初めてのタイラバ、レバーブレーキがおすすめ!

その他

人気のタイラバ釣りは、レバーブレーキがおすすめ!

船釣り専門のタケちゃんと初めての釣りとなる人気のタイラバ釣りに行って来ました。タイラバの道具はもちろん持っていませんし、船で鯛なら何でもよくね?っと、家にあったバスロッドと磯で使っているスピニングリール(トーナメントISO)を用意。

PE1号にリーダーは3号以上と言われていましたが、鯛ならレバーブレーキあるし切られることはないだろうと、PEライン0.8号に余っていたブラックストリームの2.75号をリーダーにチョイス。PEラインとリーダーを結ぶ「FGノット」とか難しくてできないので、いつもの「8の字結び」でPEラインとリーダーを結びます。

人気のタイラバ釣りは、レバーブレーキがおすすめ!

船は壱岐の方まで走り、水深100メートルぐらいある鯛のポイントに到着。100グラムのタイラバの仕掛けに芝海老を付けて投入。タイラバは底についてから一定の速度で巻いてくるのが基本だそうで、そのとおりにやっていると2投目でゴゴゴ、ゴーン、というアタリがあり、食べごろサイズの綺麗な真鯛が釣れてくれました。

人気のタイラバ釣りは、レバーブレーキがおすすめ!

その後も同じ調子で釣れていましたが、意外と止めた時に一気に引ったくっていくようなアタリもあり、真鯛の活性は高いようです。なるべく美味しい魚が欲しいので、底付近を集中的に探りますが、高級魚のアコウは2本ほどしか釣れませんでした。

人気のタイラバ釣りは、レバーブレーキがおすすめ!

船を移動させると今度は今までにないアタリがあり、さすがに真鯛も50センチを超えてくるとドラグじゃ間に合わないような突っ込みをしてくるようになるので、やっとレバーブレーキの性能が発揮します。まわりの人達は何度も切られていたので、きっと大鯛が回遊しているのでしょう。

レバーブレーキを使えば真鯛の急な突っ込みも楽に対応できるので、ラインに負荷をかけることなく竿のタメだけで耐えることができます。そして、何より真鯛とのやり取りが楽しい。

人気のタイラバ釣りは、レバーブレーキがおすすめ!

船長に「そんな竿じゃ大鯛は上がらんよ」と言われていましたが、真鯛は9枚掛けて一度も切られることなく、ハリスも一度も交換しないまま最後に79センチの大鯛を釣って、竿は関係ないということを証明することができました。

ただ、今回のタイラバはレバーブレーキがなかったら切られていただろうなあと思うことも何度もあり、ドラグもそれほど緩めてはいなかったので結構レバーブレーキに助けられた感じでした。あと、ハリス(ブラックストリーム)もやっぱり強かったです。

初釣りで寒グロ50枚オーバー!古志岐三礁(スベリ)初釣りで寒グロ50枚オーバー!古志岐三礁(スベリ)前のページ

シーズン前のクロ釣り調査、古志岐三礁(スベリ)次のページシーズン前のクロ釣り調査、古志岐三礁(スベリ)

ピックアップ記事

  1. ノッコミシーズン終盤の晴気(赤瀬)
  2. 古志岐三礁(スベリ)で、クロ100枚オーバー!
  3. もう待てない、クロ釣りシーズン強行突入!上五島(ホゲ島)
  4. 年末ジャンボ尾長チャレンジ!白瀬灯台(小白瀬・東の角)
  5. 厳しい状況の中で、口太50センチオーバー!古志岐三礁(スベリ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 初釣りで寒グロ50枚オーバー!古志岐三礁(スベリ)
  2. 古志岐三礁(スベリ)で、良型クロ49センチ!
  3. ノッコミシーズン終盤の晴気(赤瀬)
  4. 出るか50センチオーバー!?尾長チャレンジ!白瀬灯台(4番)
  5. 古志岐三礁(スベリ)で修行、ウネリと風の攻防
  1. 五島列島でイルカウォッチング

    クロ(グレ・メジナ)釣り

    五島列島でイルカウォッチング
  2. 古志岐三礁(スベリ)で、クロ100枚オーバー!

    クロ(グレ・メジナ)釣り

    古志岐三礁(スベリ)で、クロ100枚オーバー!
  3. ゴールデンウィークの釣行は、北東のカド(古志岐三礁)で瀬泊まり

    クロ(グレ・メジナ)釣り

    ゴールデンウィーク釣行1日目、古志岐三礁(北東のカド)
  4. のっこみチヌを求めて、再び「鷹島(黒島)」へ

    チヌ(黒鯛)釣り

    のっこみチヌを求めて、再び「鷹島(黒島)」へ
  5. 相瀬灯台

    クロ(グレ・メジナ)釣り

    マスターモデルⅡで梅雨グロ、まさかの爆風16メートル!(相瀬灯台)
PAGE TOP