クリスマス釣りーは、イスズミの猛攻、古志岐三礁(ヘタの瀬)

前日からのシケからウネリがかなり残っているということで、古志岐三礁には上がれないかもと言われながらも、クリスマスの日にえびす丸古志岐三礁へ釣行です。

まずは、古志岐三礁の沖の瀬から様子を見ていきスベリに着けようとしますが、ウネリが酷く瀬上がりを断念。ワンド側に向かい順番にワンド、ホゲと降ろしていき本瀬へ、ラクダも上がれそうになく今回は磯釣りに慣れていない人と一緒だったので、足場の良いヘタの瀬を選び上礁することになりました。

クリスマス釣りーは、イスズミの猛攻、古志岐三礁(ヘタの瀬)

撒き餌をするとすぐに魚が集まってきましたが、クロじゃない魚影がたくさん見えてきました。しかも巨大…

クリスマス釣りーは、イスズミの猛攻、古志岐三礁(ヘタの瀬)

正体はやっぱりイスズミです。大量のイスズミが撒き餌を食い上がってきています。その他にもウマズラハギやサンノジなどの外道も食ってきていました。

クリスマス釣りーは、イスズミの猛攻、古志岐三礁(ヘタの瀬)

そんなエサ取りなどの猛攻に苦戦しながらも何とかクロを仕留めていきますが、どれも30~35センチほどのサイズ。

クリスマス釣りーは、イスズミの猛攻、古志岐三礁(ヘタの瀬)

人生初の30センチのクロを釣り上げたフカセ釣り修行中のハリマ。この日はとりあえずアタリはバンバンあったので、切られたり絡まったり色んなトラブルを起こしながらも楽しんでいました。これで少しはクロ釣りにハマってくれるといいのですが、

クリスマス釣りーは、イスズミの猛攻、古志岐三礁(ヘタの瀬)

午後からの潮変わりに期待していたのですが、横からの爆風になすすべなく。少しだけクロを追加し、全部で20枚ほどになったところで納竿となりました。

ワンドとホゲの釣果は型も数も良かったので、前回に続き沖の瀬が本命だったようです。寒グロのシーズンはもう少し先なのでしょうか。

今回使用したタックル

ラストチャンス?梅雨グロ釣りたいから白瀬灯台

また白瀬灯台に行けるかも!?

ということで、あじか磯釣りセンターへ行ってきました。

帆上げ

しかし、この日は、釣り客の数がMAX状態で、五島列島の磯は、どこも一杯で上がれる所がない様子。
あっちこっち周りながら、少しずつ釣り客を順番に降ろしていきます。

…釣り客を降ろしはじめて1時間以上が経過し、ようやく自分達の番に、
目指すはもちろん白瀬灯台です。

白瀬灯台

そして、白瀬灯台へ!

が、上がれたのは横の小白瀬…(ここは前回釣れなかった場所。)
瀬泊で5名いることと、明日からの天候が良くない感じなのと、そしてこの釣り客の多さで仕方なかったのですが…

小白瀬

「今日は終わった、」という雰囲気の中、釣りがスタートします。
釣り始めるとすぐにエサ取りが湧き出します。正体はイスズミ、もう本当に最悪のパターンです。

磯釣り

今回初めて参加したハリマ、磯釣りするのが初めてで、しかも白瀬。
イスズミの猛攻に合い、クロを釣るのは難しいと判断した彼はルアーロッドで根魚狙いです。

小白瀬

全員で島の周りを探りますが、まったくダメな状態のまま夕まずめへ…

小白瀬

夕まずめにケンちゃんが40センチオーバーのクロを仕留めますが、この1枚止まりで後はすべてイスズミでした。結局、この日エサ取りの中から引きずり出せたクロは3枚だけ、もう酒飲んで寝て朝から瀬変わりするしかありません。

夜にカゴ釣り

みんなが寝たころにカゴ釣りをしてみましたが、イサキがポツポツと釣れるなか強烈なアタリを見せたのは、やっぱりイスズミ…もう無駄な体力は使うまいと、すぐに寝ました。

朝一で瀬変わり

瀬変わりしても、状況は同じ。赤いお土産を増やして納竿です。

40センチオーバーのアカハタ

40センチオーバーのアカハタは少し嬉しかったですが。


アカハタの刺し身

アカハタの刺し身

当日にクロの刺し身と食べ比べると、クロの方が脂がのって美味しく感じるのですが、1日寝かせたアカハタの身は、熟成されて甘みが増していました。皮は湯引きすると歯ごたえがありうまいです。

一夜干し

一夜干し

小型の魚(イサキ・アカハタ・カワハギ・アラカブ・クロ)は、すべて一夜干しに。
軽く塩を降って、扇風機で一気に水分を飛ばします。

白瀬灯台で産卵直後のクロを狙う

今回は、丸銀釣りセンターミニ男女群島と呼ばれている白瀬灯台へ釣行です。

潮も天気も抜群に良く、絶好の釣り日和となりましたが…

朝まずめ

上がった磯は、小白瀬・東の角
仕掛けを用意しているとすぐに朝まずめ、朝日がとてもきれいでした。

イスズミ

2投目できたのが50センチはありそうな巨大イスズミ
この日買って初めて使うアテンダーⅡ1.25号が強烈に曲がしました。最初の魚がクロじゃなく残念…

強烈なしめこみ

おっと、ケンちゃんの竿もかなり曲がってます!

アオブダイ

これはまた巨大アオブダイでした。60センチはありそうです…

小白瀬の南側

なかなかクロの姿を見ません、このあたりから、段々と嫌な予感がしてきます。
潮もまったく動かず、エサ取りが増え、海の雰囲気が変わってきました。

たまらず、他の瀬の状況を歩いて偵察に…

小白瀬南西のハナレ横

小白瀬南西のハナレ横
エサ取りがたくさん見えますが、状況は悪いようです。

小白瀬南西のハナレ

小白瀬南西のハナレ

小白瀬水道のトーフ

小白瀬水道のトーフ
何か釣った直後だったようですが、イシダイでしょうか。

小白瀬水道の中央

小白瀬水道の中央

本島東のカイダン

本島東のカイダン
ここもイシダイが釣れているのを見ました。

どうやらクロの気配がまったくないようです…

ユウレイと中バエ

こうなると瀬替わりしかありません。

ユウレイと中バエに直行、しかし、タイミングが悪く他の船が釣客を降ろしたばかり。

白瀬本島の北側

仕方なく上がった瀬(白瀬本島の北側かな)
かなり深さはありそうです、仕掛けもだいぶ入りそうなので全誘導で探っていきます。

イサキ釣り

潮は右に多少動いていますが当て潮ぎみでとても釣りにくい、しかも釣れるのは深いタナでイサキ

イサキの下処理

イサキも連発せず、反応もイマイチ。気分転換にイサキの下処理をやったりしてました。

ウロコを取ったクロ

そんな悪状況の中、奇跡的に1枚だけ釣れた足の裏サイズのクロはケンちゃんが釣りました。
結局、白瀬に上がった釣客の中でクロが釣れたのはこの1枚のみ。

イシダイ

この日、嬉しいお土産となってくれたイシダイ
強烈に引きましたが、またイスズミだろうと思っていたので嬉しい1枚。

白瀬灯台

さよなら白瀬、クロは産卵直後でお休みしているのでしょう、時期が悪かったようですね。

古志岐三礁のロープ下へリベンジ!

2011年最後の釣り納め、いつもの古志岐三礁です。
宇久島えびす丸は大晦日ということもあり釣り客が少なく10人程度。

めずらしくどこでも選んで上がれるという状況で、あえて前回釣果の悪かった「ロープ下」へリベンジすることに!

潮見表

潮も前回と同じ。

ロープ下

風はそれほどなく今回は良さそうと思ったのですが、海水を触ってみると水温がまだ高い、

案の定、エサ取りがウジャウジャ発生…

エサ取りは、アブッテカモとイスズミのようで、
しばらくすると風が吹き出して前回とまったく同じ状況に…

最悪です…

風とエサ取りをかわす

それでも何とか風とエサ取りをかわしながら厳しい釣りをしています。

昼すぎ、風はまったくやみませんが、潮がゆるく変化。
エサ取りをうまくかわせれば、ポツポツとクロが釣れ始めます。

地グロ

型も前回と同じで小さい、平均で35センチ弱でしょうか…

奇形のクロ

途中で釣れた奇形のクロ。

結局、前回より数枚多くは釣れたのですが、型が小さく状況も悪かったので微妙なリベンジとなってしまいました。

今年、好釣の古志岐三礁のロープ下へ

いつもの宇久島えびす丸で釣行です。

釣り客が30名以上いたのですが、ケンちゃんの人望で今年釣果の良い「ロープ下」に上がることができました!

潮見表

潮も上げの時間帯をたっぷり釣れます。

ロープ下

しかし…

海はシケてます、予報と少し違うようです。

ロープ下

風を真横からまともに受け、エサ取りと戦い、波を頭からかぶったりと、
とても釣りをするのが辛い状況になってきました。

古志岐三礁 ロープ下

風でフケ糸を取られないように、そしてエサ取りをうまくかわして流せば、イスズミにまじりながらもクロは釣れるようですが、残念ながら型が小さい…

イスズミ

終盤で大型がヒットしましたが、まさかの巨大イスズミでした…

そして、この後頭から波をかぶり完全にやる気を失います。

釣果

釣果は3人で16枚でした。

ケンちゃんはこの厳しい状況の中一人で10枚釣りました!(さすがです)