古志岐三礁(ラクダ瀬)、風とエサ取りに苦戦!

今年初の古志岐三礁への釣行です、北東のカドに3名、ラクダ瀬に2名上礁しました。潮は、長潮でゆるく上げの時間帯が長く釣れる予定だったのですが、

ラクダ瀬

ラクダ瀬に上がると先端は波がかぶっていて、前日からのウネリも残っている様子。下げの時間、撒き餌をするとエサ取りのアブッテカモがウジャウジャ、足元だけに巻いて先端の潮に仕掛けを乗せると、30センチ前後のクロがヒットしますが、

クロ

連発はせず、すぐに下げの時間帯は終了… 潮は完全に止まり、エサ取りも多く、ウネリもあり、風も吹き上げてきて、なんだかすごく厳しい状況になってきました。

上げの時間帯になってもまったく状況は変わらず、むしろ悪くなっている感じ、仕掛けを重くしてタナを変えても、アブッテカモをかわせず、

クロ釣り

たまに釣れる良型のクロに笑顔がこぼれるノリオ。これぐらいの型がずっと釣れてくれると楽しいのですが、

クロ爆釣

北東のカドに上がった3名は、下げの時間はダメだったようですが、上げに変わると爆釣モードに入ったようです。型は少し物足りない感じですが、これだけ釣れたら十分でしょう。

釣りセンター玄海で初釣り

ブリとアジ

初釣りは、釣りセンター玄海に行ってきました。狙いはブリですが、活餌のアジがこの日は売り切れで、冷凍のキビナゴごとイワシで釣ることに。

釣りセンター玄海

とりあえず一番船で釣り堀に着くとダッシュで場所取りし、すぐにエサのイワシを投入。この朝まずめが勝負で、この時間帯を過ぎるともう釣れません…。

釣りセンター玄海

たいして動くこともなく、ただアタリを待つ我慢の釣りですので、すごく寒いです…

真鯛とブリ

真鯛ブリ真鯛はポツポツ釣れます。

真鯛

隣の生簀では、真鯛たちが腹をすかせてます。

ブリとアジ
子どもに負けとります…

ブリ ブリ

釣りセンター玄海では、釣った魚はエラと内臓を取ってくれるので、新鮮できれいな状態で魚を持ち帰ることができます。このシステムはいいですねえ。

釣りセンター玄海

[map lat=”33.511723″ lng=”129.848229″ height=”300px” zoom=”14″]

古志岐三礁(スベリ)で、良型クロ49センチ!

クロ

約1か月ぶりの釣行です。前日のウネリも残る中、えびす丸古志岐三礁(スベリ)へ4名で上礁することになりました。

デベソ

潮は朝から上げ潮なので、スベリでは良い時間帯からのスタートとなりました。3名は移動し、大型の出るポイントで竿を出しますが、サラシがかなりきつそうです。

クロ

釣る場所がないので、自分は船付に残って釣ることになりました。上げ潮の右流れに苦戦を覚悟していたのですが、意外と流れがゆるく風も弱くなったのでポツポツと釣り上げ、午前中だけでそこそこの良型のクロが17枚ほどに!下げ潮に変わった所で3人の様子を見に行きます。

クロ釣り

狭くて高い足場に2人、意外と苦戦しているようですが、

クロ釣り

それでも良型のクロは仕留めていました。

クロ

この日最大の49センチのクロを釣ったケンちゃん。

クーラー満タン

午後から更に良型のクロを追加し、合計24枚ほどでほぼクーラーが満タンとなり、前回に引き続きいい釣行となりました。

好釣果!10月の古志岐三礁(ロープ下)

約2か月ぶりの釣行となりました、古志岐三礁は実に半年ぶり!10月の古志岐三礁は毎年釣果がいいので期待しての出港です。瀬渡し船はいつものえびす丸です。

ロープ下へ上礁してすぐ上げ潮の時間でした、古志岐三礁ではこの時間がゴールデンタイムです。

良型のクロ

大潮だったので激流でしたが、うまく仕掛けが入れば良型のクロがヒットしてきます。そして、しばらくすると潮止まりとなり、状況が良くなっていきました。

クロ40センチオーバー

先端では地グロ、ワンド側ではオナガがヒットするようで、どんどんとサイズが良くなり、46センチ良型のクロをゲットします。

朝だけでこの釣果

2時間ほどでこの釣果!型が良いので、もう少しでクーラーが満タンになりそうです。

<我慢の釣り

しかし、下げ潮に変わると状況が一変、先端は強風で立っているのがやっとの状態、とても竿が出せる状態ではありません。

しばらく試行錯誤していましたが、釣れるのは、ナンヨウカイワリばかりになってきて、完全に魚種が変わってしまったようです。

好釣果

一緒に上がったマサくんも好釣果です!ヘタの瀬に上がった2名も好釣果だったようで、クーラーに入りきれないほどの数と、47センチの良型のオナガを仕留めていました。さすが古志岐三礁のポテンシャルの高さに驚きです。

壱岐(金城)で上物と底物釣り

石鯛釣り倶楽部の西友会の釣行に上物釣りとして同行しました。岐志漁港からの直行便で壱岐を目指します。

大金

1時間ほど走ると金城に到着。1名を大金に降ろし、3名で小金に上礁しました。底物は北側、上物は水道側、イサキと真鯛は本流の南側沖、タナは1本から1本半と船長のアドバイス通りに釣り開始。

小金

本流は流れが速く仕掛けがうまく馴染まないので、少し潮がゆるんだ場所を探ります。撒き餌をするとエサ取りがかなりの数いますが、下の方にはクロの影が見えてきました。

クロ

エサ取りと木っ端グロをかわせれば、30センチほどのクロがヒット。このサイズがコンスタントに釣れ続け夕まずめを迎えます。

サンノジ

日が沈み、ウキが見えにくくなってきたころ、一瞬でウキがなくなるアタリがあり、真鯛だろうと思っていたら巨大サンノジ

夜はカゴ釣りでイサキを狙いますが、30センチぐらいのアジが猛烈に湧いている状態で、もうどうにもなりません。しばらくアジ釣りをしますが、さすがに飽きてアラ釣りの見学に、

小アラ

アラは潮止まりの時間帯が熱いらしいのですが、その潮止まり時間帯に竿先を叩くようなアタリが!しかし、アタリはそこで止まってしまい、エサ交換のために上げてみると、何とアラがついてました! でも小さいのでこれはコアラですが。

クーラーいっぱい

朝から特に変化もなく、アジでクーラー満タンになったところで終了。

アラ

別の磯でアラ釣りをしていた方が、15キロの立派なアラを仕留められていました。

アジのサビキ釣り(西浦漁港)

クロ釣りのシーズンも終わり、久々にアジのサビキ釣りに行ってみました。かなり久しぶりのサビキ釣りですが、なかなか釣れません…

サビキ釣り

常連の人の話によると大潮の時は喰いが悪いらしい… 
上げ潮に変わるとポツポツと釣れはじめ、1時間ほど釣ったところで終了。

中アジ

型は小さいですが、南蛮でおいしく頂きました。今度は型を狙ってアジングでもしてみようかな…