい雨もなかったですが、梅雨グロ調査に古志岐三礁へ釣行してきました。前日まで風もなかったのに、到着したら10メートルの爆風。「北東のカド」に上がる予定でしたが、無理そうだったので「ロープ下」へ上がりました。

梅雨グロ調査で古志岐三礁(ロープ下)、爆風・サラシ・タカベの3連コンボで撃沈?

「スベリ」「ラクダ瀬」に上がる選択肢もありましたが、同行したタケちゃんが磯釣りがほぼ初めてだったので、安全性と難易度を考えて「ロープ下」に決めました。夜釣りはタケちゃんに任せて、夜明けと爆風が収まるのを待ちます。しかし、朝になっても風は弱まらず逆に強くなっているぐらい、タケちゃんが夜にイサキとクロを釣っていたので、期待を込めて仕掛けを作ります。

梅雨グロ調査で古志岐三礁(ロープ下)、爆風・サラシ・タカベの3連コンボで撃沈?

タケちゃん用の仕掛けは、3Bで半誘導のオーソドックスな仕掛けで、最初に自分が一連の流れを説明しながらやって見せていると、25センチぐらいの尾長がヒット。これが3連発続いたので型はイマイチですが、とりあえす魚の反応は良いとして後はタケちゃんに任せます。

梅雨グロ調査で古志岐三礁(ロープ下)、爆風・サラシ・タカベの3連コンボで撃沈?

自分の仕掛けは全誘導ですが、やはり仕掛けが入る前に浅いタナでコナガが連発。そうこうしている間に風はより強く、サラシはより激しくなってきて、上げ潮に変わるとタカベまで湧いてくる始末。潮の流れと風が逆になったため、仕掛けが馴染ませることが難しくなり、タケちゃんを見ると苦戦している様子。

梅雨グロ調査で古志岐三礁(ロープ下)、爆風・サラシ・タカベの3連コンボで撃沈?

タケちゃんの仕掛けを1.5号の半誘導、自分のを3Bの全誘導に変更し、潮流にまっすぐ仕掛けが入るイメージでやりますが、タカベの大群に為す術なく、こうなれば今が旬のタカベをお土産に根こそぎ釣ってやろうと、タカベの入れ食いパターンにハメて釣りまくります。

梅雨グロ調査で古志岐三礁(ロープ下)、爆風・サラシ・タカベの3連コンボで撃沈?

タカベを釣っていると、たまーに浮いてきたクロが釣れだしたので、良型もこの下にいるはずと何とか一瞬だけうまく仕掛けが送り込めた会心の一投で仕留めた尾長の40センチ

その後は、爆風とタカベの猛威は納まらず撃沈されました。


タカベの刺身

タカベの刺身

磯の嫌われ者のエサ取り「タカベ」ですが、今が旬のタカベを刺身にすると旨いと言うので刺身にしてみました。脂がノリノリで、身は柔らかいですが甘味があり、クロやイサキに負けないほど本当に美味しかったです。

タカベの一夜干し

タカベの一夜干し

一夜干ししたタカベは、脂がのりすぎて焼いたら素揚げしたみたいになってしまいましたが、これもバリウマでした。


今回使用したタックル

マッスル尾長グレ、古志岐三礁(北東のカド)

マッスル尾長グレ、古志岐三礁(北東のカド)

久しぶりの古志岐三礁は、尾長狙いで北東のカドへ上がらせてもらいました。いつものように夜釣りは一切せずに酒飲んですぐに寝ます。

マッスル尾長グレ、古志岐三礁(北東のカド)

朝は下げ潮に入る前だったので、ワンド側からのスタート。潮はフラフラと安定しない感じでしたが、一発目から尾長がヒット。撒き餌が効き出すと徐々にサイズも上がってきましたが、なかなか40センチを超えるようなのは食ってきません。

マッスル尾長グレ、古志岐三礁(北東のカド)

磯釣り修行中のハリマは、バラシが多くてなかなか奥義壁ドン釣法(掛けた魚をブリ上げて後ろの壁に叩きつける荒業)が炸裂しません。

マッスル尾長グレ、古志岐三礁(北東のカド)

東側はタカベが湧いて釣りにならない状況でしたが、下げ潮が本格的に動き出すとタカベの活性が変化して、本流に引かれる潮に流すと良型の尾長が食ってくるようになりました。

マッスル尾長グレ、古志岐三礁(北東のカド)

尾長はどれも体高があるマッスルグレばかり。40センチを超えるサイズは掛かりませんでしたが、とにかく良く引いてくれて久々に尾長の引きが楽しめました。

マッスル尾長グレ、古志岐三礁(北東のカド)

上げ潮に変わったら爆釣モードに入るだろうと思っていましたが、理想の潮流にはならず数も型も伸びませんでした。それでも何とか20枚以上(30~40センチ)のクロを釣り上げることができたので、この時期ではまずまずの釣果といったところでしょうか。

今回使用したタックル

今がピーク!古志岐三礁のノッコミグレ

今回の釣行は、自分が諸事情により同行できなかったため、ケンちゃんが撮った画像と、聞いた情報のみです。

北東のカド

今週は、どこの渡船も釣り客が多く、いつもより早い夜出しで出港したえびす丸でしたが、当初狙っていた磯には上がることはできず、それでも古志岐三礁ではA級ポイントの北東のカドに上がれたとのことでした。

今がピーク!古志岐三礁のノッコミグレ

この日は、ベタ凪で先端で竿を出すことができたそうですが、かなり喰いが渋かったようで、掛けても針ハズレや瀬切れが多かったようです、それだけ型が良いクロがいたのでしょう。腹もパンパンだったらしく、まさにノッコミのピーク到来です。

今がピーク!古志岐三礁のノッコミグレ

イサキも混じり、クロは十数枚ほどで、もう少し数が欲しいところでしょうが、それでもこれだけ型を揃えて釣れたら十分じゃないでしょうか。

高級魚「尾長」1,980円

高級魚「尾長」

今回は自分からのネタがないので、スーパーで撮った一枚を。クロも尾長で40センチ超えれば立派な高級魚ですね。

40センチオーバーのクロが爆釣!

クロ40センチオーバー

古志岐三礁(こしきさんしょう)の「スベリ」に4人で上礁。
前回とまったく同じ場所です。

イサキとクロ

朝まずめからイサキとクロが型は小さいですが連発。

しばらくすると潮の流れが速くなり風も出て釣りにならない状態に…
とりあえず、隣で釣ってる「デベソ」へ歩いて移動。

良型のクロ

デベソ」に行くと良型のクロを楽しそうに釣っているところでした。

早速、せまい隣に入り込んで仕掛けを投入。

40センチのクロ

すると、速攻で40センチのクロがヒット!
上げ潮の時合い、チャンスタイムの到来です。

40センチオーバーのラッシュ

ここから40センチオーバーのクロの天国モード突入!

隣の「カンバン下」まで歩いて行った2人も呼び戻します。

交代してすぐにヒット!

交代してすぐにヒット!

4人全員並んで集中攻撃

4人並んで集中攻撃を開始!

クロ40センチオーバー

クロ40センチオーバー

クロ48.3センチ

40センチオーバーのクロが爆釣!

40センチオーバーのクロの爆釣モードに完全にはまりました!

入れ食い状態

昼過ぎから下げ潮に変わり釣果は落ちましたが、隣はまだまだ入れ食い状態。

昇り降り

でも、ここは昇り降りが大変でとても危険です。

いい釣行

結局、最大は48.5センチで、40センチオーバーは4人で30枚ぐらいは釣ったと思います。

クーラー満タンで終了、大満足の釣行となりました。

< おまけ >

【爆釣】40センチオーバーのクロが連発!

強烈に引いたきれいな尾長

サンノジ

強烈に引いたけど、見てがっかりしたサンノジ

中潮

この日は前日から雨が降って波は2メートル~2.5メートルとシケる予報でしたが、磯に上がってすぐに雨は止み、納竿までベタ凪ぎでした、やっぱり釣りは行ってみないと何が起こるかわからないですね…。