今がピーク!古志岐三礁のノッコミグレ

今回の釣行は、自分が諸事情により同行できなかったため、ケンちゃんが撮った画像と、聞いた情報のみです。

北東のカド

今週は、どこの渡船も釣り客が多く、いつもより早い夜出しで出港したえびす丸でしたが、当初狙っていた磯には上がることはできず、それでも古志岐三礁ではA級ポイントの北東のカドに上がれたとのことでした。

今がピーク!古志岐三礁のノッコミグレ

この日は、ベタ凪で先端で竿を出すことができたそうですが、かなり喰いが渋かったようで、掛けても針ハズレや瀬切れが多かったようです、それだけ型が良いクロがいたのでしょう。腹もパンパンだったらしく、まさにノッコミのピーク到来です。

今がピーク!古志岐三礁のノッコミグレ

イサキも混じり、クロは十数枚ほどで、もう少し数が欲しいところでしょうが、それでもこれだけ型を揃えて釣れたら十分じゃないでしょうか。

高級魚「尾長」1,980円

高級魚「尾長」

今回は自分からのネタがないので、スーパーで撮った一枚を。クロも尾長で40センチ超えれば立派な高級魚ですね。

クロのノッコミ絶釣期?なの??

先週の釣行で、来週の予約をしないで帰ったえびす丸は、今週はなんと予約がいっぱいで乗ることがでないとのこと!どうしても釣りに行きたい病気の男3人は、あじかへ向かいます。

美良島(ヘリコプター)

夜中に上礁したのは、美良島(ヘリコプター)、とりあえず夜釣りはまったく反応無し、少し仮眠して朝マズメに準備します。

お腹がパンパンの良型のクロ

朝からゆったりと動く潮の中を探っていると、白子を吹いているお腹がパンパンの良型のクロがヒット!続いて強烈なアタリがありましたが道糸から瀬切れしてしまいました。この磯は沈み瀬があり、ここのクロはそれを良く分かっているようです、型の良いやつはとにかくよく突っ込みます。

とてつもない大物

どうやらケンちゃんがとてつもない大物を掛けたようです。

巨大イスズミ

黒々とした巨大イスズミでした、残念…

釣日和

なかなか連発しない、潮の動きもぱっとしない、今年初めての天候が良い釣日和だったのに、ただ時間だけが過ぎていきます。もったいない…

良型がヒット

納竿間近で、潮が動き出し良型がヒットしだすという、釣りあるある…。

3人ともなんとか40センチオーバーは仕留めましたが、数がまったくダメ(3人とも2桁いかず)でした。先週のリベンジでクーラー満タンにする予定でしたが、返り討ちにあってしまいまいた。ただ、腹がパンパンだったので今がクロのノッコミ絶釣期かな…?

悪状況の中での古志岐三礁(ロープ下)の貴重な40センチオーバー

今年は、週末になるたびに天候が悪くなりなかなか釣行できずにいましたが、もう我慢ができなくなった2人が、シケの予報の中、古志岐三礁へ強行することになりました。

悪状況の中での貴重な40センチオーバー

朝から、波高3メートル・風10メートル以上という状況の中、「ロープ下」へなんとか上がらせてもらいました。

悪状況の中での貴重な40センチオーバー

えびす丸の船長に、先端に出ないように十分に注意されたとおり、瀬の半分は、波をかぶりまくり何度もバッカンを流されそうになりました。

悪状況の中での貴重な40センチオーバー

しばらく釣りになりそうにないなあと考えていると、ケンちゃんに強烈なアタリが…

48センチのクロ

なんと、いきなりの48センチの口太!
テンションが上がりましたが、連発せずしばらく風とサラシに苦戦させられます。

悪状況の中での貴重な40センチオーバー

少しずつですが風とサラシが弱まってきたころ、今度はエサ取り(アブッテカモ)が大量に発生。クロのアタリも渋くなかなかイメージ通りの釣りができません、そんな悪状況の中でもこの日のケンちゃんの仕掛けは絶妙にマッチしていて、むき身を使いクロだけを仕留めていました。

悪状況の中での貴重な40センチオーバー

一人で20枚ほど釣り上げたケンちゃん、

47センチ

アブッテカモに苦しめられましたが、なんとか47センチ口太をゲット。

今回の釣行は、荒れると分かっていながら強行したので、イマイチの釣果はしょうがないですが、エサ取りの多さとクロの型が小さかったのは想定外でした、まだまだ寒グロは遅れてるのでしょう、できるだけ早く再釣行(リベンジ)したいです。


アブッテカモの塩焼き

アブッテカモの塩焼き

今回非常に苦しめられたアブッテカモは、何を食ってるか調査をするために持ち帰って塩焼きにしてみました。胃の中には、ボイルから隣の瀬のマキエまで入ってました。モチモチした身は、酒の肴に最適です。


クロの皮付しゃぶしゃぶ

クロの皮付しゃぶしゃぶ

皮付きでしゃぶしゃぶに、ポン酢で柚子胡椒が旨いです。脂ののりがイマイチでしたが、白子が少し入ってきてたので、もっと脂がのってくるのは今からでしょうか、

古志岐三礁のロープ下へリベンジ!

2011年最後の釣り納め、いつもの古志岐三礁です。
宇久島えびす丸は大晦日ということもあり釣り客が少なく10人程度。

めずらしくどこでも選んで上がれるという状況で、あえて前回釣果の悪かった「ロープ下」へリベンジすることに!

潮見表

潮も前回と同じ。

ロープ下

風はそれほどなく今回は良さそうと思ったのですが、海水を触ってみると水温がまだ高い、

案の定、エサ取りがウジャウジャ発生…

エサ取りは、アブッテカモとイスズミのようで、
しばらくすると風が吹き出して前回とまったく同じ状況に…

最悪です…

風とエサ取りをかわす

それでも何とか風とエサ取りをかわしながら厳しい釣りをしています。

昼すぎ、風はまったくやみませんが、潮がゆるく変化。
エサ取りをうまくかわせれば、ポツポツとクロが釣れ始めます。

地グロ

型も前回と同じで小さい、平均で35センチ弱でしょうか…

奇形のクロ

途中で釣れた奇形のクロ。

結局、前回より数枚多くは釣れたのですが、型が小さく状況も悪かったので微妙なリベンジとなってしまいました。

今年、好釣の古志岐三礁のロープ下へ

いつもの宇久島えびす丸で釣行です。

釣り客が30名以上いたのですが、ケンちゃんの人望で今年釣果の良い「ロープ下」に上がることができました!

潮見表

潮も上げの時間帯をたっぷり釣れます。

ロープ下

しかし…

海はシケてます、予報と少し違うようです。

ロープ下

風を真横からまともに受け、エサ取りと戦い、波を頭からかぶったりと、
とても釣りをするのが辛い状況になってきました。

古志岐三礁 ロープ下

風でフケ糸を取られないように、そしてエサ取りをうまくかわして流せば、イスズミにまじりながらもクロは釣れるようですが、残念ながら型が小さい…

イスズミ

終盤で大型がヒットしましたが、まさかの巨大イスズミでした…

そして、この後頭から波をかぶり完全にやる気を失います。

釣果

釣果は3人で16枚でした。

ケンちゃんはこの厳しい状況の中一人で10枚釣りました!(さすがです)

ゴールデンウィークの釣行は、北東のカド(古志岐三礁)で瀬泊まり

GW釣行1日目(北東のカド/古志岐三礁)

ゴールデンウィークの釣行は、北東のカド(古志岐三礁)で瀬泊まりになりました。

北東のカド

なかなか上がれない北東のカドに上がれた3人は嬉しくてこの時は笑顔でした。

クロ

釣り始め、イサキが混じりながらもクロは釣れるのですが、型がイマイチ…

厳しい表情

思うように数もサイズも良くならず、段々と厳しい表情になってきます…

結局、夕まずめもパっとせず、鍋をつつきながらビールを飲み反省会…

クロ44センチ

この日の最大サイズとなったクロ44センチ。

クーラーを並べてベット

テントを持ってきてたのですが、北東のカドは足場が悪くてテントは無理。
テントが使えないのは予想外で、クーラーを並べて簡易ベットを制作。

寝返りすれば、転がって海へ転落するような場所で、冷たい夜風に耐え、明日の釣果に期待して寝ることにしました。

つづく…